ファミ通AppVS イベントリポート

【PUBG】“PJS βリーグ Phase1 Class2”Day1は“Avengers”が1位に!上位6チームがClass1に昇格!

Class1への切符をつかみ取れ!

2018年5月18日、PCゲーム『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下『PUBG』)のDMM GAMES公式大会”PUBG JAPAN SERIES βリーグ Phase1 Class2″Day1が開催された。

サムネ

【タイムシフト視聴】

“PUBG JAPAN SERIES(以下、PJS)”は、日本国内における『PUBG』プロリーグ設立を目指すリーグ形式の大会。

今回開催されるのは、“PJS βリーグ Phase1 Promotion and Relegation(以下、PaR)”の7位から26位のチームで構成されたオンライン大会の“PJS βリーグ Phase1 Class2”。

上位6チームが“PJS βリーグ Phase2 Class1”に昇格、下位6チームが“PJS βリーグ Phase2 PaR”に降格、残りのチームが“PJS βリーグ Phase2 Class2”に残留する仕組みとなっている。

“PJS βリーグ Phase1 Class2”の試合は、全3日制で合計9回開催。Day1は、ラウンド1からラウンド3までが実施された。

画像2

【開催日】
2018年5月18日

【試合形式】
全3試合:SQUAD
ラウンド1:FPPモード
ラウンド2:TPPモード
ラウンド3:TPPモード

【出場チーム】
・ISG Albatross Bloom
・DetonatioN Gaming2
・JUPITER CORE
・PNG Fairy
・Crazy Cats Cosmo
・PENTAGRAM Revive
・SolRia Gaming
・Astro9
・Violet fear
・バナナマン
・ポンデリング
・匠Festival-雅
・DT SBELLION
・Creatives Acquire
・Unlimited HOUNDS
・Naturals北海道
・7th heaven
・oracle Nox
・HANAGUMI STRELITZIA
・Avengers

RaPの下位チームによる下克上!

今回は1チーム欠場が出たため、“PJS βリーグ Phase1 Class2”で出場するのは合計19チームとなる。

実況はシンイチロォ氏、解説はabara氏が務めた。

画像3
▲左から、実況のシンイチロォ氏、解説のabara氏。

ラウンド1

【ドン勝チーム】
Naturals北海道

ライブ配信の様子

1試合目は、安全地帯が北東の山側に偏ることに。FPP(一人称視点)モードで視野が狭いということもあり、先に高所を陣取ったチームがキルを取るシーンが目立った。

そんな中、華麗なチームワークで有利なポジションを押さえたのは“Naturals北海道”。見事チーム全員が生き残った状態で勝利を獲得した。

画像4
▲強気な攻めを見せた“Naturals北海道”。ダウンした味方を適切に蘇生するなど、秀逸なリカバリーが目を引いた。

試合結果

画像5

ラウンド2

【ドン勝チーム】
oracle Nox

ライブ配信の様子

終盤、プレイヤーが密集していたエリアから安全地帯が大きく外れる展開に。パルスから逃れるべく奔走する大多数のチームにあって、安全地帯を独占していたのが“oracle Nox”。

安全地帯に近づいてきたチームをつぎつぎとキルし、ラウンド1同様、4人全員生存した状態で“oracle Nox”が勝利した。

画像6

▲安全地帯の先読みをしていたかのような“oracle Nox”のポジショニングが勝利へと結びついた。

試合結果

画像7

ラウンド3

【ドン勝チーム】
Avengers

ライブ配信の様子

Day1の最終試合は、ラウンド1と同じく、山側へ安全地帯が偏った。

車で多くのチームがいる危険地帯をくぐり抜け、安全地帯にいた“匠Festival-雅”のポジションを奪い取る豪快なプレイを見せた“Avengers”。山の上から大量のグレネードを投擲し、隠れているチームを的確にキルし、勝利を収めた。

画像8
▲敵チームの配置を読んだ攻撃が勝利の鍵に。

試合結果

画像9

最終結果

画像10

今回は、“PJS βリーグ Phase1 PaR”で22位の“Naturals北海道”、24位の“oracle Nox”、26位の“Avengers”がドン勝する結果となった。前回は順位が低迷した3チームだったが、どのチームもメンバーを多く残しての圧倒的な勝利を見せた。

解説のabara氏は、「『PUBG』は勝った試合よりも、失敗や事故から学べることが多いので、そういう側面もあって正解に近づいたのかもしれない」と、勝利チームを称えるコメントを残した。

今回の試合を糧に、他チームがどのような動きを見せるのか。今度の展開にも注目していきたい。

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る