ファミ通AppVS イベントリポート

【OW】今年のワールドカップはどうなるか?日本代表GM Jerophilip、コーチXQQインタビュー【FLASH OPS TOKYOリポート】

Blizzard Entertainmentよりサービス中のチーム対戦型シューター『オーバーウォッチ』。本作の国別対抗戦“オーバーウォッチ ワールドカップ 2018”の日本代表が登場した公認オフラインイベント“FLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER”が、7月22日にLFS池袋 esports Arenaで開催された。

DSC_8672_R

“FLASH OPS TOKYO 2018 SUMMER”は、オーバーウォッチ ワールドカップ日本代表、CYCLOPS athlete gamingの『オーバーウォッチ』部門選手が一同に会する、一般来場者参加型の公式公認のコミュニティーイベントだ。そんなの、ファンとして行かないわけにはいかない。

イベントでは、オーバーウォッチ ワールドカップ日本代表 壮行会、日本代表による“Monster Shield KR”とのエキシビジョンマッチのほか、日本代表選手による1対1の講習会、日本代表選手を交えた1on1トーナメントなど、ここでしか楽しめないイベントが実施された。

DSC_8644_R

日本代表は、韓国、ロシア、日本、フィンランド、中国、台湾、香港の韓国グループにはいり、8月17日~8月19日の期間中予選を実施する。

オーバーウォッチ リーグのDallas Fuelに所属するTaimouほかHouston OutlawsのLinKzr、Frorida MayhemのZappisを有する“フィンランド”、そしてワールドカップ2連覇を達成している強敵“韓国”と同じグループとなり、厳しい戦いになることは想像に難しくない。 壮行会では、「本戦に出られるよう、がんばります」とリーダーのClaireはじめコーチのXQQはコメントしている。

この熾烈なグループ予選へ臨むにあたっての意気込みや、日本代表及びCYCLOPS athlete gamingの選手陣についてインタビューでお聞きしているので、ぜひ本稿最後のインタビューまで目を通して欲しい。

DSC_8639_R
Overwatch Contenders Pacificに出場している、韓国の強豪チーム“Monster Shield KR”とのエキシビジョンマッチが実施。代表選手の生プレイを間近で見ながら、モニターで観戦した。応援上映のようで楽しい。
DSC_8631_R
選手が、近すぎる!
DSC_8636_R
日本最強のトレーサー使いと言われるTa1yo。マウスパット、そうやって使っているんですね。そんな新たな発見もありました。

同イベントで筆者が注目したのは、日本代表選手による1対1の講習会。プロ選手が隣に座り直接始動してもらえる、かなり貴重な経験なんじゃないか? 主催のオーバーウォッチ ワールドカップ日本代表コミュニティ・リードを務めるみずイロさんと、日本代表選手陣に感謝。

IMG_7266_修正
IMG_7270_R
来場者どうしてチームを組み対戦する3on3 トーナメントは、フィギュアといった豪華な賞品が用意され、参加者にも熱が入る。
IMG_7273_R_R
1on1トーナメントにXQQコーチも参戦。ここでは、まさかのXQQの敗北となった。
IMG_7268
このレイヤー、ずるくない?

今回のイベント参加者は80名。スタッフや日本代表選手を合わせると、100名程度がLFS池袋 esports Arenaに集まっただろうか。国内では大規模オフラインイベントなども行われるが、単独タイトルのオフラインイベントは、このくらいのサイズ感が丁度いいと思った次第。

主催者も参加者も全員『オーバーウォッチ』好きという幸せな空間で、なおかつ『オーバーウォッチ』国内トッププレイヤーと交流できる数少ないイベントは、取材とは言え心から純粋に楽しめた4時間だった。

居心地よいイベント

筆者はこういったオフラインイベントへの参加は何度かある。以前、『オーバーウォッチ』イベントに参加して、いろいろと思うところもあったが、結果として楽しめた(記事はこちら)。今回のイベントは、1on1トーナメントや3on3トーナメントが行われ、おもしろそうだと思ったら見たり参加したりすればいい。ただ知り合いと駄弁ってもいい、そんな自由な雰囲気が流れていた。

