ファミ通AppVS イベントリポート

企業戦士たちが対戦格闘ゲーム3タイトルで激突! “企業対抗格ゲートーナメント2018 夏”リポート

2018年8月25日、対戦格闘ゲーム3タイトルを競技種目とする企業vs.企業の大会“企業対抗格ゲートーナメント2018 夏”が実施された。

無題

この大会は、同じ企業に属するプレイヤーがチームを組み、企業vs.企業のチーム戦を争うというコンセプトのトーナメント大会だ。
出場チームには、Cygamesやタイトーといったゲーム関連企業をはじめ、webサービスのヤフーや建設に特化した人材派遣の夢真ホールディングスなど、多業種の企業が登場。
各企業からは外国人選手、個性的な衣装のコスプレ応援団、競技シーンで活躍する強豪プレイヤーも来場し、格ゲー好きの企業戦士たちが集う一大イベントとなった。

企業対抗格ゲートーナメント開催概要

競技種目:『ブレイブルークロスタッグバトル』、『Guilty Gear Xrd REV2』、『鉄拳7』
大会形式:3人vs.3人のチーム戦、星取形式。各組み合わせ1試合先取制
公式サイト
配信サイト:ニコニコ生放送

MC席
試合の実況解説はMC席のメンバーが担当。
アピール_compressed
配信台で試合をする企業はPRタイムで自社をアピール。
名刺
企業対抗戦ではおなじみの試合前名刺交換。
カフェテリア_compressed
待機選手たちはカフェテリアスペースで試合の模様を見ながら歓談。
のじあい_compressed
カフェテリアの一角では携帯機を用いて練習する姿も。
こすぷれ_compressed
大会を盛り上げつつ自社製品をアピールするコスプレ選手たち。

『ブレイブルークロスタッグバトル』部門結果

優勝:Cygames
準優勝:ジェイエムエス・ユナイテッド
3位タイ:NHN JAPAN
3位タイ:ヤフー

全トーナメント結果:challonge

ぶれいぶるー1
ぶれいぶるー2_compressed
ぶれいぶるー3_compressed
ぶれいぶるー優勝_compressed優勝のCygamesチーム

本作は家庭用専用のタイトルということもあり、コントローラーにパッドを選択する選手が多数登場。現地の待機エリアでは、switch版の同作を持参した選手たちが野試合を楽しむ姿が見られ、大会の内外での企業間交流が積極的に行われた。
決勝戦のCygames対ジェイエムエス・ユナイテッドでは、先鋒戦と中堅戦で両チーム1試合づつを奪いあう。決定戦となる大将戦では、Cygamesのあかぶしのルビーが相手をよく見る慎重な戦法で勝利し、Cygamesの優勝となった。

『Guilty Gear Xrd REV2』部門結果

優勝:エイリム
準優勝:デジタルハーツ
3位タイ:アークシステムワークス
3位タイ:エクストリーム

全トーナメント結果:challonge

ぎるてぃ1
ぎるてぃ2_compressed
ぎるてぃ3_compressed
ぎるてぃ優勝_compressed優勝のエイリムチーム

デジタルハーツは小川(ザトー)、アークシステムワークスは片野(ポチョムキン)を投入するなど、競技シーンのレジェンドプレイヤーの登場が目を引いた本部門。
とくにアークシステムワークスは本作の開発元という立場上、出場選手には大きなプレッシャーがかかっていたようだ。同チームのしるし(カイ)は自身の試合を落として顔面蒼白になりながらも、チームメイト2人の勝利でガッツポーズを見せ、視聴者を沸かせる一幕が見られた。

決勝戦では、同じくレジェンドプレイヤーのメガネ(イノ)を擁するエイリムが全員いい動きを見せる。デジタルハーツの小川を相手に1敗するものの、2勝をもぎとって優勝に輝いた。

『鉄拳7』部門結果

優勝:WEARE
準優勝:夢真ホールディングス
3位タイ:ゲームアーツ
3位タイ:山佐

全トーナメント結果:challonge

鉄拳1
鉄拳2
cof
鉄拳優勝_compressed優勝のWEAREチーム

『鉄拳』のプロゲーマーをサポートするなど『鉄拳』と縁の深い山佐は、カエルの帽子を被った大応援団が登場。Twitchやバンダイナムコエンターテインメントは外国人選手を投入するなど、個性的なメンバーが目立った本部門。

決勝戦ではWEAERが早々に2勝を挙げて優勝を決定。夢真ホールディングスは大将戦で1ラウンドを奪って一矢報いるが、結果はWEAREが3戦全勝での決着となった。

ライター:H.H

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る