ファミ通AppVS 新着記事

【PUBG】国際大会“PGI”に出場するチームも決定!“PJS βリーグ Phase2 Class1”Day6会場リポート

いよいよ最後の試合!

2018年6月30日、東京・中央区の東京テレビセンターにて、PCゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下『PUBG』)のDMM GAMES公式大会”PUBG JAPAN SERIES βリーグ Phase2 Class1″Day6が開催された。

画像1

【タイムシフト視聴】

“PUBG JAPAN SERIES(以下、PJS)”は、日本国内における『PUBG』プロリーグ設立を目指すリーグ形式の大会。

この日は“PJS βリーグ Phase1 Class2”の1位から6位を含む20チームで構成された、オフライン大会の“PJS βリーグ Phase2 Class1”が開催された。

“PJS βリーグ Phase2 Class1”の試合は、全3日制で合計9回開催。最終日は、ラウンド7からラウンド9までが実施される。

9ラウンドを終了した時点で、総合成績の下位6チームが次回リーグのClass2に降格。残りの14チームがClass1に残留する仕組みだ。

また、Phase1・2の総合結果で1位・2位になったチームは、ドイツ・ベルリンにて7月25日~29日に開催される国際大会“PUBG Global Invitational 2018”(以下、“PGI”)に出場することになる。

画像2

【開催日】
2018年6月30日

【試合形式】
全3試合:SQUAD
ラウンド1:FPPモード(Erangel)
ラウンド2:TPPモード(Miramar)
ラウンド3:TPPモード(Erangel)

【出場チーム】
・THE SHABLES
・SengokuGamingDestroy
・Crest Gaming Xanadu
・Crest Gaming Windfall
・Rascal Jester
・SunSister Suicider’s
・CYCLOPS athlete gaming
・V3 FOX
・Zaphkiel Gaming
・Zoo Gaming / Penguin
・野良連合 Grim Reaper
・SCARZ
・USG-Hyster1cJam
・Gaming Team AEGIS
・Astro9
・ISG Albatross Bloom
・PENTAGRAM Revive
・ROX Orcas Blue
・PNG Fairy
・oracleNox

好ポジションが一転する目まぐるしい戦いに!

“PJS βリーグ Phase2 Class1”Day6は集まった選手たちが談笑をしながらも、会場は程よい緊張感に包まれていた。

早く会場に集まった選手同士の会話も弾んでおり、最終日のやる気も十分の様子だ。

画像3

実況はOooDa氏、解説はSHAKA氏。インタビュアーは橘亜李彩氏、アナリストコーナーはabara氏が担当を務めた。

画像4
▲左から、実況のOooDa氏、解説のSHAKA氏。
画像5
▲インタビュアーの橘亜李彩氏。
画像6
▲幕間に試合分析コーナーを進行するabara氏。

ラウンド7

【ドン勝チーム】
Zoo Gaming / Penguin

画像7

ライブ配信の様子

FPPモード(一人称視点)で進行するラウンド7は、最終日ということもあってか積極的な動きを見せるチームの目立つ試合となった。

TPPモードと遜色ない的確な動きでの物資集めから、チームの連携もこれまで以上に磨きがかかっているような立ち回りが見られた。

中でも、仲間との連携を意識し積極的に攻めていったZoo Gaming / Penguinは、セーフゾーンから外れても落ち着いて対処し、有利なポジションを確保。

ほかのチームとの遭遇も多かったZoo Gaming / Penguinだが、高いキル数を稼ぎつつ最終戦まで生き残り、勝利を収めた。

画像8
▲セーフゾーンの動きかたで、チームの遭遇が何度も発生。高所を確保していたチームも、移動を余儀なくされる展開が続いた。

“Zoo Gaming / Penguin”ドン勝インタビュー

――ドン勝おめでとうございます! いまの心境をお聞かせください。

Ruytv選手 キル数も多く稼げて、自分たちのプレイスタイルでドン勝を取れたのがうれしかったです。

――ここまでの試合から、改善した点などはありますか?

Ruytv選手 中途半端に動くより、強気に、迷わないプレイングを意識しました。

試合結果

画像9

ラウンド8

【ドン勝チーム】
Crest Gaming Xanadu

画像10

ライブ配信の様子

砂漠マップ“Miramar”での試合となったラウンド8は、遮蔽物の少なさからか、序盤から戦闘に入るチームが多くなった。

起伏の多いマップの特徴を活かし、隠れながらの長期戦も勃発。車両の横転など、“Miramar”ならではの事故が目立つ展開も続いた。

一方で、バイクを使い素早く高所を確保する選手も現れるなど、“Miramar”対策もしっかりとしている様子だった。

終盤は家屋に潜むチームが複数現れ、近距離で睨みあう緊迫した展開に。激戦を生き残り、Crest Gaming Xanaduがドン勝を決めた。

画像11
▲家屋にいるチームがパルス収縮で移動を余儀なくされる状況に。家屋に近づくチーム、出たいチームの激戦で多くのチームが脱落していった。

“Crest Gaming Xanadu”ドン勝インタビュー

――ドン勝おめでとうございます! いまの心境をお聞かせください。

Shianblue選手 最高です!

