ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【鉄拳7】闘会議2018鉄拳7 Final 2位タケ。インタビュー

プロライセンス発行大会“闘会議2018鉄拳7~Break the world~”に始まり、高額賞金をかけた最高峰の戦い“闘会議2018鉄拳7 Final 〜Royal Championship〜”までが行われた、闘会議2018鉄拳7大会。公式大会日本王者決定戦にて優勝し、「その名に恥じない戦いをしたい」と語っていたタケ。がRoyal Championshipにて準優勝をおさめた。そんなタケ。のインタビューをお届けする。

01
プロライセンスマッチでは刈との対決に。
02
刈のラッキー・クロエ、吉光を倒して勝利。
04
見事にプロライセンスの権利を獲得。
05
ロイヤルチャンピオンシップではpekosと死闘をくり広げる。
06
決勝ではチームメイトのNOBIと対決。惜しくも敗れて準優勝となった。
07

タケ。インタビュー

――惜しくもノビのまえに敗れてしまいましたが準優勝、いかがでしたか?
タケ。 決勝の相手はノビ。海外大会などで当たることはあったんですけど、こんな大規模な大会の決勝で当たるのは初めてでした。負けちゃいましたけど、楽しくやれたかなと。

――デカい会場は緊張感がありましたか?
タケ。 『鉄拳』の大会はあまり大きい会場でやることがないので、ぜんぜん違いましたね。会場だけではなく、「プロライセンスを絶対に取らなくてはいけない」と、1試合に懸けていました。そのせいもあって、いつもは「誰と当たってもいいや」と思えるくらい気楽なんですけど、今回はこれまでにまったく経験したことないような不安がこみ上げてきました。

――そんな長く続いた大会が終わりました。振り返ってみていかがですか?
タケ。 日本王者決定戦の予選であたったオカティのギース、日本王者決定戦の刈の吉光、あとはRoyal Championshipのpekosのギースがきびしかったですね。とくにギースは『鉄拳』にないシステムを持っているので、考え方を変えなくてはいけないですし、いろいろ考え過ぎてしまったのが、pekosにさきに2本取られてしまった要因かと思います。でも、そこからでもしっかり修正できたのでよかったです。

――pekosに2試合連取されたときはどんな心境でしたか?
タケ。ヤバいと思ったので、少し長めにインターバルを取って、その間に対策内容を頭の中で整理しました。まずは、相手に対応されるまでは自分を信じて、自分が思っていることをやり抜こうと。そうしたら全部いいほうに転がってくれました。

――少し話がさかのぼりますが、プロライセンスマッチで刈がラッキー・クロエを出してきたことについてはいかがですか?
タケ。 じつはまったく予想していなかったんですけど、僕はアーケード版『鉄拳7』の稼働初期にクロエを使っていたんですよ。だから、クロエはかなり得意なんです(笑)。吉光じゃなくて、クロエを出してきたときは「クロエでいいの? ラッキー!」という感じでした。刈は、たぶん僕がクロエを得意なのを知らなかったのかなと。

――では最後に、プロライセンスを取得した最初の1年はどんな年にしたいですか?
タケ。 日本王者決定戦で優勝したときに、今年すべてのタイトルを取ると宣言していたんですけど、さっそく闘会議を取れませんでした(笑)。まあでも気持ちを切り替えて、改めて大きい大会は全部勝つつもりで挑みたいと思います。

 

編集部 豊泉三兄弟(次男)