コミュニティーリーダーのみずイロさんを初め日本代表選手陣と参加者が交流を楽しんでいたりと、コミュニティーイベントならではのよさが溢れるイベントで、個人の感想ではあるがとても居心地のよいイベントだったと思う。

IMG_7297_R参加者の応援メッセージが書かれた、日本代表の応援旗

 

『オーバーウォッチ』は国内のプロチームが相次いで活動を休止するといった、厳しい状況が続いている。オーバーウォッチリーグのTier2リーグであるOverwatch Contendersには、さまざまな不安要素も付きまとう状態だ。

(Overwatch Contendersについてはこちらの記事を参照。なお、現在レギュラーシーズンはオンラインで試合を実施している。→【OW】オーバーウォッチ コンテンダーズ・パシフィックが3月22日より開幕 日本から‟よしもとエンカウント”が出場

そんな中でも精力的に活動を続けているCYCLOPS athlete gamingには、いちファン・『オーバーウォッチ』プレイヤー・そしてメディアとして感慨深いものがあるし、ぜひオーバーウォッチ ワールドカップで日本最強チームの強さを世界に知らしめてほしい。彼らの活躍できっと『オーバーウォッチ』の楽しさがさらに広まりプレイヤーも増えていくだろうし、こういったイベントを継続的に開催しやすくなると思う。

 

オーバーウォッチ ワールドカップ グループ予選は、8月16日~8月19日で開催。最初の対戦相手は、ロシアとなる。ぜひ『オーバーウォッチ』プレイヤーは日本代表を応援してほしい。

※オーバーウォッチ ワールドカップ公式サイト→https://worldcup.playoverwatch.com/ja-jp/

それでは本稿最後に、日本代表ジェネラルマネージャーのJerophilip、ヘッドコーチのXQQによるインタビューをお届けする。オーバーウォッチ ワールドカップへの意気込み、代表選手陣、グループ予選について正直に答えてもらった。

失うものがないからこそ、韓国とは楽しんで戦ってほしい

DSC_8656_R
左からジェネラルマネージャーのJerophilipAKIHABARA ENCOUNT所属)、ヘッドコーチのXQQCyclops athlete gaming所属)

――日本代表が決定しましたが、チームとしての特徴は何でしょうか?

Jerophilip CYCLOPS athlete gaming(以下、CYCLOPS)そのままですね(笑)。

XQQ CYCLOPSらしさがある。だからこそCYCLOPSの弱さも露呈しています。これから弱点を潰していかないといけないです。

――強みと弱点は何でしょうか?

Jerophilip 僕はAKIHABARA ENCOUNT所属ですので、あくまで第三者視点としての意見ですが、CYCLOPSは選手のみなさんの仲がいいですよね。だからこそ甘えが見えるときもある。

XQQ 仲がいいからこそ、相手に意見を言えない。相手に気を使ってしまって、たとえばコミュニケーションを取る場合に伝えたいことを省略してしまい、相手にすべて伝わっていないこともありますね。

Jerophilip でも、いいところもありますよ。例えば、“King’s Row”のマップで拠点A近くにある銅像を「1」と彼らは呼びます。ほかの目印になるマップオブジェクトにも番号を付けていて、それによってコール(※)が早くなります。たとえば、「銅像の左(に敵がいる)!」とコールするより、「1左!」と言ったほうが早いですよね。このちょっとした時間短縮によるコールが、試合を左右することもあります。日本チームならではだなと。

※コール……ボイスチャットを使用した、チーム内のコミュニケーションのこと。フォーカスする敵や敵の位置をボイスチャットで共有することが、『オーバーウォッチ』では大切。

