ファミ通AppVS イベントリポート

【EVO2018】『BBTAG』は日本のへいほぅが制覇! 複数タイトルで日本選手が活躍した2日目

アメリカ・ラスベガスにて、2018年8月3日~5日(現地時間)に開催される世界最大規模の対戦格闘ゲーム大会「EVO2018」。その二日目にはメインタイトル8種目のうち3種目が決着。『ブレイブルークロスタッグ』部門は日本のheihoが優勝し、『injustice 2』はRewind[アメリカ]、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』はLima[アメリカ]がそれぞれ優勝となった。

また、メインタイトルの残り5種目は予選プールを進行し、それぞれTOP8を決定。最終日は会場を移して決勝トーナメントが争われる。そのメンバーと最終日の注目ポイントを掲載しよう。

EVO

EVO2018概要

公式サイト:http://evo.shoryuken.com/
開催地:アメリカ・ラスベガス
開催日:現地時間2018年8月3日~5日、日本時間2018年8月4日~6日
メインタイトル
・ドラゴンボールファイターズ
・ストリートファイターV アーケードエディション
・鉄拳7
・大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
・大乱闘スマッシュブラザーズDX
・ブレイブルークロスタッグバトル
・Guilty Gear Xrd REV 2
・injustice 2

『ブレイブルークロスタッグバトル』結果

優勝 heiho(ルビー、ゴルドー)[日本]
準優勝 Fame96(ジン、鳴神)[アメリカ]
3位 Dora(ハザマ、ニュー)[日本]
4位 小路KOG(ワレンシュタイン、テイガー)[日本]
5位タイ フェンりっち(ハイド、ジン)[日本]
5位タイ かずのこ(ルビー、ゴルドー)[日本]
7位タイ Dettywhiterock(ワレンシュタイン、ヤン)[日本]
7位タイ 剛田(ニュー、ゴルドー)[日本]

参加者数 1181名

アメリカ勢でただひとりTOP8に進出したFAME96は、会場から大熱狂の応援を受けつつフェンりっちとDoraを撃破し、ウィナーズでグランドファイナルに進出。もう一方のルーザーズでは、本作ならではのタッグシステムを上手く利用した闘いを見せるheihoが進出した。FAME96とheihoの対戦では、heihoが2対1の状況を作ることを重視する戦法でFAMEを圧倒。危なげなくリセットに成功し、その後は3試合連取で決着となった。

BB1
BB2
BB3
BB優勝『ブレイブルークロスタッグバトル』部門優勝のheiho。

『injustice 2』結果

優勝 Rewind[アメリカ]
準優勝 Tweedy[アメリカ]
3位 SonicFox[アメリカ]
4位 Big D[アメリカ]
5位タイ Semiij[アメリカ]
5位タイ Hayatei[カナダ]
7位タイ SylverRye[アメリカ]
7位タイ Biohazard[カナダ]

参加者数 361名

TOP8は『ドラゴンボールファイターズ』でも名を馳せるSonicFoxを含む8名。アメリカ選手6名とカナダ選手2名での争いとなった決勝トーナメントはアメリカのRewindが制した。

インジャスティス1
インジャスティス3
インジャスティス優勝『injustice 2』部門優勝のRewind。

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』結果

優勝 Lima[アメリカ]
準優勝 CaptainZack[アメリカ]
3位 にえとの[日本]
4位 Mistake[カナダ]
5位タイ MVD[アメリカ]
5位タイ Mr E[アメリカ]
7位タイ ライト[日本]
7位タイ ちょこ[日本]

参加者数 1358名

日本のにえとのがルーザーズで這い上がるが、ルーザーズファイナルでCaptainZackに敗れる。グランドファイナルはアメリカ選手どうしのベヨネッタ同キャラ対決となった。CaptainZackはその勢いのままリセットに成功したが、後半はLimaが勝ち星を先行させ、3試合を先取して決着。

すまぶら3
すまぶら優勝『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』部門優勝のLima。

最終日に進出した5種目40名の選手たち

メインタイトルうち5種目は最終日に決勝トーナメントが争われる。各タイトルの決勝トーナメント出場メンバーは下記の通りだ。

・『ストリートファイターV アーケードエディション』

ウィナーズ
ProblemX(アビゲイル、ベガ)[イギリス]
ガチくん(ラシード)[日本]
ふ~ど(ミカ)[日本]
ときど(豪鬼)[日本]

ルーザーズ
Caba(ガイル)[ドミニカ共和国]
藤村(いぶき)[日本]
Luffy(ミカ)[フランス]
TheCoolKid93(アビゲイル)[アメリカ]

 

・『鉄拳7』

ウィナーズ
Lowhigh[韓国]
JDCR[韓国]
QUDANS[韓国]
Lil Majin[アメリカ]

ルーザーズ
ちりちり[日本]
Book[タイ]
Rangchu[韓国]
ノロマ[日本]

 

・『ドラゴンボールファイターズ』

ウィナーズ
SonicFox[アメリカ]
フェンりっち[日本]
GO1[日本]
かずのこ[日本]

ルーザーズ
もけ[日本]
SUPERMOON[アメリカ]
KNOWKAMI[アメリカ]
kubo[日本]

 

・『Guilty Gear Xrd REV 2』

ウィナーズ
おみと(ジョニー)[日本]
ザディ(レイヴン)[日本]
まちゃぼー(カイ)[日本]
りおん(カイ)[日本]

ルーザーズ
LostSoul(エルフェルト)[アメリカ]
てれさ(ジャム)[日本]
ナゲ(ファウスト)[日本]
ふも(エルフェルト)[日本]

 

・『大乱闘スマッシュブラザーズDX』

ウィナーズ
Hungryboy[アメリカ]
Leffen[スウェーデン]
Plup[アメリカ]
Mang0[アメリカ]

ルーザーズ
Armada[スウェーデン]
S2J[アメリカ]
Wizzrobe[アメリカ]
Swedish Delight[アメリカ]

最終日注目ポイント

『ストリートファイターV アーケードエディション』は、昨年のEVO2017を制したときどがウィナーズで勝ち上がっている。好調を維持するときどが『ストV』連覇を達成するかどうかが最大の注目点になるだろう。

『鉄拳7』はやはり韓国が席巻。日本からはちりちりとノロマのふたりがルーザーズで進出しているので、ここからの勝ち上がりに期待したい。強豪プレイヤーの層が厚いアジア勢が上位を占めるなか、アメリカ勢はただひとりLil Majinがノロマを破ってウィナーズで進出を決めている。決勝トーナメントでは間違いなくギャラリーからの大声援を受けそうだ。

『ドラゴンボールファイターズ』ではCAG所属のGO1とフェンりっちを含む5名の日本選手が進出し、アメリカからは全米最強のSonicFoxを含む3名が進出。大型大会では因縁の深い、日米対決の行方には期待大だ。

最終日は日本時間の8月6日午前0時から配信スタート
twitch.tv(https://www.twitch.tv/evo)
OPENREC(https://article.openrec.tv/4291)

 

ライター:H.H

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る