ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】鉄拳プロも続々と参戦!? namco巣鴨店で行われた、TeamYAMASAオフ会をリポート

2018年6月30日、『鉄拳7』の聖地と呼ばれるゲームセンター・namco巣鴨店にて“TeamYAMASAオフ会”が行われた。

01
左からノビ、ユウ、タケ。

このイベントは、TeamYAMASA所属のプロゲーマーである、ユウ、ノビ、タケ。の3名が主催する、ファンミーティング兼対戦会。会場には全国各地から多数のプレイヤーが訪れ、そのなかには有名プレイヤーや、プロゲーマーの姿もちらほら。本記事では、オフ会全体の模様をリポート。最後には、TeamYAMASAの3名へのミニインタビューお届けしよう。

02
中央のメイン筐体のほかに、多数のフリー対戦台が用意されていた。
03
受付は、鉄拳女子部のユウミィさん(シャオユウ)とキキワンさん(一美)が担当。

イベントがスタートすると、さっそくトラブル。告知が行き渡っていなかったとのことで、参加者たちが半分ほどしか集まらないことに。というのも、今回のイベントはYAMASAが管理しているのではなく、ユウ、ノビ、タケ。の3人が、みずから幹事を行うという試みを行っていたとのこと。

初めての経験ということもあってか戸惑っている様子もあったが、機転を利かせてノビが「じゃあ、時間になるまでみんなで対戦会やりましょう!」と宣言すると、ほかの参加者たちとワイワイと対戦をくり広げた。

04
05
06

対戦会を楽しんでいるうちに、参加者たちもしっかりと会場に集合することができ、いよいよ本番がスタート。最初は3人から軽いトークをくり広げたのち、ユウミィさんVSキキワンさんのエキシビションマッチで開幕する。

ユウミィさんか、キキワンさん、どちらが勝利するのか予想するという企画なのだが、これまでの戦績はほぼキキワンさんが勝ち越しということもあってか、観客たちの予想はほぼキキワンさんに軍配があがった。

07
08
09
10
『鉄拳』の実況と言えばおなじみの、ゲンヤ氏(ウェルプレイド所属)も会場に駆け付けた。
11
拮抗したいい勝負となったが、試合の行方はユウミィさんが逆転勝利に。

続いては、メインイベントとも言えるトーナメント戦。ユウ、ノビ、タケ。を含めたすべての参加者が、ガチンコバトルだ。参加者には、WalkerGamingの古水と、影丸。CYCLOPS athlete gamingのたぬかななど、プロゲーマーたちもエントリー。このほかにも、まんば、西など、有名プレイヤーも参加していた。試合は2本先取で、1本取られた側は、キャラクター変更が可能となっている。

12
13
14
15
16
17
18

試合は和気あいあいとしながらも、決めどころは真剣勝負。プロの試合とはひと味違う、“ゲーセン勢”らしい、アットホームな雰囲気で進行していた。そして準決勝は、ノビVSユウ、タケ。VS古水と、TeamYAMASA全員が勝ち残る結果に。

19
20
21
22
「ワイが本物のフェンを見せたるわ!」と、偽者のユウも登場。結果は敗北(笑)。
23_compressed
24_compressed

そして決勝戦は、ノビVSタケ。の、黄金カードが実現。ここまで1試合目ではスティーヴをくり出し、1本取られたらドラグノフに変更というスタイルで戦ってきたノビ。対するは、一美ひと筋で勝ちを重ねてきたタケ。

試合は1対1にもつれ込み、最後はノビが本命のドラグノフを登場させる。何百戦とやってきた対戦カードなだけあって、読み合いも色濃い立ち回りとなった。そして今回のトーナメントで優勝を飾ったのは、ノビとなった。

25
26

トーナメントのあとは、フリー対戦をしながらのTeamYAMASA3人との組手を開催。勝利したプレイヤーには、YAMASAグッズ獲得権利をかけた、TeamYAMASA特製パチスロ挑戦権が与えられた。

