ファミ通AppVS イベントリポート

【CoD: WWII】Evil Geniusesが優勝! CWL Championship 2018がついに完結。

2018年8月15日~8月19日の5日間にわたりActivisionが主催する、人気ミリタリーFPS『コールオブ デューティワールドウォーII』の世界大会”Call of Duty World League Championship 2018”(以下、CWL Champs2018)が開催された。
同年8月19日にグランドファイナルが行われ、Evil Geniuses(以下、EG)が優勝した。その模様をリポートする。

開催概要

■ 日程:2018年8月15日~8月19日
※8月15日、16日はグループ予選。
■ 場所:アメリカ・オハイオ州 コロンバス
8月15日、16日:MLG Arena / 8月17日~19日:Nationwide Arena
■ 賞金総額:150万ドル(1億5千万円)※()内は概算
■ 参加チーム:32チーム
■ 形式:ダブルエリミネーション
■ 公式サイト:Major League Gaming(以下、MLG)
■ 配信:MLG.com / Twitch

大混戦のCWL Championship2018

前回覇者のOpTic Gamingが予選落ちし、無名のダークホースTeam Sweenが全勝で決勝トーナメント進出を決めるなど、グループステージから予測不能な展開が続いた。

また本選でも、知名度がそれほど高くないLightning Pandasや、ヨーロッパチームの活躍が目立った。Red Reserveがトップ8、続くトップ12までにUNILAD EsportsTeam Vitalityが入賞しており、ヨーロッパリージョンのレベルが確実に上がっているように思われた。

グランドファイナル

Photo by Owen McCormick/Robb McCormick Photography www.robbmccormick.com

本年の王座をかけた試合は、Evil Geniuses vs. Team Kaliberで行われた。

Team Kaliber(以下、TK)はルーザーズブラケットから勝ち上がってきたため、EGに2度勝利しなければならない。そして迎えた第1ラウンドでは、EGがハードポイント、サーチアンドデストロイを先取し2-0でリード。しかし、ここからTKの逆転し2-3で1ラウンド目を勝ち取った。

リードをリセットされ追い詰められたEGだったが、最終的には3-0でTKにひとつのマップも取らせずに完勝。結果、EGがチャンピオンとなった。

EG AchesとApathyが2度目のチャンピオンシップ制覇

無題_compressed

現在EGに所属する、AchesとApathyは過去にチャンピオンシップで優勝経験のあるプレイヤー。Achesは2014年の『コール オブ デューティ ゴースト』、Apathyは『コール オブ デューティ ブラックオプス3』のシーズンでタイトルを獲得している。

今回のトーナメント勝利で両名ともに2回目のチャンピオンシップの称号獲得となった。なお、これまでにふたりの勝ち取った賞金総額は、1億円を超えている。

betting-tips-cod-champs-2018-day-five
本大会のチャンピオンリング

『コールオブ デューティワールドウォーII』のシリーズも数々の名場面が誕生した。先日マルチプレイヤーのベータ版が実施され、2018年10月12日に発売となる『コール オブ デューティ ブラックオプス4』では、どのような試合やトーナメントがくり広げられるのか楽しみだ。

また本シーズンは、OpTic Gamingが不調で大会での戦績が芳しくなく、筆者を含むファンはどんよりしたムードだった。ロスターチェンジもあり、チームが上手く機能していないように見受けられたが、来シーズンの活躍に期待したい。

コール オブ デューティ関連記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る