ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】FAV gaming所属のsakoが東アジアオンライン大会を制覇【CPT2018】

2018年6月23日、『ストリートファイターV アーケードエディション』の世界大会“カプコンプロツアー”(以下、CPT)のオンライン予選大会が実施。FAV gaming所属のsako(メナト)が優勝した。

このイベントは東アジアを対象としたCPTのランキング大会。ネットワーク対戦機能を用いたオンライン大会となっており、日本、韓国、台湾、香港から参加可能となっている。プレイヤーたちは自宅から出場可能ということもあり、各国から総勢158名の選手が出場。日本からはプロゲーマーを含む多数の強豪たちが参戦し、上位8名のうち7名を日本勢が占める結果となった。

大会概要

■日時:2018年6月23日
■大会形式:シングル戦、2~3試合先取制ダブルイリミネーション
■配信チャンネル:Capcom Fighters
■トーナメント表:smash.gg

大会上位結果

1位 sako(メナト)[日本] CPTポイント+150
2位 ボンちゃん(ナッシュ/かりん)[日本] CPTポイント+70
3位 板橋ザンギエフ(アビゲイル)[日本] CPTポイント+40
4位 ふ~ど(ミカ)[日本] CPTポイント+20
5位タイ ももち(コーリン)[日本] CPTポイント+10
5位タイ NL(キャミィ)[韓国] CPTポイント+10
7位タイ 竹内ジョン(ラシード)[日本] CPTポイント+1
7位タイ かずのこ(キャミィ)[日本] CPTポイント+1

※記事初出時に2位の獲得ポイントが間違えていましたので、修正いたしました。

参加者:158名

ウィナーズファイナルはsakoとボンちゃんの対決。ボンちゃんはかりんを使用し、試合カウント3-1でsakoが勝利する。ボンちゃんはルーザーズファイナルを勝ち上がり、グランドファイナルにてsakoと再戦。ここでボンちゃんはキャラをかりんからナッシュに変え、リセットに成功する。しかしリセット後はsakoがナッシュに対応。ソニックブームに立ち大パンチを合わせて相打ちを狙うなどの対策を見せ、3-0で封殺して決着となった。

cpt01
大会3
大型大会で久々の優勝を達成したsako。優勝後は嬉しい表情を見せていた。

■優勝選手解説
sako
おもなプレイ地域・コミュニティー:日本
所属チーム:FAV gaming
おもな使用キャラクター:メナト

記者の目

選手自身がWeb配信を行いながら試合に出場するのは、オンライン大会ならではの光景だ。今回のオンライン大会には、sakoを含む複数のプロゲーマーたちが同室に集って出場。sakoの配信チャンネルで生放送した試合模様では、そのプロゲーマーたちがsakoやほかの選手の試合を応援する声が聞かれ、真剣勝負を大勢で見守る独特の雰囲気を感じさせた。

動画にはハイレベルな対戦内容とともに、そういったプロゲーマーたちの仲のいいつながりが残されているので、ぜひその部分にも注目してみて欲しい。また、sakoが優勝を決めた後には長めにインタビューとフリートークが放送。今回獲得したCPT150ポイントの価値や、sakoが『ストV』になってから優勝から遠ざかっていた話など、対戦シーンのファンには必聴の内容となっているので併せて楽しんでみてはいかがだろうか。(H.H)

ライター:H.H

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る