ファミ通AppVS 業界ニュース

【PUBG】世界大会‟PGI 2018”ではチャリティーマッチを開催 Ninja、Shroud、釈迦、Nigongoらが参戦

PUBG Corp.は、ドイツ・ベルリンにて2018年7月25日~29日に行われるサービス中のPC用バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』世界大会“PUBG Global Invitational 2018(PGI 2018)”について、同大会で‟PGI Charity Showdown”を実施することを発表した。

 

‟PGI Charity Showdown”は、40名の世界各地の有名ストリーマー対、トーナメントに出場する40名のプロプレイヤーによる大会。 賞金総額は100万ドル(日本円にしておよそ1億円)となり、各プレイヤーは獲得した賞金を寄付する慈善団体を選べるという。

今回Twitterで発表された参戦予定ストリーマーの中には、『フォートナイト バトルロイヤル』の人気ストリーマーとして知られるTyler “Ninja” Blevinsや、Cloud9所属・元『CS:GO』(『カウンターストライク:グローバルオフェンシブ』)トッププロのMichae”shroud” Grzesiek、DrDisRespectと、かなり豪華な顔ぶれ。

日本からは、DeToNator所属SHAKA、DetonatioN Gaming所属 Nigongo、CYCLOPS athlete gaming所属キマリ=ロンゾ、THE SHABLES所属RccKMaYbeが参戦予定だ。

賞金

1位:600,000ドル(1プレイヤーあたり150,000ドル)
2位:300,000ドル(1プレイヤーあたり75,000ドル)
3位:100,000ドル(1プレイヤーあたり25,000ドル)

※PGI Charity Showdown

https://www.pubg.com/2018/07/18/pgi-charity-showdown/

 

★小ネタ

‟PGI Charity Showdown”出場予定のshroudが所属するCloud9の『CS:GO』部門は、アメリカ空軍(US Air force)とのパートナーシップ契約を結託。これを記念したPVが公開中。

このスポンサーシップにより、 ELEAGUEが主催する『CS:GO』コンペティティブシーンの活性化、空軍とのコラボビデオの提供などが行われる。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る