ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】テッシュもんが今季2勝目! スペイン大会「ADFT IX」結果【TWT】

8か月に及ぶ『鉄拳』の国際トーナメントシリーズ“TEKKEN World Tour”(鉄拳ワールドツアー)(以下、TWT)。TWT公認のチャレンジャー大会“ADFT IX”が、2018年6月23~24日の2日間スペインのバルセロナにて開催された。ヨーロッパの強豪が集まった大会は、イタリア在住の日本人ティッシュもんが優勝した。なお、そのほかの日本勢や韓国勢の出場はなかった。

ADFT IX

■日時:2018年6月23日、24日
■場所:スペイン・バルセロナ
■グレード:チャレンジャー
■大会形式:ダブルイリミネーション
■賞金:Prize Pool Bonus 1000ドル
■配信チャンネル:Twitch
※トーナメント表
参加者:92エントリー、日本人はティッシュもんが参加(イタリア在住)
※大会公式サイト

【大会結果】

順位  プレイヤー 獲得ポイント
1位  ティッシュもん(マスターレイヴン)[イタリア]  150
2位  Fergus(飛鳥、ラッキークロエなど)[アイルランド]  100
3位  Kaneandtrench(吉光)[イギリス]  75
4位  Kalak(リリ)[フランス]  45
5位タイ  Banbino(一美)  25
5位タイ  Fireblade(仁)[フランス]  25
7位タイ  Ghirlanda(ジョシー)[イタリア]  10
7位タイ  Super akouma(豪鬼)[フランス]  10

スペインで開催された“ADFT IX”。
ティッシュもん、Kaneandtrench、Super akoumaなどのヨーロッパを代表する強豪選手が一堂に会した。グランドファイナルは、ティッシュ[W]vs.Fergus[L]。

image1
△Fergus(左)と、ティッシュもん(右)

ウィナーズファイナルでもこの組み合わせは行われており、ティッシュもんが3-1で勝利している。
Fergusは、グランドファイナルの初戦を“飛鳥”で落としたところでキャラクターを“ラッキークロエ”に変更。ティッシュもんの怒涛の攻めに対し、勝負所の“レイジアーツ”(体力が少ない時に相手の技を受け止めて出せる大技)が炸裂。

image2

その後も要所でFergusはジャブやワンツーなどの細かい技で相手の攻め手を狂わせては、要所のコンボ始動の大技を当てていくことでティッシュもんに食らいつくが、細かい技のダメージ蓄積と壁を絡めたコンボダメージの総量の差でティッシュもんが今期TWT予選では2度目の優勝を決めた。

image3
△コンボ選択の難しいマスターレイヴンで、大ダメージコンボをしっかり決め切ったティッシュもん。

■優勝選手解説
ティッシュもん(Tissuemon)
おもなプレイ地域・コミュニティー:イタリア
所属チーム:Cyberground Gaming
おもな使用キャラクター:マスターレイヴン
『鉄拳5』時代に大阪を拠点とし、全国的にその名を轟かせていた。海外留学を経てイタリアへ移住、プロ契約を結び、TWT Finals 2017にも進出。マスターレイヴンの動きを引き出すために多彩な技を使いこなし、いまだ衰えぬ超反応を武器に速い試合展開を制していくプレイスタイル。

記者の目

今期TWT予選では、ウィナーズファイナルで当たった後にグランドファイナルでも同じ組み合わせになることが多いが、そのほとんどでウィナーズ側が勝利している。
グランドファイナルでの勝利条件は、ウィナーズ側は3勝×1セットだがルーザーズは3勝×2セットの取得が必要となるダブルイリミネーション方式はルーザーズが不利に見えるが、ルーザーズ側が1セットを取ったところから勢いそのままにウィナーズ側を逆に追い詰める形で逆転優勝というのも珍しくない展開だ。TWTが2年目ということもあり、選手たちの精神的な強さの成長も大会結果に反映されているのかもしれない。(ライター:ゼウガル

 

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る