ファミ通AppVS イベントリポート

【EVO2018】『BBTAG』部門は7名の日本選手がTOP8に進出! 格ゲー世界大会“EVO2018”初日リポート

アメリカ・ラスベガスにて、2018年8月3日~5日(現地時間)に開催される世界最大規模の対戦格闘ゲーム大会「EVO2018」。

その初日には各タイトルの予選プールが争われ、翌日以降のトーナメントに進出する選手を決定した。『ブレイブルークロスタッグ』部門では7名の日本選手がTOP8に進出。
『ストリートファイターV アーケードエディション』ではアメリカのレジェンド・アレックスバイエイの活躍が見られ、『鉄拳7』ではバンダイナムコの原田勝弘氏が選手として参戦するなど、見どころの多いトーナメントがくり広げられた。

※ファミ通AppVSのTwitterアカウントで現地リポートを随時更新

 

EVO

EVO2018概要

公式サイト
■ 開催地:アメリカ・ラスベガス
■ 開催日:現地時間2018年8月3日~5日、日本時間2018年8月4日~6日
■ メインタイトル
・ドラゴンボールファイターズ
・ストリートファイターV アーケードエディション
・鉄拳7
・大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U
・大乱闘スマッシュブラザーズDX
・ブレイブルークロスタッグバトル
・Guilty Gear Xrd REV 2
・injustice 2

『ブレイブルークロスタッグバトル』部門

本部門は決勝トーナメントに進出するTOP8が決定。以下がそのメンバーだ。

ウィナーズ
・小路KOG(ワレンシュタイン、テイガー)[日本]
・Dora(ハザマ、ニュー)[日本]
・フェンりっち(ハイド、ジン)[日本]
・Fame96(ジン、鳴神)[アメリカ]

ルーザーズ
・剛田(ニュー、ゴルドー)[日本]
・heiho(ルビー、ゴルドー)[日本]
・Dettywhiterock(ワレンシュタイン、ヤン)[日本]
・かずのこ(ルビー、ゴルドー)[日本]

本部門には1100名を越える選手がエントリー。『ブレイブルー』シリーズは日本のアーケードで根強い人気を誇ってきたが、家庭用メインとなる本作でも多くの日本選手が訪米参戦した。

トーナメントでは『ブレイブルー』シリーズでの活躍が印象深いDoraやフェンりっちのほか、小路KOGやかずのこといった多種ゲームで実績を残しているメンバーが好調。TOP8には7名もの日本選手が進出することとなった。

なお、優勝候補のひとりと見られたkuboはウィナーズでセミファイナルまで進出したものの、heihoとかずのこに敗れて姿を消している。決勝トーナメントでは、アメリカ選手でただひとりTOP8に進出したFame96が、日本勢とどのような闘いを繰り広げるかに注目したい。

本部門の決勝トーナメントは日本時間8月5日午前8時より、Twitchで配信予定。

bbtag1
bbtag2
bbtag3
bbtag4

『ストリートファイターV アーケードエディション』

本部門には2497名がエントリー。ウメハラ、ときど、藤村、sakoをはじめとした日本勢が登場し、多くのメンバーが二日目への進出を決めている。

初日おいて、とくに目を引いたのはアメリカのレジェンドプレイヤー・アレックスバイエイの活躍だ。競技シーンの第一線からは遠ざかっている彼だが、本大会ではブランカを使用し、現在アメリカ屈指の強豪・NuckleDuを撃破していまだ衰えない強さを見せた。

また昨年のEVO2017ではグランドファイナルまで1試合も落とさずに勝ち上がったアメリカのPUNKは、レアキャラのアレックス使いに敗れてルーザーズへと落とされる波乱が起きている。

今年もハードな闘いとなっている『ストV』部門の二日目は、予選プールの続きからTOP8までを進行。配信は日本時間8月5日午前0時より、OPENRECでスタートだ。

ストV1
ストV2
ストV3
ストV4

『鉄拳7』

『鉄拳7』部門は1545名がエントリー。『鉄拳』は今年もやはり強豪国の韓国が強く、SAINT、QUDANS、LOWHIGHといった多くの韓国勢が二日目への進出を決めた。

日本勢は二日目からの選手が多いが、YAMASA所属のユウ、ノビ、タケの3名は初日に登場。ノビとタケはウィナーズ、ユウはルーザーズでプールを勝ち上がっている。

なお、本部門には『鉄拳』シリーズのプロデューサー・原田勝弘氏も選手として参戦。配信台にて試合を行い、見事に一回戦を勝利して視聴者を沸かせる一幕が見られた。

本部門も、大会二日目は予選プールの続きからTOP8までを決定する。配信は日本時間8月5日午前0時より、OPENRECでスタート。

tekken1
tekken2
tekken3
tekken4

二日目は3タイトルが決着!

大会二日目には、メインタイトルのうち『ブレイブルークロスタッグバトル』、『injustice 2』、『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』の3種目の決勝トーナメントが実施。それぞれの世界チャンピオンを決定するクライマックスだ。

また、メインタイトルの他5種目は、予選プールを進行して大会最終日に進出するメンバーを決める流れとなっている。いよいよ佳境を迎えるEVO2018、勝負の行方をぜひチェックして欲しい。

大会二日目配信サイトURL

3タイトル決勝トーナメント
Twitch ※英語

『ストリートファイターV アーケードエディション』
OPENREC [日本語]

『鉄拳7』
OPENREC [日本語]

『ドラゴンボールファイターズ』
OPENREC [日本語]

『Guilty Gear Xrd REV 2』
OPENREC [日本語]

『大乱闘スマッシュブラザーズDX』
OPENREC [日本語]

※全チャンネル8月5日午前0時より配信開始予定

EVO2018 関連記事

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る