ファミ通AppVS 注目のプロゲーマー

【ストV AE】闘会議GP大会優勝“板橋ザンギエフ”インタビュー

2018年2月10日~11日、千葉・幕張メッセにて開催されている、ゲームファンとゲーム大会の祭典“闘会議2018”。開催初日に行われた『ストリートファイターV AE』の大会“ストリートファイターV アーケードエディション闘会議GP大会”の優勝者・板橋ザンギエフへのインタビューをお届け。

※大会リポートはこちら

優勝いたざん

――優勝おめでとうございます。優勝を達成したいまの率直な感想をお聞かせください。

板橋ザンギエフ選手(以下、板ザン) 対戦内容としては決して満足のいくものではなく、かなり追い込まれていたのは事実ですが、なんとかなったなって感じです。

――今回は初のプロライセンス選手による大会でしたが、これまでと何か変わった感触はありましたか?

板ザン 『ストV』では大きな大会に出場する機会が多いので、特別に変わった感触というのはなかったです。ただ、会場のメディアさんの量はいつも以上に多かったように思います。注目度の高さを大会が終わってから実感して、「時代が来たな」と思いました。

――『ストV』は新バージョンになってからまだ日が浅いですが、すでにアビゲイルを使いこなしているように見えました。そのあたりの感覚はいかがでしょう?

板ザン まだまだ使いこなせてはいないですね。「こうやって動こう」と事前に決めていた戦術があったのですが、まだ細かいところが整理できていないため、相手への対応に追われてアップアップになっていました。ガチくんとの試合は、前半は相手がとくにいい動きをしてきて、それに対してこちらがありえない行動をとってしまうこともあり、冷静になれなかったですね。ただ、後半は持ち直して自分らしい動きを出せたかと思います。

――『バーチャファイター』時代からの戦友、ふ~ど選手との対戦はいかがでしたか?

板ザン 今のバージョンでふ~どとはあまり対戦していなくて、アビゲイルでのミカ戦をあまり詰めていなかったんですよ。アビゲイルは旧バージョンで使用率の高いキャラではなく、多くのプレイヤーが対策できていないためお互い探り探りの戦いになると思っていました。“こういう対戦になるだろう”というビジョンが何も見えてない中でしたが、実戦ではふ~どぽさを感じることがありましたね。

――どういった点にふ~ど選手らしさを感じたのでしょう?

板ザン ミカが遠距離でしゃがみ中キックを空振って、相手に前進させたところで前ジャンプをしかけるとか、そういうストーリーというか罠にハメるのが上手いんですよ。対戦中はそういう罠にハマらないように気をつけていました。ふ~ど戦ではそこさえ気をつければ自分に分があると思っていて、結果3-0で勝てたので良かったですね。

――試合数を重ねるほど読み勝つ場面が多く見られました。長期戦の方が得意なのでしょうか?

板ザン そうですね。相手のクセを見抜いて対応する点は、旧バージョンのザンギエフで培ったものがアビゲイルで出ています。アビゲイルの技術というか、“ザンギ力”とか“スト力”の上にアビゲイルが乗っかっている感じですね。アビゲイル自体はまだおぼつかないため、そんな中でどうやりくりするかを考えていました。

――グラインドファイナルでリセットしたあとは一方的でしたね。

板ザン はい。前半は困らされましたが、後半は自分の土俵でした。ガチくんの攻め手が種切れになったような感覚がありましたね。こちらは試合を重ねて手札が増えていき、アドリブを効かせることもできたため準備してきたもの以上のことが出せたと思います。