ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】「Texas Showdown 2018」Anakinがアメリカ勢対決を制す【TWT】

世界大会“Tekken World Tour 2018”(TWT2018)の予選大会に認定されている格闘ゲームイベント“Texas Showdown 2018”が、2018年5月4日~5月6日にアメリカのテキサスで開催された。参加者のほとんどがアメリカ勢となった本大会は、Anakinが優勝。なお、日本勢の出場はなかった。

Texas Showdown 2018

■日時:2018年5月4日~5月6日
■場所:アメリカ・テキサス
■グレード:チャレンジャー
■大会形式:ダブルイリミネーション
■賞金:Prize Pool Bonus 1000ドル
■配信チャンネル:録画
※TOP8トーナメント表
参加者:150エントリー、日本人は不参加
※大会公式サイト

【大会結果】

順位  プレイヤー 獲得ポイント
1位  Anakin(ジャック7)[アメリカ]  150
2位 Speedkikcs(ファラン、ドラグノフなど)[アメリカ]  100
3位  vShadow_20z(クラウディオ、アリサなど)[アメリカ]  70
4位 P.Ling(シャオユウ、豪鬼)[アメリカ]  45
5位タイ Joey Fury(ジャック7、ポール)[アメリカ]  25
5位タイ  KOR(ポール)[アメリカ]  25
7位タイ Trungy (ギース)[アメリカ]  10
7位タイ Rick_The_Rular(ボブ、ロウ)[アメリカ]  10

参加者のほとんどがアメリカ勢となった今大会は、事実上のアメリカ勢のトップを決める大会といっても過言ではない形式となった。
そんな本大会のグランドファイナルはAnakin[W]vs.Speedkikcs[L]の組み合わせ。

tx01
事実上のアメリカトッププレイヤー対決。Anakin(左)vs. Speedkikcs(右)

SpeedkikcsはウィナーズファイナルでAnakinにメインキャラクターのファランを使用し、なかなか攻めの糸口がつかめないままにストレート負けを許してしまっているため、グランドファイナルではドラグノフで“ロシアンフック・アサルト”を主軸にさらに前に出る戦法をとった。しかし、Anakinの完成されたプレイスタイルは揺らぐことなく、ウィナーズファイルと同様にローリスクハイリターンな攻めの構築で握ったペースを逃さなぬまま、最後は相打ちでのダメージ勝ちで優勝。アメリカのプレイヤーでは今季初のTWTトーナメント優勝を飾った。

tx2
tx03
今年からレッドブルアスリートとして活動しているAnakin。地元アメリカでの優勝は大きな意味があるだろう。

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る