ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【鉄拳7】闘会議優勝者“ノビ”インタビュー! 大会裏話やワールドツアーの意気込みも

2018年2月10日~11日にかけて開催された闘会議2018。その2日目に、『鉄拳7』のプロライセンス発行大会“闘会議2018鉄拳7~Break the world~”が実施された。この大会は、事前に行われたオンライン予選から上位3名、公式大会“日本王者決定戦”から上位3名、闘会議2018内で実施されたオフライン大会“鉄拳7 Special 1day match”から上位2名の計8名が出場した。

その中から、みごと優勝を果たしたのは、プロゲーマー・ノビだ。本記事では、優勝したノビ選手へ改めて試合の感想などを伺ったインタビューをお届けする。

※【鉄拳7】プロライセンスマッチ最後の2枠はNOBIとS.H.O.Wが獲得
※【鉄拳7】初のプロライセンス選手が誕生!「闘会議2018鉄拳7~Break the world~」をリポート
※【鉄拳7】選ばれし4選手による戦い“闘会議2018鉄拳7Final〜Royal Championship〜”をリポート

NOBIec
ノビ。
ドラグノフ使いとして知られる、全国屈指の『鉄拳』プレイヤー。山佐やゲームセンター・イスカンダル五井金杉店からスポンサードを受けるプロゲーマー。(以下、文中はノビ)

決勝トーナメントまでのすべての大会が、勝因に結びついた

――まずは、“闘会議2018鉄拳7~Break the world~”、優勝おめでとうございます。

ノビ ありがとうございます。大きな大会では、ここまでチーム戦の大会では何度か優勝していましたが、ひとりで挑む大会は2015年ごろからまったく優勝していなくて。ようやく大きな舞台で、また優勝できてよかったです。大会に勝つ方法を、ようやく思い出しました。「何も考えない」、これがいちばんの理由でしたよ。

――“闘会議2018鉄拳7~Break the world~”は、出場資格が3つの大会で決まりましたよね。

ノビ 僕は3つの大会すべてに出場して、最後の予選となる“Special 1day match”で、出場が決まりました。

――ではまず、最初に出場した“日本王者決定戦”のお話をお聞かせください。ノビ選手は、東日本予選に出場したんですよね。

※日本王者決定戦リポート

ノビ そうです。あの大会は、ギースを使っていたぺこス選手に負けて、敗退しました。

――ギース戦は苦手だったんでしょうか?

ノビ いえ、ギースは得意でした。ただ、コンボミスが多すぎたのが敗因ですね。あのとき試合した環境がいつもと違うラグを感じながらプレイしていて、気の迷いがありました。それがいちばんネックだったと思います。

――つぎに出場したのは、オンライン予選でしたね。

※オンライン予選リポート

ノビ オンライン予選はベスト8止まりでした。最後は、ロウ使いのdoubleに負けましたね。ドラグノフの苦手な壁なしステージが2連続(※ステージ選択はランダムのルールだった)というのもありましたが、そこでも本当に緊張していたみたいで。ふだんのパフォーマンスをまったく発揮できてませんでした。終盤なんか、後ろに下がって様子を見たりしていて、「なにやってんだよ!」って、自分に言いたくなる試合でした。

――ちなみに、ドラグノフとロウの相性はどうなんでしょうか?

ノビ ドラグノフ側から見て、いちばんキツいキャラクターですね。こちらから攻めにいける選択肢が少ないんですよ。さらに、苦手な壁なしステージなわけですから。地獄ような試合でした(笑)。

――なるほど。“闘会議2018鉄拳7~Break the world~”とは関係ないですが、つぎの“Special 1day match”のあいだに、“EVO Japan 2018”にも出場されていましたよね。

※EVO JAPAN 2018リポート

ノビ はい。“EVO Japan 2018”では、相手のキャラクターとの相性を合わせたりして、いろいろ試しながら対戦していました。あとは基本的に、何も考えずに戦おうと思っていたんです。でも、あともう少しで決勝トーナメントというところで、キング使いの破壊王に負けてしまって、13位に終わりました。やはり、あともう少しで……というところで、プレッシャーや責任感みたいなものが頭によぎって、緊張するんですよ。だからこそ、考えすぎるのはよくないと、あのとき感じたんです。それがあったからこそ、今回の闘会議優勝につながりました。

