ファミ通AppVS 新着記事

【CoD: WWII】いよいよプロ対抗戦が開幕。各チーム紹介、そして初日の様子をリポート

プロチーム6団体によるプレイステーション4用ソフト『コールオブ デューティワールドウォーII』を用いた賞金総額1000万円のesports大会“『CoD: WWII』プロ対抗戦”が、2018年4月21日より開幕した。

本大会は、初のJeSU認定チームによる大会として2月に開催された“闘会議2018”参加4チーム(CYCLOPS athlete gaming、DetonatioN Gaming、Rush Gaming、SCARZ)に新認定された2チームLibalent Vertex、SunSisterを迎えた全6チームによるリーグ戦となる。

DSC_0031_R
Libalent Vertex
DSC_0034_R
SunSister

6チームによる全5回のリーグ戦を行い、リーグ戦のポイント上位2チームによるグランドファイナルが、東京ゲームショウ 2018で実施される予定。ルールはesportsモードを使用し、BO5(3ゲーム先取)、ポイントは各試合で取得したゲーム数がそのままポイントに反映される仕組みだ。

なお、大会はすべてオフラインで実施されるものの、客入れはされない模様(最終戦の東京ゲームショウは一般公開を予定している)。現地に観客がいないため常時声援が聞こえるような環境ではなく、少々寂しい感じだったのは否めない。ファンにとって好きなプロプレイヤーの試合は生で観戦したいはずなので、せっかくオフラインで開催するのであれば、そのあたりを再検討してもらいたいところだ。しかしながら、YoutubeとTwitchで中継された試合はアーカイブ視聴数も含めて172,000再生数を記録。初日でこの数字は、上々の滑り出しと言えるだろう。

会場は、一般観覧席がないとは言え凝った作りがなされていた。第1回~第5回までストリーミング配信がメインなので、会場に選手モニタ―がなくても、配信のカメラで何とかカバーできるだろう。東京ゲームショウではどのような試合の魅せ方をしてくれるのかは分からないが、CWL(Call of Duty World league)のように各選手のモニターや大きなスクリーンで試合を見れることに期待したい。

DSC_0100_R

国内において月1でプロ選手によるオフライン大会を継続して実施するのは初めてのこと。試合会場は東京都内だが、都内近郊に住んでいないメンバーもいる。選手たちも不慣れな環境(オフライン大会が初めてという選手も)のようで、9月までコンディションを維持するのは、なかなかたいへんであることは想像に難くない。

そんな中で、各チームにインタビューを実施した結果、多数のチームから警戒されているのがRush Gamingだった。“闘会議2018”プロ対抗戦で優勝を果たし、CWL(Call of Duty World League)Anaheimの出場権を獲得。本大会の優勝候補として名も挙がっている。

優勝候補とされる状況がプレッシャーとなり、番狂わせがあるのかまだまだわからないが、初日の結果(総合順位(ポイント))はRush Gamingが6ポイントで1位を獲得している。

【第1回終了時の総合順位(ポイント)】

1位 Rush Gaming 6
2位 DetonatioN Gaming 5
3位 SCARZ 5
4位 CYCLOPS athlete gaming 4
5位 Libalent Vertex 4
6位 SunSister 2
DSC_0093_R

各チーム紹介

CYCLOPS athlete gaming

大阪に拠点を置くCYCLOPS athlete gaming の前身は、esportsチーム“iTem eSports”だ。HqBRa、Szealot、TimGUCHI、そして全国大学対抗戦で選手として出場していたQumadaが、マネージャー兼アナリストとして陰から支えている。インタビューはHqBRaがおもにコメントし、ムードメーカーとしてチームを引っ張っているように見える。

そして、メンバーには全国大学生対抗戦決勝大会に出場したpowapowatanの姿も。「プロとしての重圧がすごく、それなりの覚悟がこれからも必要だと実感した。」(powapowatan)と述べており、“全国大学生対抗戦”ではハツラツした姿だったが、プロ対抗戦では非常に緊張した面持ちだった。

CYCLOPS athlete gamingは初戦のSCARZに3-2で勝利しているものの、続くDetonatioN Gamingでは1-3で敗れている。撃ち合いで圧倒されてしまうシーンが多く、いかにしてカバーを組んで倒されることを少なくするか、また個々の能力の向上が課題になるのではないだろうか?

DSC_0082_R
DSC_0042_R
左からpowapowatanm、Szealot、TimGUCHI、HqBRa

DetonatioN Gaming

日本有数のプロチームDetonatioN Gamingには、闘会議2018のメンバーをベースに、期待のルーキー“AIiceWonderIand”が新リーダーとして加入。試合では、このAIiceWonderIandとGenGar AXの活躍がとても目についた。全体的に撃ち合いが非常に強いチームという印象がある。

「練習はたくさんしてきて、優勝候補のRush Gamingとの交流戦でも勝っている。今回も勝つ自信はある」と述べるAIiceWonderIand。しかし、蓋を開けてみると初戦のRush Gaming戦では2-3で敗北を許してしまっている。それでも、CYCLOPS athlete gaming戦では3-1の圧勝という形で勝利。オフライン大会初参加のメンバーもいるため、環境の違う中で実力を発揮できるのかが鍵だが、Rush Gamingに次ぐ優勝候補チームではないだろうか?

