ファミ通AppVS イベントリポート

【鉄拳7】初のプロライセンス選手が誕生!「闘会議2018鉄拳7~Break the world~」をリポート

2018年2月10日~11日にかけて開催された闘会議2018。その2日目のグリーンステージでは『鉄拳7』のプロライセンス発行大会“闘会議2018鉄拳7~Break the world~”が実施された。

ろご

本イベントは家庭用『鉄拳7』を競技種目とするシングル戦大会。同タイトル初のプロライセンスが発行される大会として、対戦シーンから大きな注目を浴びていたイベントだ。
本大会の出場者は、事前に行われたオンライン予選から上位3名、公式大会“日本王者決定戦”から上位3名、闘会議2018内で実施されたオフライン大会“鉄拳7 Special 1day match”から上位2名の計8名。この8名が、プロライセンスを獲得できる4枠を懸けて対決する。

01
すてーじ5
左からS.H.O.W、NOBI、double、刈、タリスカッター、破壊王、pekos、タケ。
02
実況解説とゲスト面々。左からゲンヤ氏、ゼウガル氏、ユウ氏、ユウミィさん、原田氏、中津氏

壇上に登場した選手たちは、まず選手自身の手で順番にクジを引いて対戦の組み合わせを決定。出場メンバーと対戦組み合わせは以下の通りだ。

■プロライセンスマッチ対戦カード
タケ。(日本王者決定戦1位)vs.刈(オンライン予選2位)
NOBI(Special 1day match1位)vs.double(オンライン予選3位)
破壊王(日本王者決定戦3位)vs.S.H.O.W(Special 1day match2位)
pekos(日本王者決定戦2位)vs.タリスカッター(オンライン予選1位)

※日本王者決定戦・オンライン予選代表選手の意気込みはこちら
※Special 1day match代表選手の意気込みはこちら

すてーじ6
すてーじ7
03
すてーじ8

本大会は開場後間もない午前中から開始となっていたものの、多くの観戦者が見守る中で行われた。プロライセンスマッチは、それぞれの組み合わせは3試合先取で勝敗を決するレギュレーションを採用。対戦相手に3試合先勝すればプロライセンス発行という、わかりやすいルールで争われた。

すてーじ1

第3試合 タケ。(一美)vs.刈(ラッキー・クロエ、吉光)

吉光使いとして名を馳せる刈だが、今回はまずラッキー・クロエを起用。序盤はクロエの技の空振りを狙う一美のタイミングを外して立て続けに2ラウンドを先取する。しかし後半からは一美がクロエの攻めに対応。的確な防御と攻撃空振りのスキへの差し返しで応戦し、一美が2試合を先取。すると刈選手はここで吉光を投入。1試合を奪い返したが、4試合目では一美が吉光の攻撃をことごとく防御して対応し、守りきった一美が勝利。タケ。の勝利となる。

たいかい1

第2試合 NOBI(ドラグノフ)vs.double(ロウ)

早い展開を得意とするdoubleのロウが1試合目をあっというまに取得すると、2試合目ではドラグノフが落ち着いたゲームメイクで奪い返す。3試合目は追い詰められたドラグノフが思い切りの良い投げと下段攻撃で逆転勝利し、4試合目でもその流れを維持。ロウの攻撃空振りを誘って反撃するシーンが数多く見られ、NOBIが勝利となった。

・撰シ曾WA5_3985
・撰シ曾WA5_4005

第3試合 破壊王選(キング)vs.S.H.O.W(アリサ)

序盤からキングがノリノリ。アリサの攻撃への防御を的確にこなし、攻勢時にはジャイアントスイングや投げコンボが気持ちよく決まる一方的な試合展開となる。投げを意識させてしゃがませたところにミドルキックを合わせたり、アリサが前に出てくるところにジャイアントスイングを置いておく強気の戦法も決まり、キングが3連勝を達成。破壊王の勝利。

・撰シ曾WA5_4030
たいかい3
・撰シ曾WA5_4110

第4試合 pekos(ギース)vs.タリスカッター(一美)

両者防御を得意とするプレイヤーどうしの対決。試合はじっくり時間を使ったスローペースの展開となる。一美はギースの中下段攻撃の撃ち分けをことごとくガードするやり込みを見せていたものの、ギースの攻めと一美への対応が一歩上回り、ギースが勝ち星を先行。最後は一美の下段攻撃をしっかりガードして反撃を叩き込んで決着。pekosの勝利となる。

・撰シ箪WA5_4173
・撰シ箪WA5_4189
・撰シ箪WA5_4230

以上の結果、タケ。、NOBI、破壊王、pekosがプロライセンスの権利を獲得。加えて、同日開催の“闘会議2018鉄拳7Final〜Royal Championship〜”への出場権を獲得し、高額賞金を懸けての戦いに挑んだ。そちらは後ほど詳細なリポートをアップする予定だ。

ひょうしょう1
ひょうしょう2
プロライセンスの権利を獲得した4人。左からタケ。、NOBI、破壊王、pekos。
しゅうごう

 

新着記事ランキング

過去24時間のPV数が高い記事(毎時更新)

ゲームタイトルランキング

過去24時間のPV数が高いタイトル(毎時更新)

新着記事をもっと見る

注目の大会をもっと見る