ファミ通AppVS 業界ニュース

洋上初のesports施設が登場、クルーズ船内でesportsイベントを開催

ゲンティン香港は、アジア海域で大型客船を展開しているプレミアムクルーズライン‟ドリームクルーズ”にて、洋上初となるesports専用施設を‟ワールド ドリーム”に開設することを発表した

約160㎡におよぶeposrts施設は、VRゲームを楽しめる ESCエクスペリエンスラボの内に位置し、洋上で初となるesports体験のほか、『FIFA18』を用いた親善試合が開催されるとのこと。

esports

eposrts専用施設は、 80名のライブ視聴者と10名のプレイヤーを収容可能。いずれのeposrtsイベントも、999名収容可能なゾディアックシアターやロビー、シルクロードチャイニーズレストラン、全客室からズークビーチクラブまで、屋内外問わず船内の LEDスクリーンやモニター上でライブ放送が行えるとしている。

また、eposrts専用施設では『DOTA』、『ストリートファイター』シリーズや『鉄拳』シリーズなどを用いた無料のワークショップが開かれるとのこと。このワークショップで乗船者は、esports施設のプロフェッショナルからゲームの基本操作などがレクチャーされるそうだ。

※プレスリリース(洋上初となるeスポーツ専用施設をワールド ドリームに開設)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る