ファミ通AppVS イベントリポート

『ストV』“はつめ”が新規加入! 『R6S』紅白戦などで盛り上がった、“第2回 父ノ背中 ファンミーティング”リポート&“はつめ”インタビュー

2018年7月28日、e-sports SQUARE AKIHABARAにて、ゲーミング集団“父ノ背中”のファンイベント“第2回 父ノ背中 ファンミーティング”が開催された。本イベントは3部構成となっており、本記事では1部の模様をお届けする。記事の最後には、新たに加入が発表された、はつめへのインタビューもお伝えしていこう。

01
02
03
司会は“父ノ背中”代表・てるしゃんが務めた。
04

イベントがスタートすると、まずは“父ノ背中”のメンバーが登場。会場には女性ファンが数多く集結していたこともあり、会場からは黄色い歓声があがっていた。軽いトークのあとには、新情報の発表コーナーへ突入。新メンバーが加入するということが発表されると、ファンたちから「おおっ!」という声も。

05
06
07
08
新メンバーは……タチャンカ3人!?
09
というわけではなく、けんきが飼っている愛猫“クロム”と“カリブ”が新加入。けんき曰く「快く引き受けてくれました」とのこと。すでに、“Team GRAPHT”製のゲーミングデバイスを(遊び道具、寝床として)提供しているのだとか(笑)。
10
そして3人目は、はつめ!

はつめといえば、おもに『ストリートファイターV』で活躍しているプロゲーマー。すでにCOMPからスポンサーを受けているほか、“父ノ背中”と言えば、『レインボーシックス シージ』で成績を残しているチームということもあり、会場からも「えっ!?」というような、驚きの声が多くあがっていた。

11

ステージに登壇したはつめは、挨拶するとともに、加入の経緯について語る。はつめがCOMP経由での活動をしているなかで、“父ノ背中”のメンバーと知り合いになり、交流が増えたことで、“父ノ背中”側からオファーをいただいたそうだ。また、今後について、はつめは「1年間ソロでやってきたので、みなさんと活動できると思うと安心します。ひとりだと、結構寂しかったんです」とコメントした。ちなみに、加入が決まったのはなんと2週間前とのこと。また、はつめの加入と同時に、“父ノ背中”のスポンサーにCOMPが加わることも発表された。

メンバーが罰ゲームで悶絶!?

続いて、“父ノ背中”のメンバーたちで紅白戦を実施。ルールは5ラウンド先取で、敗北したチームに罰ゲームが与えられる。チームの振り分けは、以下の通り。

12
13
14
15
ゲーム開始前には、はつめが初仕事として、選手たちへのリポーターを務めた。

対戦するマップは、観客たちの要望により登場したばかりの新マップ“VILLA(ヴィラ)”に決定。最初はけんき率いるBチームが4ラウンド一気に奪取しリード。このまま勝負が付くかと思われたが、工兵率いるAチームがなんとか逆転し、ついには延長戦に突入。しかしそこからガチモードに入ったBチームが、一気に勝負を決めて、Bチームの勝利となった。けんきは「最初さくっと勝てそうだったから、ラッシュ仕掛けたりして遊んでたらヤバくなっちゃいました(笑)。後半はマジでやりましたね」とコメントしていた。

16
17
18

罰ゲームは、チーム全員で苦いお茶を飲み干すというもの。なかでも工兵は、本当に辛かったのか、吐き出しそうな表情を浮かべていた(笑)。

19
えっ……マジで飲むの? といった空気のなかで……。
20
グイッと一気!
21
(マジで苦い……)

続いては、AチームとBチームに分かれて、設問の答えを全員で一致させる“意思疎通ゲーム”で大盛り上がり。“付き合いたくないメンバーは?”、“いちばんモテなさそうなメンバーは?”、“けんきの欠点は?”といった、なかなかに突っ込んだお題づくしで、選手たちや観客たちもワイワイと笑いながら盛り上がったコーナーとなった。

22
23
24
25

約2時間に渡ってくり広げられたファンミーティングも、そろそろ終了のお時間へ。最後は全員でお別れのあいさつをするなか、てるしゃんは「メンバーたちの新たな魅力を見せることができてよかったです。反響があれば、ぜひ今後もファンミーティングを開催したいですね」とコメントし、イベントは終了となった。

26

新加入のはつめにインタビュー

今回、“父ノ背中”に加入することが発表された、はつめ。イベント終了直後に、加入に至る詳細な経緯や、今後についてなど、より具体的なお話をうかがった。

――ステージでも軽く説明していましたが、今回“父ノ背中”に入ったきっかけを、改めて詳しく教えてください。

はつめ 半年前ぐらいから、じつはチームメンバーの方々と交流があったんですよ。そこから最近、よく“父ノ背中”の皆さんといっしょにお仕事することが多くなって、その流れでいっしょにプライベートでゲームをするようになったり、てるしゃんさんともお話を何回かしたんですね。そしたら、ある日けんきさんから「“父ノ背中”、どうですか?」って電話が来たんです。“こんないきなり、そんなお話する!?”って驚いちゃいました(笑)。そこから、COMPさん、“父ノ背中”さんともお話を重ねて、加入することを決めました。

――お話をいただいた際に、はつめさんは悩まれましたか?

