ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】CPTプレミア大会“CEO2018”が決着。藤村が3度目の大会制覇を達成【CEO2018】

アメリカ・フロリダにて、2018年6月29日~7月1日(現地時間)にかけて大規模格闘ゲーム大会“CEO2018”が開催された。競技種目のひとつ『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下、『ストV AE』)部門は、公式世界大会“カプコンプロツアー”(以下、CPT)のプレミア大会に指定されており、世界各国から強豪プレイヤーが集結。計568名の選手が出場し、日本の藤村が優勝に輝いた。

大会概要

■開催場所:アメリカ・フロリダ
■日時:2018年6月29日~7月1日(現地時間)
■大会形式:シングル戦、2~3試合先取制ダブルイリミネーション
■参加者:568名
■配信チャンネル:Twitch / YouTube
■トーナメント表:smash.gg

CEO2018 上位結果

順位 名前 使用キャラ 国籍 獲得CPTポイント
優勝 藤村 いぶき 日本 700
準優勝 Xiaohai キャミィ 中国 270
3位 Phenom ネカリ/ガイル ノルウェー 200
4位 sako メナト 日本 160
5位 INFILTRATION メナト/ジュリ/春麗 韓国 130
6位 Xian いぶき シンガポール 130
7位 Verloren キャミィ 韓国 100
7位 NuckleDu ガイル/キャミィ アメリカ 100
CEO2018 Huzimura
優勝した藤村

優勝選手解説

藤村
おもなプレイ地域・コミュニティー:日本
所属チーム:不動
おもな使用キャラクター:いぶき

最終日にはアジア、アメリカ、ヨーロッパの選手が上位に勝ち上がり、国際色の強いトーナメントとなったTOP8。ウィナーズ1回戦は藤村とsakoの日本勢どうしの対決となり、藤村が勝利。sakoはルーザーズセミファイナルまで勝ち上がるもののPhenomのネカリの圧力に押し負けて4位の結果となった。

藤村はウィナーズファイナルにてXiaohaiに3-2で敗れてルーザーズに落とされるが、続くPhenomとの対戦に勝利。グランドファイナルでXiaohaiと再対決の流れとなる。Xiaohaiのオフェンス力は鋭く、キャミィが体力リードするシーンが目立つが、いぶきは逆転を狙うスタイルで応戦。いぶきが順調にラウンド取得を重ね、3-1でリセットした後は流れを逆転されることなく3-0で決着した。

藤村は今回でCPTランキングイベント3度目(うちプレミア2度目)の制覇となり、総合ランキングで単独トップに。sakoは先日の東アジアオンライン大会制覇に続いて大きくポイントを稼ぎ、11位にポジションを上げている。現在の全ランキングでは藤村[日本]、INFILTRATION[韓国]、ときど[日本]、NL[韓国]の上位4名が抜けているものの、5位からはポイントに大きな開きがなく、これからも白熱のランキング戦が期待できそうだ。

IMG_7879
選手自身で入場時の曲をチョイスできるのがCEOの特徴。
IMG_8032
入場時用に“ネタ”を仕込む選手も多い。写真はナックルドゥがミカのコスプレイヤーとともに入場するシーン。
IMG_8007
S__43221041
S__43221043
S__43221044
試合は本物のプロレスのリング上で行われた。
IMG_8100
IMG_8226
藤村がルーザーズから勝ち上がり優勝。

大会終了直後のsakoインタビュー

 

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る