ファミ通AppVS イベントリポート

【CoD: WWII】世界大会‟CWL Anaheim”が開催。日本チームはオープンブラケットでベスト48位に

ミリタリーFPS『コール オブ デューティ』シリーズを販売する“Activision”と、Activision Blizzardが母体となる“Major League Gaming”が運営するesportsリーグ“Call of Duty World League”(以下、CWL)が、2018年6月15日~18日にカリフォルニア州アナハイムで開催された。

本大会はグローバルオープンイベントとなるため、2018年度の試合で手に入れたCWL Pro Pointによって決められた順位を基準に、北米地域から上位10チーム、ヨーロッパ地域から上位5チーム、アジア太平洋地域から上位1チーム、そして“オープンブラケット”を勝ち上がった4チームが出場。計20チームによるトーナメントが実施された。

このオープンブラケットには125チームが出場。オープンブラケットは、“Call of Duty World League Anaheim – Team Pass”を購入することで、4名の選手とコーチの計5名がオープンブラケットにエントリーできる仕組み。競技者が18歳以上であれば参加できるため、平たく言うと一般プレイヤーにも門戸が開かれているのだ。

なお、今大会はオープンブラケットに日本国内の4チーム(Rush Gaming、XIA、DetonatioN Gaming、SCARZ)が出場した。先に結果をお伝えすると、4チームともにオープンブラケット初戦で敗北し、オープンルーザーズブラケット(敗者復活戦)から再スタートを切ることになった。

闘会議プロ対抗戦優勝、現在国内プロ対抗戦でポイント1位のRush Gamingは敗者復活戦Round3でCyberstormGGに敗北。DetonatioN Gaming、SCARZは敗者復活戦Round4(準決勝)に駒を進めることができたが、勝ち上がることはできず、プレイオフ進出は果たせなかった。

オープンブラケット結果

<Round1>

  • BRASH 2-0 XIA
  • Imoerial 2-0 DetonatioN Gaming
  • Impact Gaming 2-0 Rush Gaming
  • Enigma6 2-0 SCARZ

オープンブラケット初戦は全4チームともに敗北となった。しかし、その後行われたオープンルーザーズブラケット(敗者復活戦)では、Rush Gaming、DetonatioN Gaming、SCARZが勝利を収めている。

オープンルーザーズ(敗者復活戦)結果

<Round1>

  • qsp 0-2 Rush Gaming
  • ZoneGGs 0-2 DetonatioN Gaming
  • ImperiumHQ 1-2 SCARZ
  • Nobodys 2-1 XIA

Rush Gaming、DetonatioN Gaming、SCARZはオープンルーザーズブラケット(敗者復活戦)初戦を勝利しており、2日目に行われたRound2へと駒を進めることができた。

<Round2>

  • Rush Gaming 2-0 MidwestArena Esports
  • DetonatioN Gaming 2-0 Convict
  • SCARZ 2-1 Dream Conspiracy

MidwestArenaEsportsの@EsportsMidwest vs. @RushGamingJP | CWL Anaheimをwww.twitch.tvから視聴する▲Midwest Arena Esportsが公開している、Rush Gaming戦の直撮り試合映像

<Round3>

  • Rush Gaming 0-2 CyberstormGG
  • Lerhal Divide 0-2 DetonatioN Gaming
  • SCARZ 2-1 noname10

Round3で、Rush GamingはCyberstormGGに接戦を持ち込んだが、惜しくも敗北。

 

<Round4>

  • T3H eSports 2-0 DetonatioN Gaming
  •  VirtuosoGG 0-2 SCARZ

ルーザーズブラケットRoud4(準決勝)まで勝ち進んだSCARZとDetonatioN Gaming。両チームともに残念ながらRoud4で敗北し、CWL Anaheimオープンブラケットはベスト48で終了となった。

日本チームはプレイオフ出場こそ果たせなかったものの、125チームが出場した厳しいオープンブラケットにおいて敗者復活戦の準決勝まで勝ち進み、初出場とは思えない活躍を見せれくれた。選手陣も初の世界大会で何か手ごたえを掴んだ様子で、来る6月23日開催予定のプロ対抗戦第3回では、さらにレベルアップした戦いを見せてくれることだろう。

▲Roud3、noname10に勝利したSCARZ

▲DetonatioN Gamingがスポンサードを受けているLogitechのグループ企業‟ASTRO Gaming”が撮影したDetonatioN Gamingの写真

CWL Anaheim優勝は米プロチーム“

優勝は、米プロチームの“Rise Nation”となった。Rise Nationは前大会のCWL Seattleでも優勝しており、本大会のPool Bでは3勝1敗の強さを見せる強豪チーム。Championship Winnersブラケットでも、1度も試合を落とすことなく順調に駒を進めている。

グランドファイナルは、“Rise Nation” vs “Red Reserve”の対決となったのだが、両者が本トーナメントで顔を合わせるのは2度目だ。一度目は、Championship WinnersブラケットRound3でRise Nationが3-2でRed Reserveを下し、Red Reserveは敗者復活戦に挑むことになったのだが、敗者復活戦を見事勝利したRed Reserveは、再びChampionship Winnersブラケットへと返り咲いたのだ。

一度戦った相手と再戦することになった両チーム。手の内を見せてしまった以上、接戦が展開された。

第1試合のハードポイントは、大きいリードこそないものの、終盤で点数に差をつけられ、250-220でRed Reserveが勝利する。続くサーチ&デストロイは4-6、キャプチャーザフラッグは2-3でRise Nationが勝利。

2-1でマッチポイントとなった最終ラウンドのドミネーションでは、Red Reserveの猛攻に耐えるRise Nationで、点数差も作れずなかなからちがあかない状態だった。どちらが勝つか分からない状況だったが、終盤にThomas “TJHaLy” Haly選手のスコアストリーク“滑空爆弾”と“戦闘機乗り”でRed Reserveを抑えることに成功。結果、250-246のギリギリでRise Nationが勝利し、CWL Anaheimチャンピオンに輝いた。

20180618174328
20180618174351
ASTRO Gaming MVPを獲得したのは、Rise NationのPeirce “Gunless” Hillman選手。ハードポイント、サーチ&デストロイ、キャプチャーザフラッグすべてにおいてキルレーティングが1.11を超える安定性。ちなみにGunless選手はアニメ好きの模様。Twitter:https://twitter.com/i2gunless

CWL Anaheim順位

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る