一方で、やはりXQQさんが述べたように仲がよく優しい選手たちなので、相手に気を使ってしまって意見を申せないことが見受けられます。

XQQ みんなそれぞれチームメイトの境遇や性格を知っているので、意見を言って相手を傷つけることはしたくないのだと思います。もしかすると、選手それぞれ思っていることがあると思うのですが、意見を述べずに「このあたりでいいか」と済ましてしまうことがあるようです。そういった部分に関して言うと、ほかの国はいろいろなチームが集まってミックスされた代表チームになるわけで、選手どうし刺激しあえるし、気をつかうこともないでしょうから、日本代表とは違う部分ですよね。

――個人の見解としては、Overwatch Contenders Pacificリージョンでプレイオフ進出を決めたCYCLOPSがそのまま日本代表になるというのは、チームとして成熟していると思っています。昨年より期待できる代表チームだと思っていましたが、そういった弱さもあると。

XQQ 昨年のオーバーウォッチ ワールドカップ 2017は、USG Supreme(Libalent Supreme)とUSG Iridataの選手陣で構成された混合チームとなりました。違うチームの選手といっしょにプレイすることは、少し遠慮する部分も最初はあったようですが、やはりとてもいい刺激になったと思います。まったく別のチームのプレイヤーに意見を言われるのは、同じチームメンバーに意見されるよりも受け入れやすいと思うんです。もともと第三者だったプレイヤーから意見されるのは貴重ですし、そこが昨年のいいところでしたね。

先ほども述べた通り、同じチームで代表選手を固めてしまうと、弊害も出てしまうなと。これからはジェネラルマネージャ―とコーチを含め、選手陣どうしで遠慮なく意見を言えるようにしたいです。

DSC_8635_R

――GM、監督としてこの問題にどう取り組んでいくのでしょうか? XQQさんはCYCLOPSのコーチでもあるので、大変そうですね。

Jerophilip それについては、もともと第三者である僕が取り組んでいく課題だと思います。僕は普段はAKIHABARA ENCOUNTで活動しているので、CYCLOPSに対して疑問に持つこともあります。僕がフィードバックで意見するほうが、きっと選手も飲み込みやすいでしょうし、それが僕の仕事です。

――Jerophilipさんは、CYCLOPSについてどういう印象をお持ちなのでしょうか?

Jerophilip うーん……(苦笑)。

XQQ 甘いよね?(笑)

Jerophilip それについては、XQQさんとたくさんお話ししてきました。日本であれだけ強い選手が集まったチームですから、日本最強という立ち位置は理解できます。

――では、おふたりが一番注目している代表選手はどなたでしょうか?

XQQ 同時に言いましょうよ(笑)。

XQQJerophilip せーの。

XQQ Dep。

Jerophilip けんもほろろ。

――けんもほろろ選手のどういったところに注目しているのでしょう。

XQQ プロプレイヤーとして経験はほか選手より怠りますが、以前よりも練習時間も伸びましたし、吸収するのが早いプレイヤーです。話の理解度が高いですね。彼自身あまり発言する選手ではないですが、フィードバックを経て確実に何か変化しており、修正を加えている選手です。

Jerophilip 日本は全体的にタンク陣が世界に劣っていると思います。今現在、日本最強タンクのプレイヤーを見ても、「俺のほうがイケるんじゃないか?」と思うことも時々あります(笑)。そんな中でも、けんもほろろ選手のプレイに対する考えかたは上手だと思います。D.vaのディフェンスマトリックスの範囲(距離)やブースターを使用した立ち回りなど、そういった面を見るとけんもほろろは、日本で一番のサブタンクだと思います。

XQQ けんもほろろは、昨年はDPS(ゲンジ)をプレイしていて、そのころからセンスは抜群でした。CYCLOPSに入団した際は、DPSロールに空きがなかったのでサブタンクとして入ったもらいました。始めた当初は全然ダメでしたね(笑)。瀕死のゼニヤッタがいたら、死ぬまで追いかけちゃうんです(笑)。「お前はゲンジか!」と思いました。そのころは目の前の敵しか見ていなかったのですが、半年以上プレイを重ねることで、Jerophilipさんが言ったようにディフェンスマトリックスやブースターといった細かいスキルの調整もできるようになり、あの頃とは見違えるように上達しました。

