ファミ通AppVS イベントリポート

【PUBG】“PJS βリーグ Phase1 Class2”Class1に昇格する6チームが決定!総合結果は“Astro9”が1位

Class1への昇格チームが決定!

2018年6月1日、PCゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下『PUBG』)のDMM GAMES公式大会”PUBG JAPAN SERIES βリーグ Phase1 Class2″Day3が開催された。

画像1

【タイムシフト視聴】

“PUBG JAPAN SERIES(以下、PJS)”は、日本国内における『PUBG』プロリーグ設立を目指すリーグ形式の大会。

今回開催されるのは、“PJS βリーグ Phase1 Promotion and Relegation(以下、PaR)”の7位から26位のチームで構成されたオンライン大会の“PJS βリーグ Phase1 Class2”。

上位6チームが“PJS βリーグ Phase2 Class1”に昇格、下位6チームが“PJS βリーグ Phase2 PaR”に降格、残りのチームが“PJS βリーグ Phase2 Class2”に残留する仕組みとなっている。

“PJS βリーグ Phase1 Class2”の試合は、全3日制で合計9回開催。最終日となるDay3は、ラウンド7からラウンド9までが実施された。

画像2

【開催日】
2018年6月1日

【試合形式】
全3試合:SQUAD
ラウンド1:FPPモード
ラウンド2:TPPモード
ラウンド3:TPPモード

【出場チーム】
・ISG Albatross Bloom
・DetonatioN Gaming 2
・JUPITER CORE
・PNG Fairy
・Crazy Cats Cosmo
・PENTAGRAM Revive
・SolRia Gaming
・Astro9
・violet fear
・バナナマン
・ポンデリング
・匠Festival-雅
・DT SBELLION
・Creatives Acquire
・Unlimited HOUNDS
・Naturals北海道
・7th heaven
・oracleNox
・HANAGUMI STRELITZIA
・Avengers

Class1への昇格をかけた最後の戦い!

Day1、Day2で順位に差はついたものの、まだまだ下位チームにも昇格のチャンスが残る中でスタートしたDay3。

Day2では“7th heaven”が2回ドン勝を決めるなど、有利な戦法を確立できたチームが大きく順位を伸ばす結果となっている。

今回のDay3では、各チームがどのような対策を講じていくのかが注目のポイントだ。

前回と同じく実況はシンイチロォ氏、解説はabara氏が務めた。

画像3

▲左から、実況のシンイチロォ氏、解説のabara氏。

ラウンド7

【ドン勝チーム】
“7th heaven”

ライブ配信の様子

Day3の1試合目は、各チームがマップの南側に着陸し、北側へと収束していく安全地帯を目指す展開に。

終盤には海岸に多くのチームが集まり、海に入って身を隠すチームも登場。

混戦状態での上陸タイミングをうまく見極め、さらに車などの遮蔽物を上手く利用した“7th heaven”が勝利した。

画像4
▲海の中は大混戦状態に。視野の狭いFPPモードならではの立ち回りだ。

試合結果

画像5

ラウンド8

【ドン勝チーム】
ISG Albatross Bloom

ライブ配信の様子

ラウンド8は川を中心に安全地帯が収束していったことで、前のラウンドに引き続き水中を利用するチームが目立つ試合に。

水中に各チームが集まる中、先に上陸したチームが圧倒的に有利な状況でキル数を稼いだ。

最後は“ISG Albatross Bloom”と“oracleNox”の一騎打ち。“oracleNox”は弾薬が少ない状況で車を盾に粘り続けたが、パルスの縮小で車から離れたところを撃破された。

画像6
▲どちらが勝ってもおかしくない、緊迫したラストバトル。パルスの縮小まで粘り続けた“ISG Albatross Bloom”が勝利した。

試合結果

画像7

ラウンド9

【ドン勝チーム】
ISG Albatross Bloom

ライブ配信の様子

最終結果が決まるラウンド9では、いずれのチームも序盤から慎重な動きが続く。

試合開始から20分が経過しても脱落チームはなく、徐々に銃撃戦の数も増加。安全地帯の縮小がはじまると、移動時の襲撃や接敵でつぎつぎとチームが脱落していった。

ラストは“ISG Albatross Bloom”と“Crazy Cats Cosmo”の決戦。お互いに3人が残った状態での戦闘が続いたが、“ISG Albatross Bloom”が不意打ちに成功して優勢に。

最後は挟み撃ちで確実な撃破を狙い、“ISG Albatross Bloom”が勝利した。

画像8
▲お互いに遮蔽物も多く、攻めにくい状態でのラストバトル。“ISG Albatross Bloom”の積極的な攻勢が功を奏した。

試合結果

画像9

Day3最終結果

画像10

“PJS βリーグ Phase1 Class2”総合結果

画像11

【Class1昇格チーム】
・Astro9
・ISG Albatross Bloom
・PENTAGRAM Revive
・7th heaven
・PNG Fairy
・oracleNox

【Class2残留チーム】
・Crazy Cats Cosmo
・匠Festival-雅
・Avengers
・JUPITER CORE
・バナナマン
・Naturals北海道
・ポンデリング
・violet fear

【PaR移行チーム】
・Creatives Acquire
・Unlimited HOUNDS
・HANAGUMI STRELITZIA
・DT SBELLION
・DetonatioN Gaming 2
・SolRia Gaming

今回は総合結果を意識して各チームとも慎重な立ち回りになる中、“ISG Albatross Bloom”がラウンド8、9と続けてドン勝。好調に順位を伸ばし、Class1への昇格を決めた。

安全地帯の縮小がチームにとって厳しいものになるなど、ポジションの確保がより重要なポイントとなったDay3。

味方と連携して有利位置を確保できたチームが、Class1への昇格を決める結果となった。

今回昇格した6チームが、Class1でもドン勝を決めることを楽しみにしたい。

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る