ファミ通AppVS イベントリポート

【フォートナイト】Ninja、TSM Myth、FaZe Tfueらが参戦! 賞金総額1億円の”Summer Skirmish”ウィーク2をリポート

Epic Gamesがサービスを提供中の人気バトルロイヤルTPS『フォートナイト』。8週間にわたって開催される賞金総額800万ドル(約8億円)の対戦シリーズ”Summer Skirmish”(サマースカーミッシュ)の第2週が、2018年7月20日、21日の2日間にわたって開催された。
2週目の賞金は総額100万ドル(約1億円)で、各日ともに50万ドル(5000万円)が割り振られた。週ごとにルールや賞金、参加選手が変わり、今回もEpic Gamesが招待したプレイヤーによって試合を実施。本稿では、ウィーク2の両日の模様を注目選手の視点とハイライトで振り返る。

各週の結果まとめ

ウィーク1リポート

動画はこちら※英語のみ
Youtube:Day1 / Day2
Twitch:Day1 / Day2

第2週のレギュレーション

無題_compressed
ソロ形式 パブリックマッチ全10試合

今回のルールは、ポイント制となっており、下記の条件で順位が決定される。

■ 10試合を終えた時点でスコアの合計を競う”ハイスコア”
ビクトリーロイヤル:5ポイント
エリミネーション:1キルにつき1ポイント
1試合で20キル以上を達成:10ポイント+1万ドル(100万円)※賞金額の日本円はすべて概算

今回の参加者は、Epic Gamesが招待した選手と、以前ゲーム内の期間限定モードとして登場した”Showdown”(ショーダウン)において、顕著な成績を残したプレイヤーで構成される。
※”Showdown”(ショーダウン)とは、2018年5月17日~21日に行われた期間限定モード。ゲーム内の順位に応じてスコアが得られ、そのポイント数を全世界のプレイヤーと競う形式。

prize_compressed
順位と賞金の内訳

最多キルを獲得したプレイヤーには、ボーナス賞金として5万ドル(500万ドル)が支払われる。同数のプレイヤーがいた場合は、山分けになる。

Day1参加者

d1 partic_compressed
Day1参加者の一部

Ninjaなど多数の実力のあるプレイヤーが参加。試合はすべてパブリックマッチのため、直接の対決はない。しかし、ビクトリーロイヤルとキル数が結果に直結しており各々の腕前が試される。

Day2参加者

無題_compressed
Day2参加者の一部

2日目も、Dakotaz、Ali-Aといった人気プレイヤーが参加。こちらも優勝候補が乱立しており、誰が勝ってもおかしくない接戦が予想された。

Day1のハイライト

Day1は、Ninjaをはじめ、TeamSoloMid(以下、TSM)MythとDeaquan、FaZe ClanからCloak、Tfueなど世界的に人気のプロプレイヤー、ストリーマーが多く参戦していた。

多数の参加者が序盤から2ケタのキル数を連発し、激しいトップ争いが展開された。ここからは、とくに盛り上がったシーンをピックアップして紹介する。

ninjasg_compressed
ninjaswin_compressedNinjaが1試合目でビクトリーロイヤル

安定の強さはもちろんだが、魅せるプレイも忘れないのがNinja。バウンサーを駆使し、敵の空中からショットガンを当て敵をキルするなど、トリッキーな動きで観るものを飽きさせない。

nickmercs_compressed
PS4プレイヤーのNickmercs

Nickmercsは、プレイステーション4でベストプレイヤーの一人と称される。ビクトリーロイヤルを決めたこの試合は、14キルしている。

deaquan20bomb_compressed
TSM Daequan

TSM Daequanが20キルを達成し、1万ドル(100万円)を獲得した。チーム内のロールはスレイヤーであるDaequanは、建築や近距離戦の能力が高い。

Day2のハイライト

most elims_compressed
キャスターは(左)Zeke、プロプレイヤーのTSM Hamlinz

Dakotaz、Ali-Aら人気のストリーマーが参戦したDay2。結果としては、上位プレイヤーのポイント差が少なく接戦がくり広げられた。また、3名の選手が同率で最多キルとなる22キルを叩き出した。

とくに今大会を沸かせたのは、”SolaryTV”というフランスのチーム。その”SolaryTV”のメンバーのプレイを中心にDay2の名場面をお伝えする。

SolaryTV

SolaryTVは、ストリーマーとプロプレイヤーが所属するハイレベルなチーム。Fortnite以外にも、League of Legendの選手が在籍している。

20bombv2_compressedSolary Hunterが20キルでビクトリーロイヤル
celebrate20bomb_compressed
チームメイトと喜びを共有

Solary Hunterが20キルを達成し、100万円のボーナス賞金を獲得すると、メンバーが駆け寄り抱き合って祝福。

bouncekill_compressed
再びビクトリーロイヤル

敵に有利な位置を取られてしまうが、建築とバウンサーを利用し一気に距離を詰める。空中でサブマシンガンのヘッドショットが決まり、14キルとビクトリーロイヤルで19ポイントを獲得。

ウィーク2 各日の結果

Day1

rus1_compressed

【ウィーク2 Day1の順位と賞金】

順位  プレイヤー名 ポイント  賞金
1位  iDropz_Bodies 184  60,000ドル(600万円)
2位  FaZe Cloak 165  48,000ドル(480万円)
3位  NickMercs 159  40,000ドル(400万円)
4位  NRG Zayt 149  36,000ドル(360万円)
5位  Reaverlol 149  32,000ドル(320万円)
14位  Ninja 140  10,000ドル(100万円)

【Day1Most Kills】

プレイヤー キル数 ボーナス賞金
 iDropz_Bodies 24  6万ドル(600万円)※

※最多キル 5万ドル+20キル以上 1万ドル

Day2

rus_compressed

【ウィーク2 Day2の順位と賞金】

順位  プレイヤー名 ポイント  賞金
1位  KamoLRF 174  60,000ドル(600万円)
2位  Supremacy Vato 172  48,000ドル(480万円)
3位  Teekzie 167  40,000ドル(400万円)
4位  Gentside Thevic 162  36,000ドル(360万円)
5位  VP 7SSK7 158  32,000ドル(320万円)

【Day2Most Kills】

プレイヤー キル数 ボーナス賞金
 LPDAKING / Andeeza / Teekzie
22  6万ドル(600万円)※

※最多キル 5万ドル+20キル以上 1万ドル

Day1では、FaZe Cloakが2位、Ninjaが14位にランクイン。しかし、ここで注目したいのは、iDropz_BodeisとNickmercsのコンソールプレイヤーが上位に食い込んでいること。

Nickmercsは、元Call of DutyプロプレイヤーのNadaShotが創設したesportsチーム、”100 Thieves”所属のプロプレイヤー。一方で、iDropz_Bodeisは”Showdown”の成績でEpic Gamesから招待を受けた。全プレイヤーの中で圧倒的なポイントを獲得しているが、試合後に彼の勝利について一部で物議が醸されている。

プロからは、プレイステーション4ユーザーとPCプレイヤーのレベルには差があり、ルール上公平ではないとの声もある。さらに、ウィーク1のサーバーの問題を考慮して、今回はパブリックマッチを用いて実施された。

さまざまな課題もあるが、まだウィーク2を終えたばかりであり、Epic Gamesはつぎに向けて改良を進めていくであろう。

シーズン5 関連記事

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る