ほかにも、彼のよさはピックプールの広さにもあると思います。DPSもプレイできて、サブタンクもできる。理想的なピックプールですよね。“Flash Ops Tokyo Summer”でハンゾーもプレイしていましたけど、上手かったですし。

DSC_8676_R
イベントでは、誕生日を迎えたばかりのけんもほろろに、サプライズとしてケーキが登場。

――Claire選手、Ta1yo選手はどうでしょうか? ふたりは昨年のワールドカップ オーストラリアグループ予選に出場しており、2年連続代表選出ですね。

XQQ Claire、Ta1yoは、昨年のワールドカップ オーストラリアグループ予選での熱気を受けて、昨年はあれだけ活躍できたことが自信にもつながったようで、『オーバーウォッチ』に対する情熱がより高まったと思います。彼らの熱量の高さは練習からもわかりますし、普段からもビデオを見て研究をして、ぼくに個別で質問や意見をしてくれることがあります。

――やはり、一度大会を経験すると、意識に変化が生まれるんでしょうね。

Jerophilip やはり、本場を体験すると全然違いますね。自分も選手時代に3万人の観衆の前で試合をしました。観客の声援を受けるのですが、あれはずっと忘れられない経験になりました。大きなオフライン大会で声援を受けてプレイすると、もう一度あの経験を味わいたいという、中毒のような症状がでてくるんですよ(笑)。

――あの快感が忘れられないみたいな(笑)。

Jerophilip Claire、Ta1yoは、その経験から出る情熱が絶対にありますね。CYCLOPSが国内最強であり続けられるのは、ClaireとTa1yoの存在がとても大きいと思います。彼らふたりはフィードバックでも発言が多いですし、もしフィードバックで話し合った内容について理解できなければ、すかさず返答してくれますね。「それについてはわかりました。ではこういったシチュエーションではどうなんでしょうか?」という、質問を投げかけてくれることもあります。

XQQ コーチングを“受ける技術”が高いですね。コーチやGMを上手く利用していると思います。コーチとしてもやりやすいですし、選手から質問がくると、話しが発展しやすいですよね。自分が考えてもいなかったことを質問してくれるので、僕自身にとってもかなり刺激になります。

DSC_8597_R
Ta1yo

――Claire選手、Ta1yo選手は、ゲームでもほかの選手陣を先導しているようですね。

Jerophilip その通りですね。先ほど、彼らは疑問点を投げかけてくれるとありましたが、そういう選手は、もし危機的状況になっても落ち着いて指示できますね。オーダー力の高さにも繋がっています。

――ゲーム中でもショットコーラーとしてClaire選手が指示しているのでしょうか?

XQQ 『オーバーウォッチ』は、狙う敵を指示する“フォーカスコール”と、アルティメットアビリティを管理する“アルティメットコール”、敵のポジションを報告する“スカウティング”、そして最も大事である動きを指示するインゲームリーダーがいます。インゲームリーダーはClaireとTa1yoが行っています。

Jerophilip わかりやすく説明すると、6人で力を合わせて1枚の絵を描くとイメージすればいいんです。「手はこういう形がいいね、顔はこうだといいね」と言うのがClaireとTa1yoです。そして選手たちは、その指示にしたがって動く。この指示があるとないとでは、試合運びは大違いです。

DSC_8651_R
Claire

 

――なるほど。そして指示通り絵を描く、高い技術を持っているプレイヤーが集まっていると。では、オーバーウォッチ ワールドカップ グループ予選では、絶対王者の韓国を始め、台湾、ロシア、フィンランド、香港と対決します。とくに韓国はオーバーウォッチ リーグ(以下、OWL)のドリームチームのような編成です。いち『オーバーウォッチ』プレイヤーとして、OWLの選手と同じ土俵で戦えることは、とても羨ましいですし、いい経験ですが、なによりも勝ってほしいところです。彼らにどう対抗していこうと思いますか?

