ファミ通AppVS イベントリポート

【DBFZ】GO1が闘会議に続いてアメリカのFINAL ROUND 2018で優勝

アメリカ・アトランタで恒例の格闘ゲーム大型大会“FINAL ROUND”が、現地時間の3月16日~18日にかけて開催され、『ドラゴンボール ファイターズ』部門は日本のGO1が優勝。今年2月にソフトが発売され、世界的に対戦が楽しまれている本作のトーナメントには314名の選手が出場。TOP8には日本選手が5名入賞する結果となった。

■FINAL ROUND 2018 『ドラゴンボールファイターズ』部門上位結果
優勝 GO1(青年悟飯/セル/ベジータ)[日本]
準優勝 SonicFox(悟空ブラック/ヒット/16号)[アメリカ]
3位 どぐら(純粋ブウor青年悟飯/セル/ベジータ)[日本]
4位 かずのこ(青年悟飯/悟空ブラック/ベジータ)[日本]
5位 Nakkiel(純粋ブウ/悟空/青年悟飯)[アメリカ]
5位 ChrisG(トランクス/18号/ベジータ)[アメリカ]
7位 もけ(セル/トランクス/ベジータ)[日本]
7位 ももち(青年悟飯/16号/悟空ブラック)[日本]

GO1は途中でどぐらに敗れたものの、ルーザーズを勝ち上がってライバルのSonicFoxが待つグランドファイナルに到達。まずはGO1が3試合連取でリセットに成功。しかし、その後はSonicFoxが立て直し、16号のコマンド投げを効果的に機能させて応戦。お互い2試合を取得して最終戦へもつれ込み、この試合をGO1が勝ちきって決着。

このGO1とSonicFoxはそれぞれ日米の最強プレイヤーと目されており、トーナメント開催前にはエキシビジョンマッチとして10試合先取戦を披露。ここでもGO1が試合カウント10-4で大勝している。GO1はエキシビジョンとトーナメントの両方で勝利し、名声を大きく上げる大会となった。

※【DBFZ】闘会議王者GO1が全米最強プレイヤーSonicFoxを撃破!

■選手解説
GO1
おもなプレイ地域・コミュニティー:日本・大阪
所属チーム:CYCLOPS athlete gaming
おもな使用キャラクター:青年悟飯、セル、ベジータなど
『ストリートファイターV』など、さまざまな格闘ゲームで活躍するプレイヤー。『DBFZ』は発売後すぐ攻略に着手。発売後の最速大型大会として実施された闘会議2018にて優勝。現在、日本最強プレイヤーと目されている。

どら1
どら2
どら3

 

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る