ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】ダブルが地元に凱旋! “鉄拳7 × esports GIANT KILLING in ゲオ”金沢御経塚店(石川県)の模様をリポート

ゲオがスタートさせた『鉄拳7』のesportsイベント“鉄拳7 × esports GIANT KILLING in ゲオ”。このイベントは、全国各地にあるゲオの店舗にプロゲーマーたちが訪れ、参加者たちと対戦会や、講習会を行うというもの。

今回は、第1回目となる石川県・ゲオ金沢御経塚店の様子をお届け。この会場に登場したのは、ロウ使いとして名を馳せるダブルだ。

01
ゲオ金沢御経塚店
02
03
会場にはゲーミングチェアやゲーミングヘッドセットが用意され、esportsらしい環境で対戦を楽しめた。
04

27戦26勝のチャレンジマッチ!

最初に行われる対戦会はチャレンジマッチとなっており、ダブルからラウンド数を取るごとに、ステッカーやTシャツなどの賞品が手に入る。みごと勝利すれば、ゲーミングヘッド“Logicool G433 7.1 Surround Sound Gaming Headset”がプレゼントされるのだ。

05
ダブル
06_compressed
07_compressed
08

参加者には『鉄拳7』のステッカー、1ラウンド勝利でトートバッグ、2ラウンドでTシャツ、そして勝利するとヘッドセットが贈呈される。

09

“Logicool G433”(中段)。素晴らしい音響もさることながら、機能性もバツグンのヘッドセットだ。ダブルも試合中に使用しており、「フィット感がすごくて、とても試合に集中できました」と喜んでいた。

参加者たちは約20名。初心者から上級者まで、数多くのプレイヤーが参加していた。なお、ダブルの出身は石川県。地元に凱旋したということもあり、会場には以前からダブルと交友のある者たちや、富山県の猛者たちなど、北陸の“鉄拳勢”が集まっていたのが印象的だった。

10

ダブルはイベント開始前などに、参加者たちと「久しぶり!」といった感じで、和気あいあいと会話を楽しんでいた。

11
イベント前には、ゲオ金沢御経塚店の店長・南出氏と対戦を楽しむ様子も。
12
13

イベントで使用する対戦台のほかに、フリープレイ台もふたつ用意。イベント中や、休憩の合間にも対戦をくり広げる参加者たちが多かった。

ダブルが使用するのは、もちろんメインキャラクターのロウ。参加者たちも必死に食らい付いていくが、やはりそこはプロ。圧倒的な強さを見せつけて、どんどん勝利を重ねていく。
たとえ2ラウンド取られたとしても、最後のラウンドで巻き返したり、体力がギリギリになっても“レイジ”状態の火力を活かしての逆転など、プロとしての底意地が見られる試合展開も多かった。

14
15
16
17
18

約20名の参加者たちが挑むも、ダブルはなんと20連勝を達成! その後、同じ参加者でも再度挑める2週目へと突入。しかしここで、ダブルがまさかの初黒星。勝利したのは、北陸の強豪プレイヤーとして知られるオカティだ。
オカティと言えば、2014年に行われたesportsイベント“最強ゲーマー決定戦”の『鉄拳タッグトーナメント2』の王者として知られ、さらに2015年には、ダブルとともに“EVO 2015”に参戦した、旧知の仲。

19
20

勝利したオカティに話をうかがうと「ダブルと対戦することより、ヘッドセットが欲しくて参加したので、本気でうれしいです(笑)」と冗談交じりに喜びを語りつつも、「ダブルが金沢にいたときは、本当によく対戦してました。当時も強かったですが、東京に出てからこの数年、さらに強くなっていました」と、ライバルが強くなっていたことに感動していた様子だった。

21
こちらが対戦の成績。ダブルは2ラウンド取られることすら少ない、圧倒的な強さをみせた。

ダブルにとっては初の講習会

続いて行われたのが、ダブルによる『鉄拳7』講習会。ダブルは、『鉄拳』を人に教えるのが初めての経験ということで、非常に緊張した面持ち。しかし、1度喋りはじめれば、参加者たちの疑問や悩みにしっかりと答えていき、その知識量の深さに参加者たちも感心している様子だった。

22

ロウへの対策を聞かれれば、「手前に横移動すると、ロウは返せる技がひとつになるんですよ!」といった回答をしたり、“スカ確”の取りかたなどを聞かれると、そのキャラクターに合わせた技を解説。細かなテクニックをチマチマと教えるのではなく、実戦ですぐ役に立つような知識を披露していた。

