ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】ワールドツアーが開幕! 初戦の“FINAL ROUND 2018”を制したのは韓国のKnee

世界各地で行われる『鉄拳7』大会に挑み、年末の本選へと向けて戦い抜く“Tekken World Tour 2018”(TWT2018)がスタート。その開幕戦となる格闘ゲーム大会“FINAL ROUND 2018”が、アメリカのアトランタにて2018年16日~18日に開催され、韓国のKneeが優勝。上位4選手を韓国勢が占める結果となった。

■FINAL ROUND 2018『鉄拳7』部門結果
優勝 knee(デビル仁/ポール)[韓国] TWT pt.300
準優勝 JDCR(ドラグノフ)[韓国] TWT pt.220
3位 Saint(ジャック7)[韓国] TWT pt.150
4位 CHANEL(アリサ/エリザ)[韓国] TWT pt.100
5位タイ Anakin(ジャック7)[アメリカ]  TWT pt.70
5位タイ kkokkoma(ドラグノフ/デビル仁/一美)[韓国] TWT pt.70
7位タイ LowHigh(シャヒーン) [韓国] TWT pt.45
7位タイLil Majin(キング)[アメリカ]  TWT pt.45
参加者:297名

■選手解説
Knee
おもなプレイ地域・コミュニティー:韓国勢
所属チーム:ROX
おもな使用キャラクター:デビル仁、ポール、ブライアンなど
ランク:―
長年トップに君臨するベテランプレイヤー。昨年はなかなか大規模大会で結果を残せなかったが、2018年は1月のEVOJapanで優勝。

image2
アメリカ勢の今大会最高位であるAnakinは、今年からレッドブルアスリートとして活動。去年のTWT本戦出場者としての期待も高まる。
image3
image4
今大会4位のCHANELは、TOP8前の試合で大仏の被り物を着用するというパフォーマンスを披露。試合後のカメラへのアピールも定評のあるプレイヤーだ。

グランドファイナルは韓国対決!最強対最強へ

グランドファイナルは、EVO Japanで圧倒的な強さを見せつけて優勝したKneeと、昨年のTWT予選で最多の優勝歴を持つJDCRの対決に。なお、JDCRはすでに1度負けているため、優勝するには3試合先取を2セット連取しなければならない。

image5
ROX所属のknee(左)とECHO FOX所属のJDCR(右)。世界最強の呼び声が高く、宿敵とも呼べる両選手。

第1試合は、序盤にJDCRが圧倒的な手数で細かくダメージを稼いでリードを奪う。それに対してKneeは中段攻撃と下段攻撃の“2択”を駆使して逆転を狙うが、時計回り方向の横移動で避けられてさらなるダメージを受け、JDCRに先制されてしまう。

そこで、Kneeは“2択”にいく頻度を減らし、細かい技の打ち合いに付き合う形に切り替える。JDCRの攻めを受けてカウンターで技を当てにいくことでダメージを確保。それがJDCRの攻め手を減らすことにつながり、Kneeは下段始動のコンボで大ダメージを狙える状況を作っていった。

1ー1で迎えた3試合目、相手の技を食らっても焦って技を打たず、ガードを固めながら移動することで壁際から脱出するなど、Kneeの防御が要所で光る。

つねに冷静さを失わないKneeに対し、JDCRは自身のプレイスタイルである細かい攻めで食らつくが、勝負所でカウンターを食らってしまう場面が多く、なかなかラウンドを取得できない苦しい展開に。

2ー1とKneeが優勝へリーチをかけた4試合目は、壁のないステージが選択される。壁がないことで、お互いに様子を見ながら戦うジリジリとした試合が展開。タイムアップで勝負が決するラウンドもある息の詰まるような激戦を制したのは、勝負所で下段攻撃を決めたKnee。試合カウント3-1でKneeが優勝をおさめた。

ドラグノフの主力技に対する反撃能力の高いデビル仁を使うことでダメージレースに競り勝つという、複数のキャラクターを使えるKneeならではの攻略が光ったグランドファイナルと言えるだろう。

※大会タイムシフトはこちら

image6
image7
勝負所で打った下段の「奈落落とし」からのコンボでK.O
image8
Kneeは、EVO Japanに続いてワールドツアー開幕戦も勝利。

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る