――ノビさんほどの腕前でも、やはり緊張はあるものなんですね。

ノビ 自分でもわからないのですが、年齢を重ねてから緊張するようになりました。数年前までは、とにかく攻めてればいいと考えていましたが、最近は守りのプレイスタイルも増えてきましたし。ただひとつ言えるのは、これまではひとつひとつの大会に、命を懸けてガチンコで挑んでいたからこそ、緊張していたんですよ。ですが、『鉄拳』の大会は今後もたくさん開催されるわけですから、大会ごとに気楽に挑むようにしてみたら、調子がよくなったんです。“EVO Japan 2018”で、それをつめました。

――それが、“Special 1day match”の優勝にもつながったと。

※Special 1day matchリポート

ノビ そうです。あの日は本当に自信がありましたし、心に余裕がありました。ただ、当たる選手たちが本当に強敵揃いで、大変でした。戦った中でも、フェン使いの西選手は本当にキツかったです。西選手とは、10年ぐらいの付き合いがあるのですが、大会前に戦ったときは10本先取で試合をして、10勝0敗で完封したんですよ。でも、大会になったときにはメチャクチャ負けそうになっちゃって。ほかにも、危ない試合がたくさんありました。ただ、その試合にすべて勝てたのも、気持ちの違いだけだと思います。

IMG_5997
スペシャルワンデイマッチでは、準決勝でノロマと激闘をくり広げた。

――そして、プロライセンスの授与が掛かった“闘会議2018鉄拳7~Break the world~”で勝利し、その後の“闘会議2018鉄拳7Final〜Royal Championship〜”で優勝しましたね。

※Break the worldリポート

※Royal Championshipリポート

ノビ 組み合わせも勝因のひとつでしたね。組み合わせはクジを引いて決まったのですが、タケ。(ノビと同じく、山佐からスポンサードを受ける選手)とは、絶対に当たりたくなくて(笑)。同じチームメイトなわけですし、その強さも知っていますから。だからこそ決勝で当たったのは、理想的でした。いっしょに勝ち進んで、いっしょにプロライセンスをもらえたのでうれしかったです。そして、ここまでの大会で負けてきた、double、破壊王にリベンジできたのもうれしかったですね。

・撰シ曾WA5_4003
プロライセンスマッチでdoubleにリベンジ。

――たしかに、doubleとの試合は、完全にリベンジといった感じでしたね。

ノビ 心の余裕の差が出たと思いますね。やはり、doubleとの戦いは前回のオンライン予選と同じくとても苦戦したんですよ。前回は「負けるな~、これ負けちゃうな~」とか考えながら、いろいろなことを考えて戦ってました。ですが、決勝トーナメントでは、もう何も考えずに前に出ることを決めていたので、心に余裕がありました。といっても、メチャクチャ緊張していたんですけどね(笑)。正直、これまでのどの大会よりも緊張していたと思います。

――それはやはり、プロライセンスが掛かっているという緊張だったのでしょうか?

ノビ その通りです。僕だけじゃなく、参加選手全員すごく緊張していましたよ。『鉄拳』は、これまでもスポンサードを受けているプロ選手が何人もいますが、実績が少なくて、名前だけのプロって感じなんですよ。だからこそ、みんなプロライセンスが欲しかったんです。

――破壊王との戦いはいかがでしたか?

ノビ 破壊王は、戦っていても分かるぐらい緊張していましたね。じつは、大会前に破壊王と話したのですが、破壊王が「ノビさん、俺おかしいです。緊張しすぎて背中が痛くて……。勝てるビジョンないんですけど……」って、すごい緊張してて(笑)。元々、普段の破壊王はすごい強いんですけれども、大会は苦手だったんです。でも、ここまで大会にも強くなったのは、やはり結婚して子どもができたからなんじゃないですかね。タケ。も子どもができてから、強くなったんですよ。やはり、守るべきものがある人は強くなるのではないでしょうか。

たいかい1
EVO JAPANで一度敗れた破壊王にもリベンジ成功。

――ちなみに、優勝後のインタビューで彼女のご両親にあいさつに行くとおっしゃっていましたが、彼女との結婚とかは……?

ノビ うーーーーーーーん? どうなんでしょうね~?(笑)。

――(笑)。そして、優勝を決めたタケ。選手との試合では、メインであるドラグノフではなく、フェンを使っていましたね。

ノビ これはもう、タケ。が一美で来るだろうということで、相性のいいフェンをぶつけました。じつは、以前まで僕は、サブキャラクターを使うことを躊躇していたんですよ。もし負けたら、やっぱりドラグノフを使えばよかったと後悔してしまうんじゃないかと思っていて。そのことを、精神的な師匠である『鉄拳』プレイヤーのまったりさんに、相談したことがあったんです。そしたらまったりさんは「お前、周りの目を気にしているんだろ。ドラグノフ使いなのに、サブキャラクター使って負けたって言われたくないんだろ」って言われて。それがもう、本当に核心を突く答えだったんですよ。だからもう、開き直ってといいますか、考えを改めてフェンを使いました。

たいかい7
決勝はチームメイトのタケ。と激突。ドラグノフではなく、フェンを使用して勝利した。

――では改めて、闘会議の鉄拳大会を優勝されて、いかがでしたか?

