ファミ通AppVS イベントリポート

”TGS2018” My Ass Feels So Good 各ゲーミングチェアメーカーのブースへ行ってみた

2018年9月20日~23日にかけて幕張メッセで”東京ゲームショウ2018”(以下、TGS 2018)が開催される。
同イベントにおいて、さまざまゲーミングチェアメーカーがブースを出展していた。AKRacing、DXRacer、VIKTRIのブースの模様をリポートする。

TGS 2018開催概要

■ 日程:2018年9月20日~23日 10:00~17:00(20日・21日はビジネスデイ、22日・23日は一般公開日)
■ 会場:幕張メッセ
■ 出展タイトル:1500以上

筆者は初の東京ゲームショウ取材なのだが、会場が幕張メッセ全体ということもあり、足腰に疲労が溜まることに気付かされた。そんなとき、目に飛び込んできたのがゲーミングチェアが並ぶAKRcingブースであった。

『フォートナイト』仕様の製品も登場!

IMGP0063_compressed

オアシスを発見。各モデルが一挙に展示されており、どれに試座するか非常に迷った。

AKRcingには、オフィスチェアのPremiumシリーズ、ゲーミングチェアのPro-X・NITRO・Wolfシリーズ、特定の家電量販店のみで取り扱いがあるOvertureシリーズが揃っていた。

IMGP0067_compressed
(左)Premium カーボンブラック、(右)Overture

写真左のPremiumシリーズは他のモデルと比較すると、1.5cmほど座面が低い設計となっており、沈み込むようなゆったりした座り心地。座面にあるクッション”アンバーレスト”により深く腰掛けても、身体と椅子に隙間が出来ないため、長時間同じ姿勢でも腰を痛めにくい。

さらに、ブース内を見渡すと『フォートナイト』仕様のゲーミングチェアが飾られていた。

IMGP0070_compressed
無題Marshmellをはじめ会場のプレイヤーが着席

こちらは、先日アメリカ・ロサンゼルスにて行われた”e3 Celeblity ProAma”で使用されていたモデルで、現在は商品化されていないとのこと。

なかなかお目にかかることのできない製品のため、TGS2018に来場される方は一度試座してみてはいかがだろうか。

IMGP0066_compressedゆるキャラというより、もはや椅子そのもの

e-Sports Xのオフィシャル機材サプライヤー DXRACER

IMGP0019_compressed

そのまま動きたくない気持ちを抑え、次の取材に向かう途中で見つけたのは、今回のTGS2018の目玉のひとつ”e-Sports X”(イースポーツクロス)のオフィシャル機材サプライヤーのDXRACER。国外のesportsの大会でも見かけることが多い。

DXRACERのブースには、プロゲーミングチームモデル、『コール オブ デューティ ワールドウォーII』バージョンの椅子が展示されていた。

IMGP0011_compressed
FNATICモデル
IMGP0012_compressed『コールオブ デューティワールドウォーII』モデル

また、最新モデルのValkyrieも確認できた。こちらのシリーズは横幅が広くなっており、非常にゆったりとしたサイジングになっている。座面は低反発で、アンバーレストが柔らかいため、包み込まれるような感覚だった。

IMGP0008_compressed

新進気鋭のVIKTRI

IMGP0020_compressed

こちらは、ホール10のe-Sports X前にブースを構えるDRJ製のVIKTRI。DRJは、車のシートを製造するメーカーでゲーミングチェア製造への参入をしたばかりとのこと。高級感のある見た目と、材質にこだわりを感じた。

IMGP0022_compressed

写真右の型は、側面がスウェード張りのなっており、柔らかく心地よい触り心地であった。

そして個人的に好みであったのが、同じ椅子の背もたれの反り具合。中心が少し深めにへこんでおり、背中から椅子に吸い込まれるように思えた。

取材を終えて……

お尻に優しい1日だった。My ass feels so good.

東京ゲームショウは幕張メッセ全体を使用してのイベントであり、取材になるとあちこちに出向かなければならず、足腰に疲労を感じた。その中にあるゲーミングチェアブースは、まさしくオアシス。一度座れば、もう動きたくないとさえ思ってしまった。

長時間ゲームをする方や、デスクワークなど同じ姿勢でいる時間が長い方は、ぜひ各ブースで試座し導入を検討してはいかがだろう。

取材・編集:Hiraikov(ヒライコフ)

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る