ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】にっしんやまこ竜が参戦! アイルランド大会「Celtic Throwdown 2018」結果【TWT】

8か月に及ぶ『鉄拳』の国際トーナメントシリーズ“TEKKEN World Tour”(鉄拳ワールドツアー)(以下、TWT)。TWT公認のチャレンジャー大会“Celtic Throwdown 2018”が、2018年8月25日~8月26日の期間アイルランドで開催された。日本からも複数のプレイヤーが参加するも優勝はフランスのSuper Akouma(豪鬼)が勝ち取った。

Celtic Throwdown 2018

■日時:2018年8月25日〜8月26日
■場所:アイルランド・ダブリン
■グレード:チャレンジャー
■大会形式:ダブルイリミネーション
■賞金:Prize Pool Bonus 1000ドル
■配信チャンネル:Twitch
参加者:116エントリー、日本人はにっしん、まこ竜、B、ティッシュもん(イタリア在住)が参加

TOP8トーナメント表

【大会結果】

順位 プレイヤー 獲得ポイント
1位 Super Akouma(豪鬼)[フランス] 150
2位 ティッシュもん(マスターレイヴン)[イタリア] 100
3位 にっしん(アリサ、カタリーナなど)[日本] 75
4位 The Truth(フェン)[アイルランド] 45
5位タイ まこ竜(シャヒーン)[日本] 25
5位タイ Spero Gin(ポール)[アメリカ] 25
7位タイ Devil kazuya(デビル仁)[イタリア] 10
7位タイ
The Phantom(マスターレイヴン)[イタリア]
10
北西ヨーロッパに位置するアイルランドの首都ダブリンで行われた“Celtic Throwdown 2018”には、近隣のヨーロッパ勢を含め、世界各国からTWTランカーが参戦した。
日本からは先日”INO games”への所属を発表した大阪勢の、にっしんとまこ竜が先週の“TOKYO MASTERS”に引き続き参戦。
TOP8へ進出する大活躍を見せ、今後のランキングトップ争いへの食い込みを期待させる結果となったぞ。
グランドファイナルは、ティッシュもん[W]vs. Super Akouma[L]。
image1_compressed
△ヨーロッパ地方のTWT予選3連覇中のティッシュもん(左)vs. 4月のクウェート予選覇者のSuper Akouma(右)
1試合目は完全なるティッシュもんペース。ステップから2択を通し続け、相手をダウン状態から復帰させないことで地上戦での切り返しを得意とするSuper Akoumaにチャンスを与えない立ち回りのまま、ティッシュもんが先取。
2試合目からはティッシュもんのステップからの攻めに対し、“断裂刀”や“波動拳”などの技で迎撃することによりSuper Akoumaがペースを握り返す。
相手の動きの抑制に成功したSuper Akoumaは2Dライクなジャンプ攻撃と“くるぶしキック”(通称“中足”)からの技キャンセルを駆使し、攻めたてることでそのまま3試合を連続で取得しリセットに成功した。
image2_compressed
△ティッシュもんのトドメに放った一撃を“阿修羅閃空”で避けるなど、他の豪鬼使いが見せない選択肢をSuper Akoumaは持ち合わせていた。
気づけば、戦いの構図は完全に攻めのSuper Akouma vs. 守りのティッシュもんへ。
ひたすらにティッシュもんがSuper Akoumaの技の空振りを咎めてコンボに移行することに重点を置くが、リセットに成功したSuper Akoumaの勢いは止まることなく取られたダメージは得意の地上戦で取り返し、ティッシュもんを追い詰めていった。
2-1のSuper Akoumaにリーチがかかった状態では、ティッシュもんの巻き返しを許してしまい一転してピンチを迎えたSuper Akoumaであったが、ティッシュもんの一瞬のミスを見逃さずに攻め込み逆転優勝。今期では2度目のチャレンジャー優勝を果たし、TWT Finals出場へ大きく前進した。
image3_compressed
■優勝選手解説
“Super Akouma”
おもなプレイ地域・コミニュティー:フランス
所属チーム:CRaZY Esport
おもな使用キャラクター:豪鬼
4月のTWT予選である“KUWAIT BATTLE ROYALE”の覇者。豪鬼一筋の彼のコンボ選択は大会中にも精度が揺らぐことはなく、どんな窮地からもあっという間に逆転の芽を咲かすことができる底力を持っている。
“波動拳”をキャンセルしながらの怒涛の攻めの構築は彼の代名詞とも言えるだろう。

記者の目

ティッシュもんはいままでの3連覇を達成したヨーロッパ大会と同じようにウィナーズ側でグランドファイナルへ進出。対するSuper Akoumaはなんと予選プールでルーザーズに落ち、そこから全ての敵に勝利しここまで勝ち上がっていた。
そんな彼の底力は計り知れないものがあり、TOP8以降では信じられないほどの精巧なコンボ選択に度肝を抜かされた。
“TWT Finals”への進出が確かなものに近づいている彼が本戦に出場した場合、他プレイヤーに対しておぞましい“AKUMA”となりうるかもしれない。(ライター:ゼウガル

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る