ファミ通AppVS 業界ニュース

Twitch Primeの反響と今後のesports展開は? Twitch“イーサン・エヴァンス”氏インタビュー

ライブストリーミング配信プラットフォーム“Twitch”は、2017年12月より新たな会員サービスとして親会社AmazonのAmazonプライムと連動した“Twitch Prime”の国内提供を開始した。これは、広告なしの視聴、限定のチャット用絵文字やバッジなどの使用、さらにチャットでの名前の表示色の変更が可能になるほか、1チャンネルのサブスクリプションを無料で行えるサービス。また、Twitchと言えば、プロゲーマーのウメハラ氏をグローバルアンバサダーに起用したり、ゲームイベントの配信を行うなどesportsへの関心も高い。本稿では、Twitch CommerceとTwitch Primeの総責任者であるEthan Evans(イーサン・エヴァンス)氏に、Twitch Primeの反響やesports展開についてうかがった。

 

※Twitch Primeの国内サービスが開始、Amazonプライム会員登録で利用可能に
※Twitch COO Kevin Lin×プロゲーマー梅原大吾対談インタビュー! グローバルアンバサダーとしての取り組みとは?

0001
VP Twitch Commerce & Prime
Ethan Evans(イーサン・エヴァンス)氏

――欧米では、Twitch Primeが始まって1年以上が経ちますが、ゲームファンの反応はいかがですか? とくにどんなところが好評なのでしょうか?

Ethan Evans(イーサン・エヴァンス)氏(以下、イーサン) 欧米での開始からこれまでの1年半にわたり、Twitch Primeメンバーから素晴らしいフィードバックをいただいています。さらに多くのお客様にプログラムにご参加いただき、また、ストリーマーが自身の放送中にTwitch Primeについて多く語ってくれており、そのこと自体が非常に素晴らしいフィードバックだと思っております。

Twitch Primeのメンバーは、世界中で有名なゲームのゲーム内コンテンツが追加料金なくお楽しみいただけるほか、30日ごとのTwitchチャンネルへの無料スポンサー登録に加え、広告表示なくTwitchを視聴できるなどのサービスが受けられます。私たちはつねによりよいサービスをTwitch Primeのお客様に届けようと考えており、今週まさにTwitch Primeのメンバーが毎月無料でゲームを遊ぶことができるFree Games with Primeのサービスを立ち上げました。現在、新しい『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』のエモーツ、『Fortnite』、『Call of Duty WWII』のゲーム内コンテンツに加え、『デビル メイ クライ HD コレクション』から第1作『デビル メイ クライ』を切り出したフリー版(2018年4月4日まで)と5つのインディーズセレクション無料ゲームを遊ぶことができます。

――日本でも、昨年末にTwitch Primeが始まりましたが、日本のユーザーからの反応はいかがですか?

イーサン 日本のユーザーからのフィードバックは、世界のほかの国々のユーザーと同様に、「大好きなゲームのアイテムをもらえることに加え、Twitchのコミュニティーとつながれることが素晴らしい」というフィードバックをいただいております。

私たちは株式会社バンダイナムコエンターテインメント、株式会社ポケモン、株式会社カプコンをはじめとする日本の有名なゲーム会社といっしょに働く機会が得られたことに大変興奮しており、また、Twitchを通じてファンの方たちがつながることのお手伝いができることをうれしく思っております。

――今回、日本で“春拳 Spring Fist powered by Twitch Prime”を開催することになったきっかけは?

※『ポッ拳』『ARMS』『スマブラWiiU』世界大会出場権などを懸けて争わた大型大会“春拳”をリポート

イーサン 株式会社ポケモン、任天堂株式会社といっしょに“春拳Spring Fist”をプロデュースさせていただいたのは、日本のTwitch Primeメンバーに日ごろのご愛顧に感謝をお伝えしたいと考えたことに加え、格闘ゲームを応援したいという私たちの気持ちがきっかけとなりました。私たちとしては、今回の開催により、さらに多くの日本のゲームファンの皆様にTwitch Primeをご紹介する機会になればと思っています。

――今回の春拳は、エントリー権をAmazon経由で入手するという仕組みになっていますが、このような形で、今後もAmazonを活用する取り組みが増えていくのでしょうか?

イーサン はい、2014年にTwitchがAmazonの傘下に入って以来、TwitchとAmazonがいっしょになって、お客様に喜んでいただけるような新しい方法を探していました。Twitch Primeそのもの、また、春拳Spring Fist”のようなイベントは、AmazonとTwitchが協業するよい例であり、我々は引き続きこのコラボレーションを続けていきます。

――今後も、日本でゲームイベントを開催していく予定はありますか?

イーサン “春拳Spring Fist”は、日本での最初のTwitch Prime’のお客様向けイベントです。私たちは今後も日本のゲーム会社の皆様とともに、日本のユーザーにゲームを楽しんでいただける方法を探していきたいと思っております。

――以前、Twitchではesportsプレイヤーを積極的に採用しているとうかがいましたがプレイヤーたちの経験は、Twitch Primeのサービスにどのように活かされていますか?

イーサン Twitchは、esportsイベントを見たり、他のファンとつながったり、好きなゲームを応援することができる素晴らしい場所です。Twitch Primeは現在プレイヤーを採用してはいませんが、ゲームファンの皆様に素晴らしいコンテンツをお届けすることに注力しています。これにより、ゲームファンの皆様が、視聴を楽しんでおられるゲームからコンテンツを得られ、好きなブロードキャストを視聴できる機会を提供したいと考えております。

――esportsのほかに、日本でTwitch Primeを展開するうえで、力を入れていきたいジャンルを教えてください。

イーサン Twitchはesportsだけではなく、それ以上の多くのサービスものを提供しています。私たちはいつもゲームのすべての面に注力しています。それは、プロのゲーマー、カジュアルなゲーマー、東京ゲームショウのようなイベント、メディア、パブリッシャー、開発会社に向けた活動すべてを指しています。ここ数年、私たちはゲーム以外のコンテンツの紹介をしています。クリエイティブ、そしてそのプロセス、例えば絵画、料理、作曲などです。もうひとつの人気カテゴリーはIRLです。クリエイターがモバイルで定期的にストリーミングをしていくものです。アニメ、コスプレ、オタク文化、レスリング、これらすべてがTwitchで人気のものです。私たちは日本のブランドと一緒にこのようなコンテンツを広げていく活動をしています。

――最後に、Twitch Primeの将来の展望を教えてください。

イーサン 私たちはTwitch Primeを無料ゲームの提供、好きなゲームのコンテンツそして簡単に好きなストリーマーを応援できる、ゲーマーにとって無くてはならないものにしていきたいと思っています。