フリー対戦では、鉄拳女子部から、プロゲーマーたちや、ゲンヤ氏も参戦し、会場全体で対戦を楽しんでいる様子が印象的。夜までどっぷりと対戦会をくり広げ、今回のオフ会は大団円で終了となった。

27_compressedこちらがTeamYAMASA特製のパチスロ。ユウ、ノビ、タケ。の3人が絵柄になった、パロディパチスロだ。
28
29
30
31
32
33

TeamYAMASAの3人にミニインタビュー

最後に、今回のオフ会を終えた、ユウ、ノビ、タケ。の3人に、開催された感想や、TWTへの意気込みなどをうかがったミニインタビューをお届けしよう。

――今回、TeamYAMASAオフ会を開催できて、どんなお気持ちですか?

ノビ (準備が)急遽すぎたねぇ(笑)。

ユウ これまで活動してきて、オフラインイベントとかってやったことがなくて。前々からやりたいってみんなで言ってたんですが、海外大会の都合などもあり、開催日をなかなか決められなかったんですよ。それで、6月30日にようやく開催できるぞ! って決まったのが……。

ノビ うーん、2週間前くらいじゃない?

タケ。 それくらいだったね。

――でも、50人前後の、かなりの人数がゲームセンターに集まってくれましたね。

ユウ ガチなトーナメントよりも、参加者たちとコミュニケーション取りながら遊べたらなって思ってたので、よかったです。

タケ。 地方の人も来てくれたのは、うれしかったですね。

ノビ いやなんか、海外の女の子とか来てくれてビックリした(笑)。

――プロゲーマーの参加者が多いことも驚きました。

ユウ 僕らも、あちらのイベントに行ったりするんですよ。ですので、持ちつ持たれつじゃないですが、プロゲーマーどうしで支え合ってる感じですね。

――そんななか、ノビさん今回のトーナメントで優勝されましたが、感想をお聞かせください。

ノビ 2キャラクター使えるの、最高ッスね!

――今回、スティーブとドラグノフで挑んでいましたね。

ノビ どういう構図で戦うのがベストか分からなかったのですが、手応えがありました。最初にスティーブ、負けたらドラグノフ、これを今後の作戦にしますよ。

――決勝戦も、タケ。さんVSノビさんという、プロの試合でも結構見るカードでした。

ユウ やり慣れてるだけあって、ふたりの読み合いはかなり深いですよ。

ノビ 深いっていうか、“不快”なんですよマジで。もう何もやらせようとしてくれないんですよ、だからもう、タケ。と対戦するときは、攻撃とかしません。立ってるだけで、アッチは手出してくるのずっと待ってんですよ。もう出せよ!って思うんですが、手出してこなくて。

タケ。 スタイルとしては、ただの事故待ちです。僕は自分から相手を浮かせる必要なんてないと思ってるので、とにかく技をスカらせるだけです。

ノビ 体力リードすれば勝てるんですが、リードもさせてくれないんですよ。

タケ。 あまりにも来なかったら、さすがに自分から行きますけどね。もちろん、技がスカらないように、距離だけには気を付けて。

――それでは最後に、TWTへの意気込みなどをお聞かせください。

ノビ 僕らは各大会で優勝するのは目標じゃないんですよ。

ユウ 1回はもちろん優勝したいですけどね。

タケ。 僕らはとしては、とにかくファイナルに出て、ファイナルで勝てば優勝なわけです。そこが目標なので、各大会で上位成績だけは残していきます。

ノビ すべての大会で優勝するぞ!という意気込みで、落ち込んでいられませんから。8位に入るのは必須ですね。いまは本当に耐えるときです。決勝ではアイツらにひと泡吹かせます!

タケ。 今年のワールドカップで、決勝トーナメントに進出するために、日本代表が時間稼ぎの作戦を使ってたじゃないですか。アレといっしょで、結果をとにかく出す、これに尽きますね。

34

ライター:西川くん

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る