ファミ通AppVS 新着記事

【鉄拳7】タイ大会「THAIGER UPPERCUT」は地元のbookが優勝【TWT】

世界大会“Tekken World Tour 2018”(TWT2018)の予選大会に認定されている格闘ゲームイベント“THAIGER UPPERCUT 2018”が、2018年3月24日~25日にタイ・バンコクで開催された。『鉄拳』強豪国の韓国から複数のトッププレイヤーが出場する中、地元タイのbookが優勝を飾った。

THAIGER UPPERCUT

■日時:2018年3月24日~25日(現地時間)
■場所:タイ・バンコク
■グレード:チャレンジャー
■大会形式:ダブルイリミネーション
■賞金:Prize Pool Bonus 1000ドル
■配信チャンネル:Twitch(TGU_main)
トーナメント表(エントリー80名)
※日本人はたぬかなが出場。予選プール敗退17位(LowHigh、Juiestormに敗北)。

【大会結果】

 順位  プレイヤー  獲得ポイント
1位  book(仁)[タイ] 150
2位  Knee(一八、ポール)[韓国] 100
3位  JeonDDing(ラッキークロエ、エディ)(韓国) 70
4位  LowHigh(ドラグノフ、シャヒーン、ラース)[韓国] 45
5位タイ  Loveneet(ジャック7、ジョシー)[インド] 25
5位タイ  kkokkoma(ドラグノフ、ノクティス、一美)[韓国] 25
7位タイ  qudans(デビル仁)[韓国] 10
7位タイ  Meat(ドラグノフ、フェン)[インドネシア] 10

地元ファンの声援を受けるタイのトッププレイヤーbookが、ウィナーズファイナルでKneeと激突。この対決ではKneeがbookを圧倒。しかし、bookはルーザーズファイナルでJeonDDingを撃破し、グランドファイナルでふたたびKneeに挑むことに。1度負けているbookは、Kneeに対して3試合先取マッチを2連続で勝利しなければならない。今シーズン好調なKneeを相手に連勝するのは難しい思われたが、最初の3試合先取マッチをbookが3-1で勝利。ここでKneeは一八からポールにキャラクターを変更するが、bookの勢いを止めることに失敗。ふたたび一八を投入するものの流れは変えられず、bookが3-0で勝利。地元タイのトッププレイヤーが強豪韓国勢を打ち負かしての優勝となった。

taiga01
グランドファイナルは韓国のKneeと地元タイのbook
taiga02
taiga05
見事に優勝を勝ち取ったbook

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る