DSC_0010_R
左からxAxSy、GaIiard、GenGar AX、AIiceWonderIand 
DSC_0050_R

GenGar AXやAIiceWonderIandは、全試合を通して平均キルデス比が2.0ほど。
落ち着いて仕事をこなしていた。(写真はGenGar AX)

Libalent Vertex

『CoD』部門を新たに新設し、プロ対抗戦に参入してきたLibalent Vertex。チームの印象はどこよりも活発で明るく、初のオフライン大会でもリラックスした様子だ。
試合では、エースのNicochaaaaaaaannの活躍も然ることながら、Inaba URが試合の展開を変えるシーンも多く見られた。

同じく『CoD』部門を新設しプロ対抗戦に参入したSunSisterとの闘いでは1-3で勝利。続くRush Gamingとの試合では、ハードポイントなどで圧倒されてしまうシーンが多く見られたが、サーチ&デストロイでは、チームプレイではなくあえて個々の動きを重視するという、非常におもしろいプレイを披露している(詳しくは結果まとめページを参照)。

まだ第1回のため情報も少ないが、今後も非常におもしろいプレイを魅せてくれるのではないかと期待したい。

DSC_0086_Rサーチ&デストロイでは、あえて各選手にやり方を任せ、のびのびとプレイさせたLibalent Vertex。
こういった立ち回りやチームプレイもあるのかと、驚かされた試合だった。
DSC_0031_R
左からE3NCOUNT、CoroKanTok、Inaba UR、Nicochaaaaaaaann

Rush Gaming

2016年の結成以降、数々の国内大会で好成績を残しており、優勝候補と言われているRush Gaming。銃撃の貴公子と呼ばれる人気プレイヤーGreedZzと、エースのWinredを筆頭に、個々の能力が非常に高いチームだ。

ただ、第1回ではエースのWinredの調子がイマイチだったように思える。ストリームで配信されなかったDetonatioN Gaming戦では、3-2とギリギリで勝利を納めており、果たして王者のプレッシャーに耐えられるのか? と言ったところ。それでも、第1回では2試合ともに勝利しており、トップチームの矜持を見せた。

DSC_0006_R
左からGreedZz、WinRed、Nami、Ngt
DSC_0093_RLibalent Vertex戦サーチ&デストロイでは、思わぬ苦戦に厳しい顔を見せることも。

SunSister

Libalent Vertexと同じく、『CoD』部門を新たに新設し、プロ対抗戦に参入してきたSunSister。第1回を終えて残念ながら順位は最下位に終わっているが、SCARZ戦での接戦はとても手ごたえを感じただろうし、自信にも繋がったのではないだろうか?

とくにスナイパーの名手のChipと、大学対抗戦で強靭なメンタルと圧倒的強さを見せたまこんぶの活躍は、『CoD』シリーズの古豪チームSCARZを苦しめた。高いポテンシャルを見せたことから、プロ対抗戦ではダークホース的逸材チームとして注目されるだろう。

DSC_0111_R
DSC_0034_R左からSamuNiena、Macomb、Kitty、Chip

SCARZ

大会出場経験も豊富なベデランチームSCARZ。闘会議2018で行われたプロ対抗戦では、Rush Gamingに敗れ惜しくも準優勝という結果から、プロ対抗戦ではこの屈辱を晴らしたいところだろう。

SCARZはLeisiaとPantherが闘会議2018大会から加入し、新メンバーはまだチーム経験が浅いという課題を持っている。それをベテランプレイヤーであるHuntが支えているように感じた。

第1回戦で接戦となったSunSister戦では、Huntが最後まで粘り勝利をつかむラストシーンを見て、長い選手経験で揉まれた彼の成長を強く感じた。彼の背中を見てチームメンバーが成長していくだろう。今後も注目していきたい。

DSC_0039_R
左からGP、Panther、Leisia、Hunt
DSC_0114_R

非常に盛り上がったSCARZ vs SunSister

第1回で、筆者が個人的にとても印象に残っている対戦カードはSCARZS vs SunSister戦だ。古豪SCARZに新参者のSunSisterが食らいつくような接戦で、とくにハードポイントではキルを取ってはキルを取られで、どちらが勝つのか最後の最後まで本当にわからなかった。

一瞬でも気を抜いたら負けてしまう戦いで、選手陣たちの緊張感が痛いほどこちらも伝わる。一般観客はいなくとも、試合会場からは大きな声援が上がり、会場の熱気もグッと上がった瞬間だった。どちらも盤石とは言えないチームながらも、必死なって勝利をつかもうとする姿が忘れられない。もしまだ試合を見ていない方がいるなら、ぜひいまからでも見ていただきたい。(Youtubeアーカイブはこちら→https://youtu.be/UP1p4a7ajII

20180423131309壁一枚を挟んだ激しい銃撃戦が勃発。壁抜きや飛び出しからのキルでなんとかSCARZが勝利した

プロ対抗戦はあと5回実施される予定。第1回でくり広げられたアツい試合をまた5月に見れると思うと、楽しみで仕方がない。各チームがどんな成長を見せるのか注目していきたいと思う。

開催スケジュール

第1回:2018年4月21日(土) 17:00~
第2回:2018年5月19日(土) 17:00~
第3回:2018年6月23日(土) 17:00~
第4回:2018年7月21日(土) 17:00~
第5回:2018年8月18日(土) 17:00~
決 勝:東京ゲームショウ2018
2018年9月20日(木) ~ 23日(日) 時間未定
※決勝は会期中、ステージイベントとして実施予定。

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る