ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】ガチくんがインドネシア大会でCPT初優勝を飾る!【CPT】

2018年7月7日、8日に開催されたインドネシアの格闘ゲーム大会“Abuget Cup 2018”。『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下、『ストV AE』)部門は、公式大会“CAPCOM Pro Tour”(以下、CPT)のアジア地域ランキングイベントに認定されている。『ストV AE』部門には50人がエントリーし、日本のガチくんがCPT初優勝を飾った。

Abuget Cup 2018概要
開催国・地域:インドネシア
開催時期:2018年7月7日、8日

■Abuget Cup 2018結果

順位 選手名(使用キャラ) CPTポイント
優勝 ガチくん (ラシード)[日本] +150
準優勝 Xiaohai (キャミィ)[中国] +70
3位 キチパーム(ザンギエフ)[日本] +40
4位 Xian (いぶき)[シンガポール] +20
5位 Chuan (ガイル)[マレーシア] +10
5位 Denesis (ベガ)[香港] +10
7位 Poongko (アビゲイル)[韓国] +1
7位 Humanbomb (春麗)[香港] +1

総参加人数:50人
※トーナメント表(TOP8)

日本からも複数のプロゲーマーが参加した本大会。予選から激しい戦いがくり広げられ、決勝は日本のガチくん(ラシード)と先日のCEO2018で2位入賞のXiaohaiの組み合わせに。地上戦を中心に堅実な立ち回りでXiaohaiの動きを封じて、ガチくんが3-1で勝利した。

なお、FAVgamingのsakoも出場。オンライン大会、CEO2018と好調をキープしていたが、本大会は予選でガフロ、ガンファイトといった日本勢に敗れポイント取得はならなかった。

indo01
indo02

 

記者の目

今回、ガチくんがカプコンプロツアー初優勝。これまで多くの大会で上位入賞していただけに非常に意外な印象を受けました。また、個人的に注目したいのがキチパーム。シーズン2ではジャパンカップ2017で3位入賞を果たすなど、ザンギエフを使った豪快なプレイスタイルが魅力の選手でした。しかし、今シーズンはなかなか上位まで勝ち上がることがなく苦戦をしていましたが、今回ようやく3位に食い込めました。これを期に、また豪快なプレイを見せてほしいですね。(編集部 豊泉

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る