ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】第7期トパンガリーグが開幕。G、サガット、さくらなど、目新しいキャラのトッププレイヤーたちが活躍【トパンガリーグDAY1】

2018年8月21日、『ストリートファイターV アーケードエディション』のリーグ大会“トパンガリーグ”が開幕。プレイアブルキャラに登場したばかりのGとサガットや、レアキャラのダルシムやさくらのトッププレイヤーも出場しており、目新しいキャラたちが活躍する見どころの多い勝負がくり広げられた。

開催概要

■ 日程:2018年8月21日(火)~ 2018年10月10日(水)
・オンラインリーグ:同年8月21日(火)~ 9月12日(水)
・オフラインリーグ:同年9月28日(金)~ 9月30日(日)
・決勝リーグ:同年10月8日(月)~ 10月10日(水)
■ 参加選手数:3名総勢24名(招待選手21名、オンライン予選勝者)
■ 賞金:総額270万円(1位150万円)

トパンガリーグ公式サイト
タイムシフト:OPENREC

トパンガリーグ

各ブロックの結果

A ブロック

プレイヤー名(使用キャラ) ゲームカウント プレイヤー名(使用キャラ)
ネモ(G) 3 vs. 0 りゅうせい(ユリアン)
ふ~ど(ミカ) 3 vs. 0 みしえ(ララ)
ボンちゃん(サガット) 3 vs. 0 みしえ(ララ)
マゴ(キャミィ) 3 vs. 2 MOV(春麗)
Aブロック1
Aブロック2

Gの登場当初から攻略に着手したネモが快調。G戦に慣れていないと思われるりゅうせいに対し、Gの攻勢が気持ちよく続いて圧勝する。

ボンちゃんは待望の相棒サガットを起用。タイガーショットを使い分けて主導権を握り、前進してくるララには要所のタイガーニーや立ち中キック牽制で迎撃する、対応力を高い戦法を見せた。

B ブロック

プレイヤー名(使用キャラ) ゲームカウント プレイヤー名(使用キャラ)
板橋ザンギエフ(アビゲイル) 1 vs. 3 水派(コーリン)
ハイタニ(豪鬼) 2 vs. 3 ガフロ(バイソン)
まちゃぼー(ネカリ) 3 vs. 1 うりょ(さくら)
まちゃぼー(ネカリ) 3 vs. 2 水派(コーリン)
YHC-餅(ダルシム) 3 vs. 1 NISHIKIN(ブランカ)
Bブロック1
Bブロック2

さくらのトッププレイヤーうりょが登場。あと1ラウンドを落とせば負けという場面で前ステップ×3から投げ、勝負どころでのクリティカルアーツぶっ放し読みの後方ジャンプなど、プレイヤーが強い戦い方を見せる。

しかし、まちゃぼーは相変わらず対空の精度が高く、さくらに密着での攻勢を許さずに封殺。まちゃぼーは水派との接戦も制し、順調な滑り出しを見せている。

C ブロック

プレイヤー名(使用キャラ) ゲームカウント プレイヤー名(使用キャラ)
ときど(豪鬼) 3 vs. 2 ガチくん(ラシード)
かずのこ(キャミィ) 3 vs. 1 パウエル(キャミィ)
sako(メナト) 3 vs. 1 ももち(コーリン)
藤村(いぶき) 3 vs. 1 パウエル(キャミィ)
ウメハラ(ガイル) 3 vs. 2 かずのこ(キャミィ)
Cブロック1
Cブロック2

ときどvs.ガチくんの試合はお互いにいいところが出る大接戦。最後は豪鬼が起き攻めに瞬獄殺をキメる劇的な決着となる。

ももちは事前に“秘策がある”としてsakoとの試合に臨んだが、sakoはつい先日の台湾大会での優勝に引き続き好調を維持。守勢時の右ガードボタン離しでのビット攻撃が強力に機能し、コーリンに対処しきって勝利している。

ランキング

ランキングDAY1を終えてのランキング
次回組み合わせ
DAY2は8月22日19時からスタート

記者の目

DAY1でとく目を引いたのは、ボンちゃんのサガットとネモのG。ボンちゃんは前作の『ストリートファイターIV』シリーズで長年使い込んだ経験値が活きているのか、飛び道具で相手を動かす戦いかたが鮮やかに決まっていた。

ネモはいち早く着手したGを短期間で仕上げ、リーグ戦の大舞台に間に合わせている。突進攻撃やG・バリアを活かしたG独自の戦法が機能しており、今後も出番が期待できそうだ。

DAY2では、DAY1に出番の無かったtrashboxが登場し、加えてウメハラ対sakoの試合が実現する。台湾大会ではドミニカのcaba(ガイル)を圧倒したsakoだが、ウメハラ相手にはどのような勝負となるか注目だ。

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る