ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【ストV AE】「自分の活躍にもっと付加価値を」ネモインタビュー

『ストリートファイターV アーケードエディション』を中心に活躍するプロゲーマーのネモは、新たにゲーム周辺機器メーカーQANBAとスポンサー契約を結んだ。先日、台湾の格闘ゲーム大会「TWFighter Major 2018(闘魂2018)」にて7位入賞を果たし、世界ランキングでも上位につけ、公式世界大会カプコンカップ本選出場圏内をキープしている。そんな好調を維持するネモに、QANBAとの契約の経緯や今後の活動についてをうかがった。

107510
NEMO/ネモ
名門ゲーミングチーム「Team Liquid」に所属するプロゲーマー。
スクウェア・エニックスの社員としても活躍し、プロゲーマーとビジネスマンの両立を目指している。
107508
ネモが愛用しているバックパック、Qanba Aegis Arcade Joystick Backpack 「エイジス」。
107507
エイジスは、フタ型スーツケースのようにジッパーで大きく開けられ、大きいジョイスティックでも収納できるのが特徴。

 

――どのような経緯でQANBAとのスポンサー契約にいたったのでしょうか?

ネモ 自分の2017年の成績が好調だったので、そういう活躍したときにこそ付加価値をつけないとダメだよね、と。2018年の年始ころはALIENWAREしかついていなかったんですけど、まずは周辺機器メーカーがつきやすいんじゃないかとスポンサーを探し始めました。

そんなときに、QANBAがエイジスというバックパックを発売して、自分の使っているユリアンの得意技がエイジスリフレクターだったので、これはいけるんじゃないかと(笑)。アタックしてから半年くらいかけて、ようやく契約にいたった形ですね。

――契約発表以前からQANBAのアーケードコントローラー(アケコン)を使っていましたよね?

ネモ じつは新チーム加入の話と並行して進んでいて、Obsidian(オブシディアン)というアケコンとバックパックは3月くらいから支給されていました。QANBAのアケコンは以前から都内の対戦会で使う機会があり、そのころから好印象を持っていましたよ。自分としては、ゲームセンターでプレイしていたころとプレイ感覚が似ていたのが気に入りました。

海外大会に参戦するときは荷物が多くて持っていくバッグに困っていたのですが、エイジスはアケコンやノートPCが収納しやすくて、すごく助かっています。

――最近は個人配信も始めましたよね。

ネモ そうですね。スポンサーの露出を増やす必要があるので始めたのですが、実際にやってみると意外と楽しいなと(笑)。

以前は家でひとりでゲームをプレイするのはつまらないと思っていたんですけど、視聴者がコメントをくれるのがうれしいですね。それに自分が知らないことをコメントで教えてくれる人もいるので、練習効率もよくなって配信を始めてよかったと思っています。

――ネモさんにアドバイスをするくらいの視聴者ということは、コアな人が多い?

ネモ コアな人もいますが、1000人くらいの方が同時視聴してくれているので、ライトな方も見てくれているとはおもいますよ。

――どんな配信が中心になりそうですか?

ネモ 配信では練習の過程を見せたいと思っています。あとは、大規模大会のあとに振り返りを行ったりして、会場ならではのできごとを伝えたいですね。それによって実際に会場へ足を運んでみたいという人も増えるかもしれませんし。

――今後の海外大会への参戦予定はいかがですか?

ネモ とりあえずはアジアのプレミアを中心にまわります。ポイントがきびしければ2017年と同じように最終予選から本選を目指す形になると思います。

スクウェア・エニックスの仕事がおもしろくなってきてるので、あまり海外をまわり過ぎると仕事がおろそかになってしまいますし、かと言って海外をまわらないと本選に出られませんし、どっちもやりたい現状は贅沢な悩みだと思っています(笑)。

いまはなんでもやろうとしてしまっているからスケジュールがうまくいっていませんが、もう少し仕事に慣れてくれば両立できるようになると思うので、がんばってプロゲーマーと社会人を両立させたいですね。

※ネモのTwitchチャンネルはこちら

※Qanba Aegis Arcade Joystick Backpack 「エイジス」の詳細はこちら

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る