ファミ通AppVS イベントリポート

【EVO2018】ノロマとちりちりが7位入賞! 『鉄拳7』リポート

アメリカ・ラスベガスにて、2018年8月3日~5日(現地時間)に開催された世界最大規模の対戦格闘ゲーム大会「EVO2018」。本稿では、トーナメント開催タイトルの『鉄拳7』の結果をお知らせする。

EVO2018

■ 開催地:アメリカ・ラスベガス
■ 開催日:現地時間2018年8月3日~5日、日本時間2018年8月4日~6日

【総合順位】

順位 プレイヤー名
優勝  Lowhigh(シャヒーン)[韓国]
準優勝  QUDANS(デビル仁)[韓国]
3位  Lil Majin(キング)[アメリカ]
4位  JDCR(ドラグノフ)[韓国]
5位  Book(ドラグノフ)[タイ]
5位  Rangchu(パンダ)[韓国]
7位  ノロマ(ジャック7)[日本]
7位  ちりちり(シャヒーン)[日本]

参加者数 1547人
大会結果一覧:smash.gg

日本のプロライセンス保持者9名を含む、EVO史上最多である50名近くの日本人プレイヤーが参加した今大会ではTOP32に多くの日本勢が残ったが、激戦の末に最終日にはルーザーズで勝ち残った九州勢のノロマとチリチリに託されることとなった。

image2_compressed△実況解説はEVOではお馴染みのMark julio氏(左)とAris氏(右)
最終日の注目試合はなんといってもウィナーズ1回戦目。ノロマをルーザーズに叩き落としたTOP8唯一のアメリカ勢 “Lil Majin” vs. 昨年のEVO覇者 “JDCR”。
相手の攻め手に対して細かいテクニックでダメージを取り返すJDCRに“キング”の豊富な技で的を絞らせない立ち回りを徹底したLil Majinが2-1で勝利。会場はU.S.Aコールに包まれた。
image5_compressed

気になる日本勢の結果としては、ルーザーズ1回戦目のノロマ vs. Rangchuは、攻め入りたいノロマを刈り取る形でコンボ始動技を次々と当てていったRangchuが流れに乗り0-2でノロマは敗退。

image3_compressed
△Rangchu(左)vs. ノロマ(右)

同じくルーザーズ1回戦目のチリチリvs.Bookの組み合わせでは痛恨のコンボミスからも挽回を図り、持ち前の精神力を見せてくれたチリチリだったが、Bookの“右中段前蹴り”を軸にした立ち回りを前に攻めのペースを掴めぬまま、1-2でチリチリも敗退。

両者とも最終日の1試合目で敗退し、日本人の最高位は7位。本人たちにとっても悔しい結果となった。

image4_compressed
△チリチリ(左)vs. Book(右)
グランドファイナルはLowHigh[W]vs. Qudans[L]。
最終日のウィナーズ2試合目でもぶつかっており、2人の試合はウィナーズの2試合目のときから一貫して近距離で競り合う展開が多く、体力を奪われたならば即座に奪い返すハラハラした内容が続いた。
小技の応酬が続くなかで、Qudansは持ち味である“飛魂蹴”を執拗に打ち続けることでLowHighのガードをこじ開け、3-1でリセットに成功。
image7_compressed
image6_compressed
グランドファイナルはLowHigh[W]vs. Qudans[L]
リセット後にはLowHighはリスクを徹底的に排除。欲張ることなく連携を組み立て、地上戦ではローリスクなコンボ始動技の“ライジングファルコン”で相手の動き出しを咎めていき、確実にダメージを与えていった。
Qudansに対して切り返しの隙を与えないLowHighは、優勝へリーチがかかった勝負所でQudansのレイジアーツ(相手の技を受け止めて出せる大技)を誘発し、見事にガード。
リセットを受けてからまさかのストレートで盛り返し、3-0で優勝を決めた。
image2 (1)_compressed

 

image1_compressed

記者の目

ここ数年のEVOの鉄拳部門を振り返ってみると、上位陣のメンバー入れ替えが行われており全体的な勢力図の変動が起きていることが見て取れた。
まずはアメリカ勢の上位進出。日本と韓国の二大勢力と言われていた近年の話を覆した、Lil Majinの3位入賞はアメリカ勢にとって大きなニュースとなったのは間違いないだろう。
他にもアメリカ勢はAnakinやSpeed  kicksといった強豪プレイヤーがプールで日本勢や韓国勢に猛威を振るっていた。
そして、若手の台頭。今回、優勝したLowHighを含め、20代前半の若手がTOP8でRangchuとノロマとチリチリ。前年度にはいなかった4名が名乗りを上げており、これまたシーンの変化を感じさせた。
その根本となるのは競技人口の増加であると言っても過言ではないだろう。鉄拳部門はEVO2016時に参加人数が549名、EVO2017時に1286名、そして今年は1547名と増加の一途を辿る、成長し続けているゲームシーンである。
また会場では“tekken7 season Pass 2”の発表が行われたことにより、これからもさらなるシーンの躍動を期待させてくれる鉄拳から目が離せない。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る