はつめ とても悩みました。これまでの、いろいろなゲーミングチームからお誘いを受けることはあったんですよ。ですが、私としては個人で、競合会社の少ないCOMPさんからスポンサードを受けている、という部分がいろいろな意味で動きやすかったんですよ。いい意味で、COMPさんに囚われない環境というのが好きだったんです。どうしようと思いつつも、“父ノ背中”さんなら良いのかな、と思える自分もいたんですね。“父ノ背中”は、“Team GRAPHT”が付いているので、アーケード型コントローラーにも強かったり、対戦格闘ゲームのプロゲーマーへの理解が深いので、そういった面での安心感もあったんです。だったら、私を良い方向に導いてくれるかもしれないと考えて、加入を決めたんです。

――今後、“父ノ背中”の一員だからこそ、やっていきたいことはありますか?

はつめ “父ノ背中”は、今回のイベントもそうですが、ファンの方々と直接会う機会をすごく多く設けているチームだと思います。普段応援してくださってる皆さんに、感謝を伝えるというのは、私もどんどんやっていきたいです。プロゲーマーになりちょうど1年くらいですが、応援してくれる人たちは本当に大事だなと実感していて。東京だけなら割と簡単にイベントは開催できますが、“父ノ背中”は全国各地で活動しているので、私もぜひ地方のほうにも行かせてもらいたいです。

――“父ノ背中”はプロゲーミングストリーマーということで、ストリームに力を入れていますが、はつめさんも今後、ストリームを中心に活動されるのでしょうか?

はつめ CPTなどもあり、8月は大会が続くため難しいかもしれませんが、大会の少ないオフシーズンでは、なるべく配信したり、YouTubeに動画を投稿していきたいですね。ほかのメンバーの方々のように、多く配信や動画投稿はできないと思うのですが、FPSもプレイしていて、格闘ゲームにも精通している自分だからこそ、できる活動をしていきたいですね。

――ちなみに、“父ノ背中”といえば『レインボーシックス シージ』だと思うのですが、はつめさんはプレイされていますか?

はつめ 初心者に毛が生えたくらいです。最初はよくプレイしていましたが、長く追っていたわけではないですね。ただ、“父ノ背中”のメンバーの方々に、いっしょに遊ぼうと誘われることがときどきあって、そこで遊ぶたびに“このゲーム、私には難しすぎるなぁ”って感じちゃいます(苦笑)。

――なるほど。はつめさんは今後も変わらず、『ストV』のプロとして活動されるんですよね。

はつめ そうですね。ただ、これまで以上に大会を回れる機会が増えたりすると思うので、もっともっと活躍できる幅が広がりそうです。また、FPS関連のイベントなどにもしかしたら出れるかもしれないので、プロゲーマーとしての仕事も増えるかもしれません。

――また、COMPさんは今後もはつめさんへの個人スポンサーは継続される、ということでいいのでしょうか?

はつめ そこは変わらないですね。そこにさらに、“父ノ背中”へのスポンサーが増えたので、私に二重丸が付いてる感じです。“父ノ背中”に付いてはいますが、基本的には私自身を中心にスポンサーをしてくださる方向……と聞いていますが、本当に所属が決まったばかりで、何も細かいところは正直決まってないので、まだまだ分からないことだらけです。

――ちなみに、“完全栄養食”と銘打たれたCOMPの製品を、はつめさんはどのように活用しているのか、教えてください。

はつめ 大会中は、本当に重宝します。基本的に大型大会の会場って、ご飯を食べる場所が少ないんですよ。とくに海外大会はそうですね。あと、海外だと現地のご飯が口に合わないこともあったり、待機時間が長かったせいで、もうすぐ試合ってときにお腹が空いちゃう、なんてこともあるんですよ。そういうときに、COMPのグミをパクパク食べたり、COMPのドリンクを飲んだりして過ごせるのは嬉しいです。遠征の際に、持ち運びやすいのもポイントですね。ちなみに味は、ちょっとクセはありますが美味しいですよ! グミの場合、1粒食べたら、2粒、3粒と食べちゃう、そういう意味でもクセになる不思議な魅力を持っています。皆さんもぜひ食べてみてください!

――ぜひ食べてみたいです! そして今回、メンバーとしては初のイベント参加となりましたが、いかがでしたか?

はつめ “いよいよ、新メンバーの発表です!”という流れのとき、心臓が口から出てくるかと思うくらい緊張していました。もう、控室で「ムリムリムリムリ!」って言いながら(笑)。ただ、“父ノ背中”のファンの皆さんは、アットホームな雰囲気かつ、やさしいことを知っていたので、そこを思い出して乗り切りました。

――それでは最後に、はつめさんの今後の意気込みをお聞かせください。

はつめ “父ノ背中”のファンの方々にとっては、対戦格闘ゲームのプレイヤーが入ることに驚かれたと思いますし、私のこともゲームのこともあまり分からないと思います。そういう人たちに、対戦格闘ゲームのことや、対戦格闘ゲームのプロシーンの魅力というものを広めていきたいです。対戦格闘ゲームで私を知っている人たちにとっては、逆に“父ノ背中”を通して、FPSのおもしろさなどを広める、両ジャンルの懸け橋になりたいですね。FPSと対戦格闘ゲーム、両方の世界に浸かっている自分だからこそ、そういった活動をしていきたいです。

また、『ストV』の部分では、今後参加できる大会も増えるでしょうし、よりいままで以上に結果を残さなきゃいけないという、良い意味でのプレッシャーを背負うことになります。“父ノ背中”というチームに、自分が見合うように、周りの人たちに認めてもらえるよう、勝ちを目指して頑張ります。

ライター:西川くん

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る