ノビ 純粋に対戦と、そして大会に参加していることが楽しかったですよ。あと、対戦環境がすごくしっかりしていて、プロライセンスの掛かったガチの大会なんだなってことが伝わりました。正直、参加するまで“プロライセンス”という言葉があるだけでで、これまでの『鉄拳』の大会規模で考えたら、大したことのない大会だと思っていたんですよ。それがいざ開催してみたら、ここまで盛り上がって、賞金額も多くて。本当にすごくいい大会でした。そして、自分の気持ちの入れ替えられたことに、感謝したいですね。

鉄拳ワールドツアーへの意気込みは?

――いよいよ世界大会“Tekken World Tour 2018/TWT2018”がスタートしました。出場されるノビさんの意気込みを教えてください。

ノビ 今年は4月から参加する予定です。この気持ちを維持すれば、絶対に勝てると思っています。たとえば、相手がアメリカ人だから、韓国人だからとか、日本を背負って出場しているからとか、そういう余計なことは考えてたら勝てないと思っています。闘会議のように、楽しんで戦いたいです。

――韓国人といえば、『鉄拳』はやはり韓国勢の強さが有名ですよね。

ノビ もう「お前ら見とけよ!」と言いたいですね! 大会外では、どの韓国勢にも勝ったことがあるんですよ。“EVO Japan 2018”の優勝者・Kneeにも勝ち越したことがありますし。ただ、大会になると韓国勢は強いんです。もう、精神力がハンパじゃないですね。ですが、今回は絶対に倒します!

――ちなみに、ほかの地域のプレイヤーの強さはどうですか?

ノビ アメリカ勢も強いですよ。いまはもう、日本、韓国、アメリカの横並びじゃないでしょうか。もともとアメリカのプレイヤーはすごく強かったのですが、『鉄拳7』がアーケードになかったのでプレイ環境がなかったんです。でも家庭用が発売されたので、バリバリ追いついてきたわけです。

――ツアーも11月までと長いですよね。

ノビ 長いからこそ、じっくり、ゆっくりと挑んでいきます。そのほうが、いろいろなことが試せますし、気持ちが楽ですね。

――ワールドツアーには、大規模大会の“マスターイベント”、基本大会の“チャレンジャーイベント”、オンラインでの“オンラインイベント”がありますが、どのように参加される予定ですか?

ノビ マスターイベントには、ほぼすべて参加予定です。オンラインも、出られる大会は全部出る予定です。ほかに、日帰りぐらいで行けるアジアのチャレンジャーイベントには出場予定です。たとえば、ヨーロッパのチャレンジャーイベントに行ってまでポイントを稼いでいたら、気持ちが辛すぎて絶対勝てないです。これは去年のツアーに参加して思いました。できる限りは出たほうがいいことはわかっていますが、やはり海外に行くのはすごく疲れるんですよ。飛行機も苦手ですし(笑)。

――なるほど。ちなみになんですが、プロツアーとは関係なく、今年はどの選手が活躍すると思っていますか?

ノビ “ノビ占い”はマジ当たりますよ!(笑)。これめっちゃ言いたいんですが、じつは去年、Kneeと僕は、絶対2018年にデカい大会で優勝する!! ってずっと言ってたんですよ。そしたら、“EVO Japan 2018”でKnee選手が優勝し、僕も闘会議2018で優勝を果たしました。“ノビ占い”の結果、今後デカい優勝をつかむのは、刈です!!

――では最後に、今年の『鉄拳』に対する意気込みを教えてください!

ノビ 今年は、『鉄拳』史上の中でも、いちばん『鉄拳』が注目度の高い年になると思っています。そんな年に、いちばんいい結果を残したいとは思っていますが、それよりも僕のプレイを見て、『鉄拳』を楽しんで貰える、『鉄拳』を遊んでみたいと思って貰えるように、僕も楽しんで対戦していきたいです。

 

編集部 豊泉三兄弟(次男)
ライター 西川くん

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る