ファミ通AppVS イベントリポート

ALIENWARE新型モニター、PCも発表!esportsチーム“CYCLOPS”とのスポンサーシップも締結

ALIENWARE新型モニター、PCも発表!

2018年9月4日、株式会社デルのゲーミングPCブランドであるALIENWAREは、大阪を拠点に活動するesportsチーム“CYCLOPS athliete gaming”(以下、CYCLOPS)とのスポンサーシップを発表した。

画像1

今後さらなる拡大が見込まれるesportsとゲーム業界を支援し、ユーザーとゲーミングPCの結びつきを強くする狙いがあるという。

また、ALIENWAREが新たに発売した新製品についての紹介も併せて発表された。本記事ではスポンサーシップに関する発表と、新製品についての情報をお伝えしていく。

最新機器をCYCLOPSに提供、今後はコラボ展開も?

今回、ALIENWAREがCYCLOPSとのスポンサーシップで提供するおもな内容は以下の通り。

・ゲーミング製品の貸与(初回“ALIENWARE AURORA”および“ALIENWAREシリーズ AW2518H 24.5インチワイドモニター”各15台)
・CYCLOPSが着用するユニフォーム、およびウェブサイトやSNSでのALIENWAREブランドロゴ露出
・マーケティング活動、イベント施策への支援
画像

まずは高性能ゲーミング製品の貸与からスタートし、今後はさらにマーケティング活動などで協力していくようだ。また、全面的に掲出はしていないものの、金銭面の支援も併せて実施している。

確定はしていないが、今後CYCLOPSの選手とのコラボ製品なども視野に入れているとのことだ。

また、今回のスポンサーシップ契約を締結したことを記念したTwitterキャンペーンも実施されている。

画像3

今回のスポンサーシップについて、デルのコンシューマー&ビジネスマーケティング統括本部本部長の田尻祥一氏は以下のようにコメント。

田尻氏「日本のゲームシーンの発展に貢献し、世界に立ち向かうトップチームへの支援を検討していました。CYCLOPSは、多くのファンといっしょに世界への挑戦を続けているチームであり、ALIENWAREの想いを体現できるパートナーであると確認しています。両者の力を合わせ、ゲーム業界、esportsの発展に推進していきます」

画像05

CYCLOPSを運営しているeスポーツコネクト株式会社代表取締役社長の伊草雅幸氏も登壇し、今回のスポンサーシップについてのコメントを残した。

伊草氏「このたび、スポンサーシップが成就できたことを心からうれしく思います。CYCLOPSは、“世界中の若者の憧れになる”ことを目標として活動をしています。世界を舞台に戦うことを前提としていたため、グローバルに展開するALIENWAREの協力を得られたことは非常に心強いです。これからも世界を舞台に、さらに精進していきます」

画像06

両者のスポンサーシップ契約を結んだ背景には、ユーザー目線を持って活動をしている点や、世界を舞台にesports業界に参戦していることが要因となったようだ。

田尻氏は「チームマネジメントの成熟しているCYCLOPSであれば、お互いに伸ばしていけると確信している」と、今後の進展に期待を示した。

会場にはCYCLOPSに所属するキマリ=ロンゾ選手と、たぬかな選手も登壇。

ALIENWAREとのスポンサーシップについて、両者もコメントを残した。

画像07

キマリ=ロンゾ選手「中学生のころオンラインゲーム用の高性能のPCを探したときに見つけた、ALIENWAREのデザインに惚れこみました。デザイン面はもちろん、スペックでも力を持っているPCだと思います」

たぬかな選手「さっそくノートPCで『鉄拳7』を遊ばせてもらっています。外でも遊べて、持ち運びも楽なので海外に行く時もぜひ持っていきたいですね。操作性、画質もよくて快適にプレイさせていただいています」

田尻氏もALIENWAREについての感想を求められ「スペックもですが、とにかくカッコイイので選手にもぜひ持ってもらいたい」と、スペックだけでなくデザイン性も好評の様子だ。

画像08

エントリーモデルのモニターが新発売

会場では、2018年8月31日より発売が開始されている最新モデルのモニターについても発表された。

今回発表されたSシリーズ24インチ、27インチのモニターはエントリーモデルとなっており、ゲーマー入門用という位置づけ。

値段を抑えつつも、解像度の高さや入力端子の数、高さ調節などユーザーに快適な環境が届けられるスペックになっている。

画像4
画像5
画像6

⇒詳細なスペック情報はコチラ!

また、Dellモニターの優位性として、カスタマーサポートの拡充についても発表された。

Dellではモニターが故障した場合、先に良品を送ってから不良品を回収する形を取っているとのこと。これにより、モニターが使用できない期間を最小限にとどめ、使用環境を維持していく。

そのほか、パネルに輝点ピクセル欠陥がひとつでも見つかった場合は無料で代替品と交換するなど、消費者が安心して購入できる施策を実施している。

画像7

ハイエンドノートPCが販売スタート!

モニターに続き、PCゲームや動画像編集向けのハイエンドPC“New Dell G3 17”が紹介された。

画像8

こちらのモデルは入門モデルとなっており、一般のノートPCに近い形式で販売されている。

ハイスペックでありながらスリムな筐体で、高い画面表示性能も完備。外でもPCゲームを遊びたい人や、動画像編集の作業が気軽にできるスペックとなっている。

画像14

併せて、Dell Gシリーズ最上位となるG7のCore i9モデルも発表された。

こちらのPCはハイエンドデスクトップに匹敵するパフォーマンスとなっており、従来スペック差の少なかったG5モデルとの差別化を図った性能とのことだ。

画像9
画像10
画像17

⇒G3の詳細なスペック情報はコチラ!

⇒G7の詳細なスペック情報はコチラ!

たぬかな選手VS刈選手によるデモプレイも実施!

会場では、たぬかな選手と刈選手による『鉄拳7』のデモプレイも実施された。

画像18
画像19

第1ラウンドでは、たぬかな選手の扱う“シャオユウ”が優位に立ち、先に3勝。

第2ラウンドからは動きを変えた刈選手の“吉光”の反撃が続き5戦目で刈選手が勝利し、勝敗は第3ラウンドまで持ち越された。

画像20
画像21

最終戦となる第3ラウンドは流れをつかんだ刈選手が猛威を振るい、見事勝利。

画像22

試合を終えた両者は「『鉄拳7』は動きを見ていてもおもしろいゲームですので、見てくれた人が少しでも興味を持ってくれたらうれしい」とコメントを残した。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る