ファミ通AppVS イベントリポート

【ストV AE】ときどが優勝したRAGE白虎杯の詳細リポートをお届け

2018年3月21日、幕張メッセにて『ストリートファイターV アーケードエディション』(以下、『ストV AE』)の賞金制大会“RAGE ストリートファイターV 白虎杯”が実施。120名が参加したトーナメントをときど(豪鬼)が制覇し、賞金200万円を獲得した。その大会の詳細リポートをお届けする。

※【ストV AE】猛者揃いの“RAGE ストリートファイターV 白虎杯”はときどが優勝!
※【ストV AE】「もう一度ウメハラに挑戦状を」RAGE優勝者ときどインタビュー

ろご1

RAGEはCyberZが主催するesportsイベント。デジタルカードゲーム、シューティング、格闘ゲームといった対戦ゲームを競技種目とし、定期的に開催している大型大会だ。種目によっては上位入賞者に高額賞金が贈呈される大会として知られ、多くの参加者を集める一大イベントとなっている。

今回の“RAGE 2018 Spring”で扱われた『ストV AE』は大会名を白虎杯と称し、出場者を広く募集するワンデイトーナメントを実施。レギュレーションは2試合先取制、敗者復活ありのダブルイリミネーション形式を採用し、120名の選手が出場した。
現地には、EVO2017覇者のときど選手、liquid所属のネモ選手、闘会議2018覇者の板橋ザンギエフ選手といった面々をはじめ、世界を舞台に活躍する強豪プレイヤーたちが数多く来場。国内大会屈指のハイレベルトーナメントとなっていた。

かいじょう
ふうけい
よせん1

予選を勝ち上がり、TOP8に進出したのは以下のメンバー。

板橋ザンギエフ(アビゲイル)
ときど(豪鬼)
マゴ(ラシード)
まちゃぼー(ネカリ)
ふ~ど(ミカ)
ガチくん(ラシード)
みずは(春麗)
ネモ(ユリアン)

ここからはメインの対戦台1セットを用い、すべての試合がストリーミング配信されつつ進行。会場では試合模様が各所のモニタに映され、多くのギャラリーが戦いの行方を見守った。

くみあわせ
とっぷ8
とっぷ8-2
じっきょう
大会模様はストリーミングサイトで生放送を実施。MC席では大和氏(左)、なない氏(中央)、ハメコ。氏(右)が実況解説を担当。

『ストV AE』エリアで進行してきた闘いは、TOP4からはエリアを移動。大型モニタの備え付けられた特設ステージでクライマックスを披露した。

とっぷ4-1
とっぷ4-2
とっぷ4-3
とっぷ4-4

一日をかけたトーナメントを勝ち抜き、グランドファイナルに進出したのはウィナーズのときど選手(豪鬼)とルーザーズのまちゃぼー選手(ネカリ)のふたりだ。
序盤はネカリのジャンプ攻撃が連続で通り、一方的なペースのままネカリが2連勝してリセットに成功する。しかしこの後は豪鬼が立て直し、ネカリの飛びにうまく対応して反撃。試合カウント1-1となり、勝負は最終戦にもつれこむ。最終戦でも接戦となったが、勝負どころでネカリが痛恨のミスをしてしまう。このスキを見逃さずに豪鬼がしっかり反撃を叩きこみ、ピヨりを誘発させてからトドメを刺して決着。RAGE ストリートファイターV 白虎杯はときどの優勝となった。

ぐらんどふぁいなる1
ぐらんどふぁいなる3
ぐらんどふぁいなる4
ゆうしょう
優勝者:ときど
しゅうごう

※大会タイムシフト

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る