ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】sakoが「SoCal Regionals 2018」(SCR2018)で今季2回目のプレミア大会優勝【カプコンプロツアー】

2018年9月14日~16日の3日間、アメリカ・南カルフォルニアのオンタリオで開催された格闘ゲーム大会「SoCal Regionals 2018」(SCR2018)にて、日本のsakoが優勝を果たした。sakoは台湾大会に続いてプレミア大会2回目の優勝となり、世界ランキング4位に浮上した。

SCR2018は、アメリカの格闘ゲーム界をけん引するレジェンド“AlexValle氏”の団体“Level Up Series”が運営している格闘ゲーム大会。年末に行われる公式世界大会“カプコンカップ”の出場枠を決めるトーナメントシリーズ“カプコンプロツアー”公認の大会でもある。

SoCalRegionals2018(SCR2018)概要

開催日:2018年9月14日~16日
開催地:カリフォルニア、オンタリオ
会場:Ontario Convention Center
トーナメントルール:ダブルエリミネーション方式(2回負けると敗退)。
※Level Up Seriesのtwitter
※AlexValle氏のtwitter
※SoCal Regionals 2018公式サイト

配信:YouTubeTwitch、OPENREC.tv(DAY1DAY2DAY3

SoCalRegionals2018(SCR2018)結果

順位 名前 獲得ポイント
1位 sako(メナト)[日本] 700
2位 Xiaohai(キャミィ)[中国] 270
3位 ChrisT(ケン/豪鬼)[アメリカ] 200
4位 ボンちゃん(かりん、サガット、ナッシュ)[日本] 160
5位タイ ストーム久保(アビゲイル)[日本] 130
5位タイ XsK Samurai(豪鬼)[アメリカ] 130
7位タイ ももち(コーリン、ケン、豪鬼)[日本] 100
7位タイ Punk(かりん)[アメリカ] 100

※トーナメント表(TOP8)271エントリー

※グローバルランキングはこちら(英語サイト)

グランドファイナルに進出したのは、無敗のまま勝ち上がってきたsako(メナト)と、地元アメリカのChrisTとの敗者復活戦を制したXiaohai(キャミィ)。sakoとXiaohaiは一進一退の攻防をくり広げ、お互い譲らずに2-2で5試合目へもつれ込む。ここで負けるとリセットをかけられてXiaohaiに追いつかれてしまうsakoは、Vトリガーを巧み使ってXiaohaiの守りを崩して勝利。3-2で一度もルーザーズに落ちることなく優勝を果たした。

cpt01
cpt02
cpt03
見事優勝を果たしたsako(右)。プレミア大会優勝は今季2回目。オンラインイベントも含めると3回目の優勝となる。

記者の目

台湾のプレミア大会で優勝し、国内最高峰のリーグ戦“トパンガリーグ”でも最激戦区と予想されたCブロックを1位通過と、いまもっとも強いプレイヤーともいえるsako。最近の調子のよさをsakoに尋ねると、充実した練習環境とマネージャーのあきき氏を含めたチームのサポート体制にあるという。さらに、大会ではふだんと動きを変える部分もあるそうで、sakoの“引き出し”の多さも好調の秘訣のようだ。

また、日本勢ではボンちゃん、ストーム久保、ももちがトップ8に残った。ボンちゃんとももちはカナダ大会に続いてのトップ8入り。ふたりとも複数キャラクターを使用しており、それぞれのキャラクターの完成度が少しずつ上がってきているようなので、今後も注目していきたい。

いよいよ今週末9月22日、23日は東京ゲームショウでプレミア大会が実施される。世界で活躍する選手を間近で見られるチャンスなので、気になる人はぜひ観戦に訪れてみてはいかがだろうか?

カプコンプロツアー関連記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る