ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】TWT韓国ラウンド“KOREA MASTERS”3位ノロマ、5位タケ。インタビュー

2018年4月28日、29日、韓国・ソウルにて開催された『鉄拳7』の国際トーナメントシリーズ“鉄拳ワールドツアー2018(TWT2018)”韓国ラウンド“KOREA MASTERS”。世界でもっともレベルの高い大会で上位入賞を果たしたノロマとタケ。にお話をうかがった。

※豊泉Twitter(日本勢の状況をツイート)
※ファミ通AppVSTwitter

■KOREA MASTERS
開催場所:韓国・ソウル
開催日:4月28日、29日
※TOP16トーナメント表
配信:TEKKENInvenhitonch

3位 ノロマ(デビル仁、ジャック7、ドラグノフ)

noroma01

おもなプレイ地域・コミュニティー:九州
所属チーム:COOAS GAMES
おもな使用キャラクター:ジャック7、ドラグノフ、デビル仁など

――3位入賞おめでとうございます。

ノロマ 目標のTOP3には入れたのですが、ぜんぜん実力が足りてないですね。実際にトップ層と対戦して実感しました。

――具体的にどういったところが足りないのでしょうか?

ノロマ 2試合先取の短期決戦であれば、対応されるまえに試合が終わってしまうのですが、トーナメントの後半は3試合先取の長期戦になるので、途中で対応されてしまうんです。自分の動きが対応されたときに、すぐ切り替えて対応し返すということができませんでした。

――3試合先取になるとそんなに変わるんですね。

ノロマ 2試合先取と3試合先取ではかなり変わりますね。以前は長期戦より短期戦を強化した方がトーナメントで結果を出しやすいと思っていたんですが、今回トップ層と対戦してやっぱり長期戦の練習も必要だと痛感しました。

――韓国の選手は長期戦が強い?

ノロマ 韓国の選手はふだんから長期戦になりやすい“同段位戦”をバチバチにやってるので、その差が出たんだと思います。

――では、最後に今後の鉄拳ワールドツアーへの意気込みをお願いします。

ノロマ そうですね。これから少しずつ予選をまわっていきたいと思っています。最終的に決勝大会で勝つことを目標にしていますので、この負けを糧にして、しっかり最後につながるようにしたいですね。

タケ。5位タイ

take

おもなプレイ地域・コミュニティー:東京
所属チーム:Team YAMASA
おもな使用キャラクター:一美

――5位タイという結果は、自分としてはどう受け止めているのでしょうか?

タケ。 じつは去年とまったく同じ順位なんですよ。前回より上の順位を目指してやってるので、順位が変わらないというのはぜんぜんダメですね。

――足りないと感じた部分はありますか?

タケ。 足りないというよりはもったいないと感じています。優勝したJDCRには前回勝っていますし、KKOKKOMAにはほとんど負けたことがないんです。彼らが上に行ってるのを見ると、やっぱりもったいないところを落としているんだろうなと。

――韓国ラウンドの2敗はどちらもポールでした。

タケ。 KKOKKOMAには大幅に勝ち越しているのですが、今回初めてポールを出されて負けてしまい、今後はポールに対して被せるキャラクターを用意しておくべきだと実感しました。一美だとメチャクチャやりにくいんですよね。中距離で機能する大きい技を持っているので、それをケアしながら戦うと後手にまわってしまうんです。

――次回までに新しいキャラクターを使うのでしょうか?

タケ。 つぎの大会に間に合うかはわかりませんが、95%くらいの確率で用意すると思います。まあ、いま負けるのはまだいいんですよ。こういうトップ層のプレイヤーと実際に対戦すると、何かしら収穫がありますからね。それを活かしてファイナルで勝てるように調整していくことが大切なんだと思います。「負けたわー。あはは」と言うんじゃなく、しっかり反省してつぎに活かすと。

――今後の鉄拳ワールドツアーに向けた意気込みをお願いします。

タケ。 こういうハイレベルな大会に参加することはモチベーションにつながるので、今後もしっかり参加したいですね。その中でファイナル進出を決めて、最後にいい成績で終わりたいです。

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る