――つぎはいよいよ最後のラウンドとなりますが、意気込みをお願いします。

Kaiph0ne選手 いつも通り、落ち着いてプレイできたらと思います。

試合結果

画像12

ラウンド9

【ドン勝チーム】
野良連合 Grim Reaper

画像13

ライブ配信の様子

本大会最後の試合ということで、各チームが積極的にぶつかり合う激戦に。ランキング上位のチーム同士が衝突する、緊迫した展開が続いた。

つぎに脱落するチームが予測不可能な状況での試合が続き、ここまで活躍してきた上位チームも早々に脱落。

最後には、野良連合 Grim ReaperとZaphkiel Gamingの一騎打ちとなり、激しい撃ち合いの末に野良連合 Grim Reaperが勝利した。

画像14
▲ここまで順位を伸ばしてきたチームが早い段階で全滅。どのチームが勝つのか、まったく予想できない展開となった。

“野良連合 Grim Reaper”ドン勝インタビュー

――大会最後の一戦でのドン勝おめでとうございます! いまのお気持ちを聞かせてください。

LyzeFelt選手 ラウンド9はピンチになることもありましたが、最後に味方と連携をとって勝つことができたのでとてもうれしかったです。

――最終ラウンド、勝利できた要因やポイントはどこでしょうか?

LyzeFelt選手 味方がスナイパーライフルで倒されてしまった際、味方の報告で敵の位置を完璧に把握することができました。そのときに敵を倒して、ほかのチームの襲撃にも対処できたのは、いいプレーができたなと思っています。

試合結果

画像15

最終結果

“PJS βリーグ Phase2 Class1”Day6にドン勝を取ったのは“Zoo Gaming / Penguin”、“Crest Gaming Xanadu”、“野良連合 Grim Reaper”の3チーム。

Day6の総合結果においては2位に“Crest Gaming Xanadu”、“Zoo Gaming / Penguin”が首位に輝いた。

画像16

ラウンド1~9の総合結果では、Day6でも大活躍だった“Crest Gaming Xanadu”が1位に。

画像17

Day6でいちばん多くキル数を稼いだのは、“Zoo Gaming / Penguin”のRuytv選手。最終試合まで、激しい撃ち合いの中で14キルを稼いだ。

画像18

Phase1・2モストキル賞授賞式の様子

ここからは、Phase1・2の総合結果をもとにした授賞式の様子をお届けする。

“PJS βリーグ Phase1 Class1”でいちばん多くキル数を稼いだのは、“THE SHABLES”のLia-EMT選手。

合計で22キルと、圧倒的な数字を獲得している。

画像19
画像20

Phase2からは、同着でふたりの選手が受賞。

“Crest Gaming Xanadu”のAries選手と、“oracleNox”からyuu_v_icm選手が19キルを獲得した。

画像21
画像22
▲(左)“Crest Gaming Xanadu”のAries選手、(右)“oracleNox”のyuu_v_icm選手。

Class1 Phase1・2優勝チーム授賞式の様子

最初にトロフィーを贈られたのは、Phase1で1位となった“THE SHABLES”。

Phase2での結果は振るわなかったが、今後も意欲的に大会に参加していくとのことだ。

画像23

続いて、Phase2で1位となった“Crest Gaming Xanadu”にトロフィーが贈呈された。

画像24

Class1 Phase1・2総合結果

大会の最後には、“PGI”への参加資格を手にすることができる、Phase1・2の合計ポイントが1位・2位となったチームが発表された。

画像25

“PJS βリーグ Phase2 Class1”総合結果では、キル数やドン勝も取った“Crest Gaming Xanadu”が1位に輝いた。

“Crest Gaming Windfall”も2位に残り、両チームが“PGI”へのキップをその手にした。

画像26

総合1位“Crest Gaming Xanadu”インタビュー

――総合1位おめでとうございます! いまのご感想をお聞かせください。

Shianblue選手 すごくうれしいです! チーム全員で団結して、持ち味の出せた、いい試合ができたなと思っています。

――本日の試合を振り返って、思い出に残っているラウンドはありますか?

Shianblue選手 砂漠マップの“Miramar”はこれまで結果を残せていなかったので、チーム全員で今回はがんばろうと話していました。結果的に、ラウンド8でドン勝を取れて成長を実感できました。

――最後に、“PGI”に向けた意気込みをお願いします。

Shianblue選手 自分たちのプレイングが、世界にぶつけて通用するのかがすごく楽しみにしています。今回の試合では機材トラブルで再試合にもなりましたが、“PGI”前にトラブルを経験できたのはむしろ強みになるなと。国際大会でも結果を出せるよう、チーム全員ががんばっていきます。

総合2位“Crest Gaming Windfall”インタビュー

――“PGI”に向けて、対策などは考えていますか?

MrYoppy選手 これまでも、さまざまなチームが国際大会に参加して、他国チームの力強さというものを体感していると思います。相手に対して真っ向から撃ち合うのか、回避や待ち受けての襲撃など、これから対策を考えていきたいと思います。

――最後に、“PGI”に向けた意気込みをお願いします。

MrYoppy選手 対策を練って、世界での優勝も狙っていきます!

記者の目

ついに決着がついた“PJS βリーグ Phase2 Class1”。

大会を通して有利ポジションの確保が重要視されてきたが、今回の試合では安全地帯の移動により高所が潰され状況が一転する場面も。

高所を確保できなかったチームがドン勝することもあり、どこにパルスが収縮しても立ち回り次第で逆転できることを示してくれた。

今回上位2チームになった“Crest Gaming Xanadu”、“Crest Gaming Windfall”は、ドイツ・ベルリンにて国際大会“PGI”に出場することになる。

画像27

“PGI”へのキップを手に入れた2チームの、国際大会での活躍にも注目していきたい。

また、次回リーグの開催も決定したため、今回参戦していたチームがふたたび競い合う日も楽しみだ。

▼PJSβリーグDay6リポート動画

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る