XQQ 選手たちは、「韓国グループはかなりキツイね」と言っていまして、憧れの選手と戦うことになるのでやはり難しい戦いであることは理解しています。ですが内心は「絶対にやってやる」と思っていますね。

Jerophilip 僕としては、韓国と戦うときは気軽に、楽しんで戦ってほしいです。だって、失うものがないですから。もし負けてしまっても、「やっぱり強かった」で終わりますし、日本が1ラウンドでも勝ったら、「日本やるじゃん!」と思われると思うんです。恥をかくことはないと思います。怖気づいてしまわずに、「日本の実力をすべて見せてあげる」という心づもりで、思う存分戦ってほしいですね。

僕自身も選手時代にビックネーム相手と戦うときは、失うものがないからこそ「負けても恥はかかない。実力を見せてやろう!」くらいの気持ちでした。むしろ、実力が均衡しているチームより、戦いやすいと思います。

XQQ むしろ韓国は、3連覇がかかっていますから、とんでもないプレッシャーを受けていると思います。弱いところから強く成長するのも大変ですが、トップをキープするほうが大変ではないかなと。

Jerophilip グループリーグでは、韓国以外で勝利を納め、さらに韓国戦でいいシーンを見せられたらそれでいいですよね。そうしたら、ほかの代表チームへのいい牽制になるかもしれません(笑)。「まさか日本がここまで韓国相手に戦えるとは」と思わせる。それを利用して、相手を威圧させられたら、大成功だなと。

――グループステージ上位2チームが本選(BlizzCon 2018)出場権を得られるので、韓国・日本でグループステージ突破が目標であると。

XQQ 僕やJerophilipさんの気持ちとしては、日本代表はフィンランドとロシアには負けないと思っています。それぐらい高いポテンシャルを選手たちは持っています!

――台湾はどうでしょうか? DeToNator台湾マネージャーであるふーちゃんがジェネラルマネージャーを務めており、日本はマークされているんじゃないかなと思っています。

Jerophilip おそらく、勝てると思います。

XQQ 現在行われているOverwatch ContendersにCYCLOPSは参戦していますが、同じくOverwatch Contendersに参戦しているNOVA ESPORTSは台湾代表、HONG KONG ATTITUDEは香港代表でおもに構成されています。彼らとの試合はほぼ勝っているので、自信はあります。

Jerophilip むしろ、韓国以外に負けてはいけないですね。

XQQ いいプレイヤーが揃っているので、僕ら含めチーム全体でこれからどのくらい成長できるのかが肝ですね。

――分かりました。XQQさんは『バトルフィールド』シリーズで有名になり、『オーバーウォッチ』でもプロ選手として活動されていました。選手からコーチに立場が変わったいま、心境の変化はいかがでしょうか?

XQQ CYCLOPSは成績がよく、褒められることもあり光栄ですが、自身のコーチング能力が足りていないと実感するときがあります。ゲームを教えるは得意ですが、コミュニケーションの仕方やチームとしての役割についてはまだまだ教えられていないところもあるので、こういう機会にJerophilipさんに相談にのっていただいたりしています。

これまであまり関わりのなかった方たちとワールドカップを通じて交流するようになったので、僕自身とてもいい刺激になりますね。“XQQがコーチをしているから、あのチームが強い”と思ってもらえるような存在になりたいので、これからもまだまだ勉強が必要です。

――では、Jerophilipさんにお伺いしたいのですが、なぜ韓国は『オーバーウォッチ』でここまで強くなったのでしょうか?

