ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】sakoが無敗で台湾大会「TaiWanFighterMajor2018」を制す!

2018年8月17日(金)~19日(日)にかけて、台湾で格闘ゲーム大会「TaiWanFighterMajor2018」が開催された。こちらで解説している通り、複数タイトルのトーナメントが実施され、『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下、『ストV AE』)は公式世界大会カプコンプロツアー公認の大会となっている。

アジア圏での大会であるため、ふだんの海外大会と比べてさらに大勢の日本人選手が参加。国外の強豪プレイヤーも集い群雄割拠の様相を呈した『ストV AE』部門は、日本のsakoが予選から21連勝を達成して優勝。本稿では、『ストV AE』部門の模様をリポートする。

TWFM(Tai Wan Fighter Major)(闘魂) 2018 概要

toukon

開催日:2018年8月17日~8月19日
開催地:台湾、台北市
会場:SongShan Cultural and Creative Park – Multifunction Exhibition Hall
※TWFighterのFacebook
※GamerBee氏のTwitter
※TWFM公式サイト

トーナメント表:Challonge

配信:Youtube

TaiWanFighterMajor2018結果

順位 名前 使用キャラ 国籍 獲得CPTポイント
優勝 sako メナト 日本 700
準優勝 ときど 豪鬼 日本 270
3位 Caba ガイル ドミニカ 200
4位 板橋ザンギエフ アビゲイル 日本 160
5位タイ Xian いぶき シンガポール 130
5位タイ NL キャミィ 韓国 130
01

グランドファイナルは、ウィナーズを勝ち上がったsako(メナト)とルーザーズからリベンジを狙うときど(豪鬼)。

02

ときど豪鬼に画面端に追い込まれる場面は何度かあったが、決定打を許さず巧みに位置を入れ換えチャンスに転じさせるsako。

03

sakoは家族を連れて台湾へ参戦。優勝トロフィーは最高の記念となった。

■ 優勝選手解説

”sako”

おもなプレイ地域・コミュニティー:日本
所属チーム:FAV gaming
おもな使用キャラクター:メナト
カプコンカップ2013優勝など『ストリートファイター』シリーズで多数の実績を残す古参の強豪プレイヤー。テクニカルなコンボや連携の開発に定評があり、『ストV』屈指の自由度を持つメナトを高いレベルで使いこなす。

 

ボンちゃん vs. ときど

ボンちゃんサガット対ときど豪鬼という、『ストⅣ』時代を知るプレイヤーには懐かしい対戦カードが最新作でついに実現。ボンちゃんは惜しくも一歩届かなかったものの、熱い勝負を繰り広げた。

記者の目

直近の大会で好成績が目立つsakoのメナトがついにプレミア大会で優勝を飾った、という印象が強い本大会。それと同時にEVO2018以降に配信されたサガット、Gといった新キャラクターのポテンシャルが披露される場としても注目があっただろう。

日本選手ではネモがG、ボンちゃんがサガットを使用キャラクターに選び参戦。ネモはトーナメント後半ではユリアンをメインにしたが、ボンちゃんは待望の参戦となった”相棒”サガットを使って9位という好成績を残す。

惜しくも敗退となってしまったときど戦は、本大会におけるベストバウトのひとつと言えるだろう。今後の研究によりこれらの新キャラクターが、どのようにトーナメントシーンに食い込んでくるかも注目していきたい。

関連動画


↑sako優勝報告


↑sako試合まとめ

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る