23
24

夜まで続いた講習会も終わり、最後にはダブルと、最後まで残ってイベントを楽しんでいた参加者たち、そしてゲオ金沢御経塚店のスタッフたちと記念撮影をし、イベントは終了となった。

25

イベントを終えたダブルにインタビュー

最後に、今回の主役である、ダブルにインタビュー。イベントを終えた感想や、地元に帰ってきたことについて、オカティとの対戦などについてもうかがった。

――まずお聞きしたいのですが、ダブルさんは石川県の金沢市出身なんですよね。

ダブル まさにココが出身です。なので、ゲオ金沢御経塚店も普通に利用してましたよ、DVDレンタルしに行ったり(笑)。でも、ココで開催することが決まったのは、たまたまなんですよ。このゲオ金沢御経塚店が、イベントごとの協力が大好きな店舗だったらしくて。

――地元に凱旋し、参加者たちと対戦していかがでしたか?

ダブル うーん、もう、楽しかった! 皆さんと対戦できてうれしかったですし、北陸の“鉄拳勢”のなかで、面識のなかった人も何人か参加してくださってて、そういう人たちとも対戦できたのは本当によかったです。これからも、もっとがんばろうと思えた1日でした。

――また、旧友の仲であるであるオカティさんと、久しぶりに対戦してどうでしたか?

ダブル それもうれしかったです。これをきっかけに、オカティがesportsといいますか、『鉄拳』のプロに興味を持ってくれたらうれしいですね。昔から、ずっとライバル意識をお互い持って闘ってきたんですよ。だからこそオカティが、『鉄拳』のプロになって、またいっしょに戦ってくれたらいいなと思っています。

――北陸勢の方々も、アットホームな雰囲気で迎え入れていたのが印象的でした。

ダブル 小学生のころにはもうゲームセンターで対戦していたので、本当に小さいころから面倒見てもらっていた方たちもいるんですよ。だから、小さいころから『鉄拳』をやっていて良かったなと、改めて感じました。

――では、講習会はいかがでしたか?

ダブル 初めて人に教えるということもあり、最初はすごく緊張していました。最初、ちょっとミスしちゃって、もう帰りたい! って思ったくらいでした(笑)。ただ、最初の参加者の方がすごくいい人で、その人のおかげで、そのあと順調な講習ができたと思っています。参加者の方々にちゃんと伝えられたかどうかは分からないのですが、それぞれの疑問への最適解は答えることができたと自分では思っています。

――今後、ダブルさんが教える講習会などがあれば、やってみたいと思いますか?

ダブル それはぜひやってみたいですね。僕の知識や影響で、皆さんに『鉄拳』をもっと楽しくプレイしてほしいですし、皆さんにもっと強くなってほしいと、今回のイベントを通して思いました。もう少しトークがうまくなるように勉強しますので、ぜひ僕を呼んで講習イベントをやってほしいです(笑)。

――ちなみに個人的にお聞きしたいのですが、金沢でオススメしたいグルメはありますか?

ダブル お寿司ですね! これはもうぜひ、食べてほしいです! のどぐろや、エビが有名で、超おいしいですよ。あと、都内のお寿司を初めて食べたとき、鮮度の違いに逆に驚きましたよ。それ以来、一切食べてない(苦笑)。それくらい違いがあるので、金沢に来たらまずはお寿司ですよ!

――ぜひ食べてみます!  最後に、今年参加される“EVO 2018”への意気込みをお聞かせください。

ダブル 応援してくれている方々のためにも、なんとしても最終日には残って、がんばっている姿をアピールしたいです。僕の持ち味は、ロウ1本で勝ち上がることだと思います。多数のキャラクターを駆使して戦うスタイルが昨今多い『鉄拳7』ですが、自分のスタイルを崩さずに、ロウで攻め上がりますよ!

26
27_compressed

記者の目

筆者が感じたのは、とにかくダブルが地元で愛されているの分かるほど、アットホームな雰囲気が会場全体を包んでいたこと。参加者全員が終始笑顔で、和気あいあいとしたイベントとなっており、見ているこちらも楽しい気分にさせてくれた。
また、その活気のある会場に、ゲオ店舗内の一般客たちもついつい足を止めて試合を観戦している姿が印象的だった。今後は、8月11日に愛知県、8月12日に大阪府、8月25日に千葉県、8月26日に福岡県で、同様のイベントが開催される。気になる方は、ぜひ公式サイトをチェックしてほしい。

※公式サイト

28
ちなみに筆者は帰る前に、ダブルさんにオススメをいただいたお寿司を食べました!やっぱりのどぐろ、エビが本当に新鮮でおいしかったです~!!

ライター:西川くん

ダブル関連記事・動画

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る