Jerophilip 簡単に説明すると、これまで韓国人の大半はFPSに興味がありませんでした。FPS人口は少なかったと思います。でも『オーバーウォッチ』はほかのFPSとはかなり毛色が違いますね。矢から龍が出て、手裏剣を投げてさらに剣で攻撃してくるFPSタイトルは、ほかに知りません。どちらかというと、スキルの使いかたが重要なMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)寄りです。

例えば、ゲンジがアルティメットアビリティの竜神剣を使うとします。でも、そのアビリティを発動したとたんに、敵にマークされてキルされてしまうこともありますよね? そこで韓国は「いかにしてゲンジが安全かつ楽にアルティメットアビリティでキルを量産できるか」を初めに考えました。

スキルの使いどころのについての研究は、『リーグ・オブ・レジェンド』(以下、『LoL』)といったMOBAタイトルと共通する部分があると思います。韓国で流行っている『LoL』で培われた戦略が活かされていますね。韓国では、『オーバーウォッチ』のコーチを務めている人は、『LoL』出身の方が多いのも、それが理由のひとつです。

XQQ いま、OWLのLONDON SPITFIREで活躍しているタンクのGESTURE選手は、もともとLJL(League of Legends Japan League)で活躍していた選手です。『LoL』プロプレイヤーとして日本で活動したのち、韓国に戻り『オーバーウォッチ』プレイヤーに転向して成功した選手で、『LoL』が強い韓国ならではのドラマかもしれません。

僕は『バトルフィールド』をプレイしていて韓国人プレイヤーと戦うことがありましたが、彼らはエイムがめちゃくちゃ強かったですね。単純にFPS人口が少ないから強くないわけではなく、プロとして活躍する場がないから注目されなかっただけだと思います。

――お話しが少し脱線してしまいすみません。ありがとうございます。ではワールドカップの話題に戻りますが、8月にはいよいよグループリーグが始まります。今後どういった練習をしていきますか?

Jerophilip 今後は、CYCLOPSがこれまで戦ったことのない韓国チームとスクリムしようと考えています。それと、韓国代表とスクリムができるよう既にオファーをしていて、「OWLが終わったらご連絡しますよ」と言っていただいているので、実現できたらいいなと。

――それは素晴らしいですね!!

XQQ もしスクリムで惨敗してしまっても、相手の実力を知る上ではかなり貴重な試合ですし、なによりOWLの選手とプレイすることは、よい効果しかないですね。

――選手にとって、このスクリムがいい起爆剤になるかもしれませんね。自信にも繋がりますし。

Jerophilip 僕自身としては、ワールドカップという大会の重さを知ってほしいですね。これだけ大規模な大会に出るんだと。トッププレイヤーとスクリムを行える機会に恵まれることは、まずありえないですからね。公園でどれだけサッカーを練習していても、ケイスケホンダが練習相手になってくれることはないじゃないですか。だからこそ、自分たちがかなりレベルの高いに出場するという意識は、持ってほしいです。

――日本代表の選手陣からは、そういう意識を感じられますか?

Jerophilip まだちょっと足りないかな……(笑)。

XQQ いまだ韓国人選手はリスペクトの対象であって、‟それを超えるプレイヤーになる”という考えには至ってないと思います。だからこそ、このスクリムを実現させて選手の成長に繋がったらいいですね。

――最後に、応援してくれている『オーバーウォッチ』コミュニティー向けてメッセージをお願いします。

Jerophilip 僕がこういう質問で毎回言うのが、日本の方は「日本人プレイヤーは弱い」とよく言っていますが、「思ったより弱くないよ」と伝えたいのです。これはよく韓国人プレイヤーとも話していますね。

――もっと、日本のプレイヤーに誇りを持ってほしいと?

Jerophilip その通り。日本人プレイヤー、かなりイケますよ!

XQQ 最近目に見えて多くの応援をいただいているのを実感していますので、その応援に応えたいです。「今回は期待できるな」と思っていただけるよう、がんばります。またこれを機会に、『オーバーウォッチ』をプレイしてくれる人が増えたらいいなと思います。

編集部:工藤エイム

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る